[NumLock] キー、[CapsLock] キー、[ScrollLock] キーの普段あまり使うことがないキーを ON の状態、あるいは OFF の状態に固定できるソフト

NumLockLock のアイコン

NumLockLock

  • 寄付歓迎

ダウンロード支援

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10/11
バージョン:
1.43.03(2023/10/30)
価格:
無料

キーボード操作で誤って ON にしてしまい、テンキー操作が変更になってしまったり、英字が大文字入力になってしまったといったことがないでしょうか。
そういった場合に、キーが ON になるとアラートを鳴らして教えてくれたり、OFF 固定にしたりできる、”かゆいところに手が届く”ソフトです。

提供元:
制作ソフト一覧を見る

NumLockLock の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページへアクセスし、「NumLockLock」項目の「[INASOFTから]インストール版のダウンロード」リンクをクリックしてダウンロードします。
    USB メモリー等で持ち運べるポータブル版を利用したい場合は、「[INASOFTから]通常圧縮版(zip)のダウンロード」リンクをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(nmlk1.43.03_setup_exe.zip)を解凍し、セットアップファイル(nmlk1.43.03_setup_exe)からインストールします。

使い方

基本的な使い方

NumLock キー、CapsLock キー、ScrollLock キーの状態監視の設定ができます。
NumLockLock - 設定

NumLockLock - 設定


  • NumLock(ナムロック)キーの状態監視
    テンキーの ON / OFF キーです。
    ON の場合はテンキーを電卓のように利用でき、OFF の場合は Home / End / PageUp / PageDown などのキーが利用できます。
    ※ パソコンにより異なります。
  • CapsLock(キャプスロック)キーの状態監視
    ON の場合、英字を常に大文字で入力でき、OFF の場合は英字を常に小文字で入力できます。
    大文字を連続して入力したい場合に ON にしておくと便利です。
  • ScrollLock(スクロールロック)キーの状態監視
    現在ではほとんど使われず、Excel などの特定のアプリケーションのみでショートカットとして利用されることがあるキーです。
    他のキー同様に、押すたびに ON / OFF が切り替わりますが、基本的に常に OFF の状態にしておいても問題ないようです。

    それぞれ下記のの3つの種類から選択できます。
    • 監視しない
      何もしません。
    • 常に監視し、キーの状態を固定する
      ON / OFF のどちらかに固定します。
    • 本ソフト起動時に、キーの状態を設定する
      本ソフト起動時のみ、ON / OFF のどちらかに切り替えます。
  • キーの状態を変えた場合にアラート音(WAVフォーマット)で知らせる設定ができます。

他に、次の設定が可能です。
  • IME 状態の監視(状態を監視しない/常に ON になるように IME-ON を送り続ける/常に OFF になるように IME-OFF を送り続ける/ウィンドウ切替時に ON にする/ウィンドウ切替時に OFF にする)
  • キーを固定化するのでなく、通知のみ行う
    キー状態の補正を行うのではなく、プライマリスクリーンの右下にキー状態が変わっている旨を表示するのみとします。
  • Insertキーをブロックする
    キーボードをフックし、Insert キーのブロックを行います。
    本設定の使用環境には条件があります。
  • 通知領域アイコンに各キーのロック状態を表示する
    NumLockCapsLockScrollLock の各キーのロック状態を、通知領域アイコン上に色分けで表示します。
  • 「マウスのお供」に各キーのロック状態を通知する
    NumLockCapsLockScrollLock の各キーのロック状態を、「マウスのお供」に送ります。
    「マウスのお供」側で「外部入力の受付許可」を ON にする必要があります。
  • [OS 設定]ログオン時にNumLockキーをオンにする

更新履歴

Version 1.43.03
(2023/10/30)
  • 正式版として公開。

Version 1.43.02β
(2023/10/25)
  • キーボードデバイスを選択で、監視対象のデバイスを1つも選択していない場合は「特定デバイス接続時にキー状態を固定する」の機能が働かないようにした。

Version 1.43.01β
(2023/10/23)
  • キーボードデバイスを選択に、「監視対象のデバイスが接続されていない場合は、NumLockキーの状態を逆にする」を追加。監視対象のデバイスが外された場合に、NumLockキーを逆の状態で固定します。例えば、普段テンキーのないノートPCを利用していて、特定のフルキーボードが接続された時にのみONにするなら、外したときに自動でOFFになります。

フィードバック

ユーザーレビュー

  • 5

    私は、ノートパソコンを普段使いしているのですが、Backspace…

    mmahhi
    mmahhi
    投稿数: 4件
    Windows 10

    私は、ノートパソコンを普段使いしているのですが、BackspaceキーとNumLockキーがとても近く、NumLockキーを押してしまい文字が消せず、数字が打てず…。時々イライラしていました。
    このソフトを使うと、文字が消せないことは防げませんが、その後の数字を打てないことを防げてとても便利です。
    他のキーもロックできたり、ポータブル版があったり、痒い所まで届くソフトです。

    5人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 2

    HPのProBook4720cにNumLookの状態を表示する機能…

    通りすがりの名無しさん
    通りすがりの名無しさん
    投稿数: 1件
    Windows 7

    HPのProBook4720cにNumLookの状態を表示する機能がなかったので使うことにしました。
    他に「これ」と言えるものがなかったので取り敢えずの使用開始です。
    通知音にシステムの音をそのまま選べると簡便でよかったですね。変更通知の際、ポップアップが数秒出てもよいかと思います。

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?