音楽ファイルや動画ファイルのコピーや移動を高速化してくれるソフト

Fire File Copy のアイコン

Fire File Copy

ダウンロード

対応OS:
Windows NT/2000/XP/Vista/7/8/8.1
バージョン:
4.9.1(2009/07/31)

バッファを効率よく使うことにより、ファイルコピーやファイル移動が2倍以上のスピードで実現。
日常のファイル操作から自動バックアップまで対応しています。

提供元:
kitt

Fire File Copy の使い方

ダウンロード

  1. こちらへアクセスしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(ffc4_9_1u.zip)を解凍し、FFC.exe から起動します。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

使い方

初期設定

本ソフトを起動すると、「設定ファイルがありません。これより初期設定を行います」ウィンドウが表示されるので「OK」ボタンをクリックします。
続いて、エクスプローラーの右ドロップメニュー、右クリックメニュー拡張、設定ダイアログが表示されます。
初期設定ダイアログ


コピーする

本ソフトを起動し、「From」欄にコピー元フォルダー、「To」欄にコピー先フォルダーをドラッグ&ドロップします。

コピー/移動/同期
画面左の「コピー」プルダウンをクリックすると、コピー、移動、同期から選択できます。

上書き時の処理
画面左の「確認する」プルダウンをクリックすると、確認する、全上書、非上書、最新上書(新しければ上書き)、相違上書(更新日時かサイズが異なれば上書き)、マージ(古い方をリネーム)、カスタムから選択できます。

「GO!」ボタンをクリックすると、コピーを開始します。
コピー中


更新履歴

Version 4.9.1 (2009/07/31)
    (4.9.0~)同期でワイルドカードを指定したとき、処理先直下のファイルが削除されないのを修正
  • ディレクトリの断片化抑制が有効のとき、リネーム(先)が失敗する場合があるのを修正
  • 処理先のデフォルトを「処理元に合わせる」にしているとき、シェル拡張の右クリックメニューでの処理先選択ダイアログに、その設定が反映されないのを修正

Version 4.9.0 (2009/04/27)
  • 上書き動作条件の詳細化(更新日時が古い・同じ・新しい・違う、サイズが小さい・同じ・大きい・違う) 上書き確認モード設定のコンボボックスに既定の動作として「非上書き」、「マージ」(古い方をリネーム)、「相違上書き」(更新日時かサイズが異なれば上書き)を追加。またカスタム上書き動作指定では、上記条件を5つまで組合わせて指定可能とした。
  • 上書き動作条件を指定するコマンドラインオプション /ov: 追加
  • 同期モード時でも、上書き動作を指定できるようにした。従来は「更新上書き」(今回の「最新上書き」に相当)に固定されていたが、上記「相違上書き」なども選択できるようにする。どちらをデフォルトとするかは設定→起動(処理の開始)で設定可。コマンドラインにおいても /syncは /t を暗黙で使用していたが、これは撤廃し、/a、/t、今回追加した/ov:での上書指定を可能とした
  • 同期モードで処理元をワイルドカード指定した場合の動作を改善。処理元のワイルドカードパタンを処理先に適用し、削除判定を行うようにした。(ワイルドカード指定したときの動作が従来と変わっていますので、バージョンアップ時はテストモードにて検証下さい)
  • テストモードの追加。「拡張処理」の「テストモード」で設定可能。またコマンドラインオプション /ts /ts: の追加。
  • ディレクトリの断片化抑制ONのとき、処理始めのファイル事前作成時/キャンセル時のファイル削除時に進捗を表示するようにした
  • ベリファイON時、残り時間0:00になった後でもベリファイの進捗を表示するようにした
  • ベリファイがデフォルトONのドライブ(設定→ベリファイ→ドライブの指定)に対して、一時的にベリファイを無効にするコマンドラインオプション /-vf の追加
  • ベリファイ時のダミーデータ書込み処理を最大10秒(低速転送モードのとき20秒)に制限した
  • …(省略)

ユーザーレビュー

  • 4

    複数ファイルを選択し、切り取り操作後に移動策フォルダにて右ク…

    山賊ライダー
    山賊ライダー
    投稿数: 1件
    Windows 10

    複数ファイルを選択し、切り取り操作後に移動策フォルダにて右クリックし
    FFCで移動を選択した後の動作で、上書きは最新のファイルの場合実行をオプション
    で指定していたにも関わらず、上書き確認のダイアログが表示されてしまう。
    オプション設定で「確認不要」「最新のファイルで上書き」を指定しているので
    ダイアログ表示され処理が中断するのは疑問。 設定の仕方が間違っているのか
    調べても判らないのでそのまま使用しています。 この辺りの設定情報の充実や
    実行時の処理判定を見直してほしい

    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 1

    FastCopyと同様に、使い方がよく分からなかった

    usage
    usage
    投稿数: 3件
    Windows 10

    FastCopyと同様に、使い方がよく分からなかった。
    複数フォルダ指定の操作ができるなら、もう少し分かりやすくして欲しい。
    インストールディレクトリも分かりづらく、正しくアインストールできたのか分からない。

    2人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 5

    OSによって速度が違うかは検証していないので分かりませんが、…

    114521
    114521
    投稿数: 1件
    Windows 10

    OSによって速度が違うかは検証していないので分かりませんが、
    WINDOWS10からLAN(SAMBA)経由でLINUX機に転送を行う際でも速度が
    十分に出ているようなので、気に入っています。

    3人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい

Fire File Copy に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 24 件)