ID、パスワードを用途ごとにラベル分けして管理することができるパスワード管理ツール

KeePass Password Safe Free のアイコン

KeePass Password Safe Free

  • 海外
  • 日本語○
  • 寄付歓迎

ダウンロード支援

対応OS:
Windows 7/8/8.1/10/11
バージョン:
2.55 / 1.41(2023/10/12)
価格:
無料

マスターパスワードによるデータ保護、AES(128bit) / Twofish(256bit)暗号化アルゴリズムによる暗号化、ランダムなパスワードの生成、クリップボードにコピーしたユーザー名やパスワードを一定時間で自動クリアする設定など、高度なセキュリティを備えたパスワード管理ツールです。
本ソフト上から Web サイトへアクセスし、ユーザー名とパスワードを自動入力してログインすることも可能です。
海外製のソフトですが、日本語ランゲージファイルを利用して日本語化できます。

提供元:
制作ソフト一覧を見る

KeePass Password Safe Free の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページへアクセスし、「KeePass 2.55」項目下の画面左側の「Download Now」ボタンをクリックしてダウンロードします。
    ※ 画面右側の「Download Now」ボタンがUSB メモリー対応のポータブル版です。
    ※ v1 系をダウンロードする場合は、「KeePass 1.41」項目下の「Download Now」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(KeePass-2.55-Setup.exe)からインストールします。

使い方

基本的な使い方

※ 本ソフトの日本語化手順、使い方については、KeePass Password Safe のダウンロード・使い方を参照してください。
※ USB メモリー対応 : KeePass Password Safe Portable

更新履歴

機械翻訳で日本語にしています。
Version 2.55
(2023/06/03)
  • 新機能
    • メイン エントリ リストで選択された 2 つのエントリを比較する「エントリの比較」コマンド (メイン メニューの「エントリ」→「比較」) を追加しました。
    • 「比較対象としてエントリをマーク」コマンドと「マークされたエントリとエントリを比較」コマンドを追加しました(メインメニュー「エントリ」→「比較」内)。 これら 2 つのコマンドは、異なるデータベース (タブで開く) に保存されている 2 つのエントリの比較をサポートします。
    • Esc キーを押してレポート ダイアログを閉じることができるようになりました。
    • 「キー変換設定が弱い場合に警告を表示する」オプションを追加しました(「ツール」→「オプション」→「セキュリティ」タブで、デフォルトでオンになっています)。
    • エントリ/グループの複製ダイアログのオプションが記憶されるようになりました。
    • HTML エクスポート/印刷ダイアログのオプションが記憶されるようになりました。
    • 「今後このダイアログを表示しない」オプションと複数のコマンドがあるダイアログでは、オプションをオンにしたときに常に使用されるコマンドがダイアログに記載されるようになりました。
    • KeePass が強制必須項目を自動的に無効にするときに表示されるダイアログに「詳細情報」リンクを追加しました。
    • {NEWPASSWORD:/#/P/O/} プレースホルダーを追加しました。これは、指定されたパターン P とオプション O を使用して、現在のエントリの新しいパスワードを生成します。
    • 一部のコントロールにアクセシブルな名前を追加しました (自動入力アイテム ダイアログのカスタム キーストローク シーケンス編集コントロール、レポート ダイアログのフィルター編集コントロール、パスワード ジェネレーター ダイアログのいくつかのコントロール。オプション「スクリーン リーダー用に最適化」がオンになっている場合)。
    • 「MasterKeyExpiryForce」構成設定を追加しました。
    • 新しい形式をサポートするために、Google Chrome パスワード CSV インポート モジュールが強化されました。
    • 新しい形式をサポートするために mSecure CSV インポート モジュールが強化されました。
    • 新しいパスワードフィールド/タイプをサポートするために、1Password 1PUX インポートモジュールが強化されました。
  • 改善点
    • レポート ダイアログのツールバーがタブストップになりました。
    • AES-KDF 反復のデフォルト数が増加しました。
    • {CLIPBOARD-SET:...} プレースホルダーの構文の強調表示が改善されました (自動入力項目編集ダイアログ内)。
    • 構成要素「/Configuration/Meta/PreferUserConfiguration」のノード モードは、デフォルトで「None」になりました。
    • INI の読み込みパフォーマンスが向上しました。
    • データサイズのフォーマットが改善されました。
    • 履歴エントリ比較ダイアログの値列/コマンドの名前が「A」/「B」から「1」/「2」に変更されました。
    • 履歴エントリ比較のプロセス メモリ保護が改善されました。
    • 「CryptoRandomStream」オブジェクトのプロセス メモリ保護が改善されました。
    • Unix 系システムにおけるプロセス メモリ保護のスレッド セーフ性が向上しました。
    • MSI ファイルは Visual Studio 2022 を使用してビルドされるようになりました。
    • さまざまな UI テキストの改善。
    • さまざまなコードの最適化。
    • その他のマイナーな改善。
  • バグの修正
    • 履歴エントリを含む XPath 式を使用した検索では、常にすべての履歴エントリが考慮されるようになりました。
    • プラグインがファイルをサーバーに非同期でアップロードしようとしたときに、KeePass がクラッシュしなくなりました。

