2行以上の複数行にわたる文字列を置換することができるソフト

複数行置換 のアイコン

複数行置換
  • 寄付歓迎

ダウンロード

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

レビューを投稿する

対応OS:
Windows 98/Me/2000/XP/Vista/7/8/8.1/10
バージョン:
1.95(2019/05/29)

*(ワイルドカード)の指定により、幅広いファイルを指定できる文字列置換ソフトです。
「置換前ファイルを退避」にチェックを入れることにより、置換するファイルのバックアップの作成に対応。
正規表現の使用、ファイルの文字コードの自動判別といった機能もサポートされています。

提供元:

複数行置換 の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページへアクセスし、「[INASOFTから]インストール版のダウンロード」リンクをクリックしてダウンロードします。
    ※ インストール不要な Zip 版を利用したい場合は、「[INASOFTから]通常圧縮版(zip)のダウンロード」リンクをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(mlrep195_setup_exe.zip)を解凍し、セットアップファイル(mlrep195_setup_exe)からインストールします。

使い方

更新履歴

Version 1.95 (2019/05/29)
  • 動作環境を.NET Framework 2.0(〜3.5)から .NET Framework 4.xへ変更。(※Windows XP/Vista/7では、あらかじめ本ソフトを使う前に .NET Framework 4.xをインストールしておく必要があります。また、対象OSからWindows 9x/2000が外れました。なお、Windows XPではインストール版は利用できませんので、通常圧縮版を利用して下さい)
  • コマンドライン版のターゲット環境がx86に固定されていたので、Any CPUへ変更。
  • ドキュメント内、ヘルプ内のリンクの修正。

Version 1.94 (2017/11/02)
  • メインダイアログのフォルダ入力欄へのフォルダのドラッグ&ドロップができなくなっていたので修正。
  • メインダイアログのファイル入力欄へのファイルのドラッグ&ドロップが行われたら、ファイル名部分のみを抜き出した文字列が入力できるようにした。
  • 「待避の方法の選択」ダイアログのフォルダ入力欄へのフォルダのドラッグ&ドロップができるようにした。

Version 1.93 (2017/04/06)
  • コマンドライン版では「/e,/a」指定が必須であったが、本バージョンより「/m@さらに指定XML」が指定されていれば「/e,/a」は必ずしも必要ない指定とした。
  • ヘルプ中の誤字修正。

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?