無料で30GB(最大50GB)利用できるオンラインストレージ KDrive のバーチャルドライブを作成できるクライアントソフト

KDrive のアイコン

KDrive

ダウンロード

対応OS:
Windows XP/Vista/7, Mac OS X 10.7以降, iOS, Android
価格:
無料
2014年2月28日に無料版、2014年8月29日に有料版のサービス終了

KINGSOFT Office やマイクロソフトオフィスと連携し、作成したオフィスファイルをクラウド空間へ自動的に同期・保存します。
ビジネスからプライベートまであらゆるシーンに活用できます。

提供元:
キングソフト株式会社
制作ソフト一覧を見る

KDrive の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページにアクセスし、「ダウンロード」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(KDrive.exe)をダブルクリックしてインストールします。

使い方

  1. 初回起動すると、新規登録画面が表示されます。
    KDrive

    KDrive


    ※ 既に無料アカウントを取得している場合は「こちらからログイン」リンクをクリックしてログインします。
    ログイン

    ログイン

  2. 無料会員登録すると「登録完了」と表示され、仮想ドライブの作成画面が表示されます。
    下記の2種類のモードから選択できます。
    • 通常モード
      まるでローカルのドライブのように違和感なく使用できます。
    • 安全モード
      仮想ドライブにアクセスする際、パスワードが必要です。
      ファイルをより安全に保存できます。
    ※ 通常モード、安全モードは後で設定より変更できます。
    仮想ドライブモードの選択

    仮想ドライブモードの選択

  3. コンピュータ画面を開くと、X ドライブに KDrive が追加されているのを確認できます。
    バーチャルドライブ(KDrive)が追加される

    バーチャルドライブ(KDrive)が追加される

    バーチャルドライブ内のファイルやフォルダーの表示

    バーチャルドライブ内のファイルやフォルダーの表示


設定

初期設定では自動同期設定になっており、ファイルやフォルダーを追加すると自動的に同期します。
同期設定を変更するには、設定画面を開きます。
  1. タスクトレイのアイコンを右クリック、「設定(T)」をクリックすると「設定」画面が表示されます。
    設定

    設定

  2. 「同期」タブをクリックし、「自動同期」のチェックを外すことで自動同期設定を停止できます。
  3. 初回起動時に「通常モード」を選択した場合、「仮想ディスク」タブをクリックし、「パスワード」ボタンをクリックして仮想ドライブの暗号化設定ができます。
    逆に初回起動時に「安全モード」を選択した場合、「仮想ディスク」タブをクリックし、「パスワード解除」ボタンをクリックして暗号化設定の解除ができます。

共有設定

  1. 共有したいファイル/フォルダーを右クリックして「KDrive で共有する(F)」をクリック。
  2. 閲覧権限ユーザー(メールアドレス)を設定し、メモ(相手へのメッセージ)を入力して「OK」ボタンをクリックすると、ファイル/フォルダーを共有できます。
    ただし、相手も KDrive アカウントを作成していることが必要です。
    共有設定

    共有設定


※ アップロード可能な1ファイルあたりの容量 : 1GB
※ オンライン上で閲覧可能な対応フォーマット : JPG / JPEG / PNG / BMP / GIF / HTM / HTML / TXT / CSV / WPS / DOC / ET / XLS / DPS / PPT

ユーザーレビュー

  • 2

    Wineでトライしたが同期が取れるだけです

    HKB
    HKB
    投稿数: 1件
    Linux

    Wineでトライしたが同期が取れるだけです。
    これで★1つは間逃れました。
    ファイルを開こうとするとダウンしてしまいます。
    同期が取れたファイルをマニュアルで開くしかありません。
    また、CPUの負荷が重すぎますね。
    早く「Linux版」を望んでいます。

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 4

    30 GBという大容量が気に入って使ってみましたが,思った以上に便…

    monde0225
    monde0225
    投稿数: 1件
    Windows 7

    30 GBという大容量が気に入って使ってみましたが,思った以上に便利です。WindowsとAndroidのアプリの追加で無料の容量は37 GB以上に増えています。知り合いの紹介や毎日のチェックインで最大50 GBまで増量できるのも助かります。

    ローカルのドライブに同期用のフォルダを作り,ここにBunBackupで文書ファイルや写真,動画などをバックアップしています。こうしておくと自動的にクラウド上に同期されるので,複数のPC間でファイルを簡単に同期できます。今までUSBフラッシュメモリを使って行っていた作業が大変手軽になりました。

    これまで使っていたGoobleドライブやDropBoxと比べると,無料で30 GBという大容量は大変助かります。これで暗号化ができれば文句なしに星5つです。

    2人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 4

    悪評が多いようですが問題なく使えています

    ピロリ
    ピロリ
    投稿数: 1件
    Windows 7

    悪評が多いようですが問題なく使えています。3種類のチェッカーで検査しましたがウイルスはありません。同期のかかるのが速い。同期の進行表示が分かりやすい。機能が単純な分設定が簡単で良い。バイドゥIMEを入れようとするのが難点なので評価4としました。

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?

KDrive に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 14 件)