Version 2.54
(2023/06/03)
  • 新機能
    ・トリガー、グローバル URL オーバーライド、パスワードジェネレータプロファイル、およびその他のいくつかの設定が、強制設定ファイルに保存されるようになりました。
    ・特定のオプションを強制設定ファイルに保存するためのダイアログ「強制オプション(すべてのユーザー)」(メニュー「ツール」→「詳細ツール」→「強制オプション」)を追加しました。
    ・エクスポート確認ダイアログのバナーの背景が黄色とオレンジになりました。
    ・エクスポート確認ダイアログで、「OK」ボタンのテキストが「エクスポートの確認」に変更されました。
    ・レポートダイアログで、パスワード(およびその他の機密データ)は、デフォルトでアスタリスクを使って隠されるようになりました(メインウィンドウで非表示が有効な場合);非表示は、ツールバーの新しい '***' ボタンを使って切り替えることができます。
    ・ほとんどのレポートダイアログの「印刷」コマンドは、「印刷」アプリケーションポリシーフラグを必要とするようになり、「印刷 - キーリピートなし」アプリケーションポリシーフラグが無効になっている場合はマスターキーを入力する必要があります。
    ・ほとんどのレポートダイアログの「エクスポート」コマンドは、「エクスポート」アプリケーションポリシーフラグを必要とし、マスターキーが入力されなければならないようになりました。
    ・一行編集ダイアログで、アスタリスクを使用して値を隠すことができるようになりました。
    ・Unix ライクなシステムで、昇格を必要とするコマンドは、(Windows のように)シールドアイコンを持つようになりました。
    ・TrlUtil:「選択された未使用のテキストをダイアログコントロールに移動する」コマンドを追加しました。
  • 改善点
    ・セキュアエディットコントロールのプロセスメモリ保護を改善しました(CVE-2023-32784)。
    ・設定要素 '/Configuration/Application/TriggerSystem', '/Configuration/Integration/UrlSchemeOverrides', '/Configuration/PasswordGenerator/UserProfiles' のコンテンツモードはデフォルトで 'Replace' になりました。
    ・ssh' URIスキームの組み込みオーバーライドは、デフォルトで無効になりました('URL Overrides'ダイアログで有効にすることができます)。
    ・プロファイルが有効な場合、派生プロファイルなしでパスワード生成ダイアログを開くと、デフォルトで '(Automatically generated passwords for new entries)' プロファイルが選択されるようになりました(それ以外はデフォルトプロファイルが使用されます)。
    ・パスワード生成ダイアログの UI 更新のパフォーマンスを向上させました。
    ・ダイアログのバナースタイルを改善し、名前を変更しました。
    ・ライトダイアログバナーのセパレーターラインをグレーに変更しました。
    ・カスタム構成設定(プラグインで使用される)のシリアライズ/デシリアライズを改善しました。
    ・不明なデータベースヘッダーフィールドのレポート機能を改善しました。
    ・Unix 系システムで、クリップボードの回避策がデフォルトで無効になりました(ほとんどのシステムで不要になりました)。
    ・Unix ライクなシステムで、クリップボードのクリアが改善されました。
    ・Unix ライクなシステムで、昇格プロセスの開始が改善されました。
    ・TrlUtil:キーボードショートカットの割り当てとツールバーの作成が改善されました。
    ・インストーラー:デスクトップショートカットがすべてのユーザーに対して作成されるようになりました(「デスクトップショートカットを作成する」オプションが有効な場合)。
    ・インストーラー:Quick Launch ショートカットオプションを削除しました。
    ・インストーラーをアップグレードしました。
    ・様々な UI テキストを改善しました。
    ・様々なコードの最適化。
    ・その他の軽微な改善。
  • バグ修正
    ・レポートダイアログで、「印刷」と「エクスポート」コマンドは常に実際のデータを使用するようになりました(以前のバージョンでは、アプリケーションポリシーフラグ「Unhide Passwords」がオフの場合、アスタリスクが印刷/エクスポートされました)。
    ・パスワード生成ダイアログのカスタムアルゴリズムオプションボタンのアイコンが切り取られなくなりました。

