Microsoft Office に次ぐ世界シェア2位の総合オフィスソフト

WPS Office(旧 KINGSOFT Office)

WPS Office(旧 KINGSOFT Office)
  • シェアウェア
  • 体験版○

ダウンロード

対応OS:
Windows 7/8.1/10
バージョン:
10.8.0.5745

キングソフトオフィスから2016年11月にリブランド。新しく生まれ変わったオフィススイートです。
マイクロソフトオフィスで作成したワード、エクセル、パワーポイントの資料を WPS Office で閲覧、編集できることはもちろん、PDFにもファイル出力ができます。製品版なので有償ですが、オフィス製品にも関わらず価格は5,880円(税込)~と格安。さらに無料と違いサポートがしっかりしているのが魅力。30日間はお試し期間として無料で利用できます。

提供元:
● 対応Office : MSOffice 2000/XP/2003/2007/2010/2013
※ 本ソフトはシェアウェアですが、30日間無料で試用できます。試用期間の期限後は編集できないものの、ファイルを閲覧するためのビューアとして利用できます。

WPS Office(旧 KINGSOFT Office) の使い方

ダウンロード

  1. こちらからダウンロードできます。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(wps.4.151.exe)からインストールします。

使い方

パッケージされているソフト

WPS Office にパッケージされているのは、次のソフトです。
Writer Writer(ライター)
  • 役割 : ワープロソフト
  • 対応 : Word:ワード (マイクロソフトオフィス)
  • 機能 : ワードとほとんど変わらない操作感覚で文書作成ができます。

Spreadsheets SpreadSheet(スプレッドシート)
  • 役割 : 表計算ソフト
  • 対応 : Excel:エクセル (マイクロソフトオフィス)
  • 機能 : エクセルとほとんど変わらない操作感覚で表計算ができます。

Presentation Presentation(プレゼンテーション)
  • 役割 : プレゼンテーション
  • 対応 : PowerPoint:パワーポイント (マイクロソフトオフィス)
  • 機能 : パワーポイントとほとんど変わらない操作感覚でプレゼンテーション資料を作成できます。

※ 本ソフトの使い方等については、WPS Office のダウンロード・使い方を参照してください。

ユーザーレビュー

  • 5

    現在、サブマシンにはLibre OfficeとこのWPS O…

    usericon まずまず(267)Windows 10

    現在、サブマシンにはLibre OfficeとこのWPS Office suites(US版/無料)を導入しています。
    Open OfficeやPolaris Officeも利用してきましたが、WPSのタブが非常にうれしい機能です。
    Microsoft Office(本家)ですと、Wordファイルを幾つも同時に使うと、その分だけのWordが起動しますが、WPSの場合はタブ化されますので、非常に便利です。
    デフォルトでタブ化されているのは、私が知っている限りではWPS Officeだけだったと思います。
    勿論、その他のSpreadSheetやPresentationも同様です。

    本家の方も、当サイトで掲載されているタブ化ソフトを導入してタブ化して利用しています。(有償版)

  • 2

    WPS OfficeのSpreadsheetだけ使ってますが…

    usericon mocco(1)Windows 10

    WPS OfficeのSpreadsheetだけ使ってますが、MS Excelの2007と同じ程度使えます。
    表計算ソフトとして軽快に動作して、フィルター機能も豊富。
    本当に使い勝手良し!
    しかし、図形の扱いは難ありです。
    表示を120%くらいにして四角い図形を90度回転させるとサイズがズレたり移動がおかしくなる不具合は生じます。
    ひどいバグですがあくまで互換ソフトなので仕方ないことだと思います。
    数値データの操作だけに絞るなどすれば問題なかったので使い方次第です。

  • 5

    「WPSOffice PlatinumEdition」を購入…

    usericon windows8.1(3)Windows 7

    「WPSOffice PlatinumEdition」を購入しました。本家との互換性では一番でしょう。
    自宅使用でマクロ等は使わないのですが最上版を選んだのはフォントが付属されているので。
    マクロ機能に関してサポートに問い合わせをしたところ「基本的にサポート対象外」との回答でした。
    一般的な表作成、文章作成、プレゼン作成だけで自宅使用なら十分ではないかと。
    しかし一太郎もそうですが最近のオフィスソフトはフォントとのセットが主流なんですね。

WPS Office(旧 KINGSOFT Office) に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 51 件)