Version 2.53
(2023/01/09)
  • 新機能
    ・エントリーダイアログの「履歴」タブページに表示される各エントリーに、直前のエントリーに対して変更されたフィールドが表示されます。
    ・エントリーダイアログの「履歴」タブページに「比較」ボタンを追加しました。2つの履歴エントリー(必ずしも連続していない)を選択した場合、ボタンをクリックすると、詳細な比較(値など)が表示されます。
    ・エントリーを編集するとき、エントリーダイアログの履歴エントリーリストには、現在のダイアログ(他のタブページ)に入力されたすべてのデータを表す「ダイアログ(未保存)」というエントリーが追加されました。
    ・エントリーを編集するとき、エントリーダイアログの履歴エントリーリストには、現在データベースに保存されている(現在のダイアログで変更されていない)エントリーである「現在(TIME)」というエントリーが含まれるようになった。
    ・検索」メインメニューに「履歴」コマンドを追加。このコマンドは、すべてのエントリーの変更を一覧表示します(時間順にソート)。
    ・ほとんどのレポートダイアログにフィルターボックスを追加(最終更新日、履歴、大規模エントリ、類似パスワードクラスタ、パスワード品質、履歴エントリ比較、データベースファイル検索、...)。
    ・ほとんどのレポートダイアログに'Print'ボタンを追加。
    ・ほとんどのレポートダイアログに'Export'ボタンを追加。サポートされるフォーマットは CSV と HTML です。
    ・{EDGE}プレースホルダーを追加しました。これは、新しい(Chromiumベースの)Microsoft Edge がインストールされている場合に、その実行可能パスに置き換えられます。
    ・入力ダイアログの URL オーバーライドの提案ドロップダウンリストに、プライベートモードの Microsoft Edge のための URL オーバーライドの提案を追加しました。
    ・プライベートモードの Microsoft Edge で HTTP/HTTPS URL を開くための、オプションの組み込みグローバル URL オーバーライドを追加しました。
    ・自動ソートが有効な時にエントリーを並べ替えようとすると、自動ソートを無効にするかどうか尋ねるようになりました。
    ・エントリー/グループダイアログのタグボタンドロップダウンメニューにアクセスキーを追加しました。
    ・表示] → [ソート順] メニューにアクセスキーを追加。
    ・エントリーのテンプレートメニューにアクセスキーを追加。
    ・自動入力を行う」メニューにアクセスキーを追加した(「追加の自動入力メニューコマンドを表示する」オプションがオンの場合に表示されます)。
    ・自動入力の実行」メニューに{HMACOTP}と{TIMEOTP}を追加した。
    ・キーボードショートカット Ctrl+T で、「時間指定ワンタイムパスワードをコピーする」コマンドを追加しました。
    ・キーボードショートカット Ctrl+Shift+T で「時間指定ワンタイムパスワードを表示」できるようにしました。
    ・Password Depot XML インポートモジュールを強化し、新しいフォーマットに対応した(新しいノード名、グループアイコン、ごみ箱、タグ、お気に入り、自動タイプ遅延変換、履歴、アイコンマッピング強化、日付/時間解析強化、...をサポートした)
    ・HTML エクスポート/プリントアウトの見出しにボーダーを追加しました。
    ・FIPS モードで KeePass を実行するためのサポートを追加しました。
  • 改善点
    ・エントリーダイアログの「履歴」タブページで表示される履歴は、新しいものから順にソートされるようになりました。
    ・エントリーダイアログの「履歴」タブページのリスト内のアイコンは、エントリーの種類を示すようになりました。
    ・新しいエントリーを作成するとき、エントリーダイアログの履歴エントリーのコントロールは無効化されるようになりました。
    ・現在のダイアログで何らかの変更があった場合、履歴エントリーの 'Restore' ボタンは無効になりました。
    ・履歴エントリーを削除した場合、「パスワードの変更」の時間が即座に更新されるようになりました。
    ・エントリーダイアログの URL オーバーライド候補のドロップダウンリストで、Microsoft Edge 用の URL オーバーライド候補を改善しました(「microsoft-edge:{URL}」から「cmd://{EDGE} "{URL}"」に変更)。
    ・Microsoft Edge で HTTP/HTTPS URL を開くためのオプションの組み込みグローバル URL オーバーライドを改善しました('microsoft-edge:{BASE}' から 'cmd://{EDGE} "{BASE}"' に変更)。
    ・Web ブラウザーの URL オーバーライドをアルファベット順に並べ替えました。
    ・メニュー項目のアクセスキーの割り当てを改善
    ・エントリーの詳細表示で項目の分離を改善しました。
    ・グループパス内のグループの区切りがハイフンではなく右矢印になっている箇所が多くなりました。
    ・プラグインデータ辞書の最終更新時刻の比較を改善しました。
    ・共通 HTML パーツの生成を統一しました。
    ・エントリーダイアログの「ツール」メニューの「初期パスワードをコピー」コマンドは、「コピー」アプリケーションポリシーフラグを必要とするようになりました。
    ・UI テキストの改良
    ・様々なコードの最適化
    ・その他のマイナーな改良。
  • バグ修正
    ・履歴エントリーの「復元」ボタンが常に期待通りに動作するようになりました。

ユーザーレビュー

  • 5

    キーファイルを使って2段階認証にできるのがよい

    Takeshii
    Takeshii
    3
    Windows 10

    キーファイルを使って2段階認証にできるのがよい。他の人も言ってるようにどんなフォームでも対応できるのも強み。使いこなすにはある程度調べる力が必要なのが欠点か。

    5人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 4

    PCで使用して、ブラウザは拡張機能、Androidはアプリがそれぞ…

    ぷーー
    ぷーー
    4
    Windows 10

    PCで使用して、ブラウザは拡張機能、Androidはアプリがそれぞれあり、全環境で使えるのは便利。

    不満は以下の2点。
    ・たまに重たくなり、タスクトレイのアイコンをクリックしても画面が表示されず、
    ブラウザの拡張機能からの戻りも無くなる。
    特に重たいソフトを使っているわけでは無いのに、重たいので原因もわからない。
    ・Androidからも共有するために、Googleドライブ上にファイルを格納しているが、
    その場合、WindowsのスタートアップでKeePassを起動させると、
    Googleドライブを認識する前にKeePassが起動して
    最後に使ったデータベースを自動的に開こうとして、エラーとなってしまう。
    何か良い方法があると便利。

    4人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 5

    Setupファイル(インストーラ)を実行すると「言語の選択画面」が…

    Gonbe
    Gonbe
    1,343
    Windows 10

    Setupファイル(インストーラ)を実行すると「言語の選択画面」が表示されますが、
    先日リリースされたVer.2.46では、自動で「日本語」が選択候補として表示されます。
    ソフト自体の日本語化は別途必要ですが、インストールが分かり易くなって便利です。
    本ソフトは、万全なセキュリティ管理のため、皆様に是非とも使用をお勧め致します。

    8人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?

KeePass Password Safe Free に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 29 件)