ID、パスワードを用途ごとにラベル分けして管理することができるパスワード管理ツール

KeePass Password Safe Free のアイコン

KeePass Password Safe Free
  • 海外
  • 日本語○

ダウンロード

対応OS:
Windows 7/8/8.1/10
バージョン:
2.49(2021/09/10)

マスターパスワードによるデータ保護、AES(128bit) / Twofish(256bit)暗号化アルゴリズムによる暗号化、ランダムなパスワードの生成、クリップボードにコピーしたユーザー名やパスワードを一定時間で自動クリアする設定など、高度なセキュリティを備えたパスワード管理ツールです。
本ソフト上から Web サイトへアクセスし、ユーザー名とパスワードを自動入力してログインすることも可能です。
海外製のソフトですが、日本語ランゲージファイルを利用して日本語化できます。

提供元:
制作ソフト一覧を見る

KeePass Password Safe Free の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページへアクセスし、「KeePass 2.49」項目下の画面左側の「Download Now」ボタンをクリックしてダウンロードします。
    ※ 画面右側の「Download Now」ボタンがUSBメモリー対応のポータブル版です。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(KeePass-2.49-Setup.exe)からインストールします。

使い方

基本的な使い方

※ 本ソフトの日本語化手順、使い方については、KeePass Password Safe のダウンロード・使い方を参照してください。
※ USBメモリー対応 : KeePass Password Safe Portable

更新履歴

※ Google 翻訳で日本語にしています。
Version 2.48 (2021/09/10)
  • 新機能
    ・入力ダイアログにカスタム文字列フィールド専用のコンテキストメニューを追加しました。これにより、次の新しいコマンドが提供されます: '名前のコピー'、 '値のコピー'、 'アイテムのコピー'、 'アイテムの貼り付け'、'すべて選択 'および'移動先 '。
    ・コンテキストメニューを表示する入力ダイアログのカスタム文字列フィールドリストの右側にボタン「詳細」を追加しました。
    ・入力ダイアログに自動タイプの関連付け専用のコンテキストメニューが追加され、次の新しいコマンドが提供されます: 'ターゲットウィンドウのコピー'、 'シーケンスのコピー'、 'アイテムのコピー'、 'アイテムの貼り付け( s) '、'重複アイテム 'および'すべて選択 '。
    ・コンテキストメニューを表示する入力ダイアログの自動タイプの関連付けリストの右側にボタン「詳細」を追加しました。
    ・オプションの「自動入力-有効」メインエントリリスト列を追加しました(デフォルトではオフになっていますが、「表示」→「列の構成」でオンにできます)。
    ・オプションの「自動タイプ-シーケンス」メインエントリリスト列を追加しました(デフォルトではオフになっていますが、「表示」→「列の構成」でオンにできます)。
    ・Keeper 16.0.0JSONファイルのインポートのサポートが追加されました。
    ・オプション「マイナーフォーマットバージョンが不明なデータベースファイルを開くときに確認ダイアログを表示する」を追加しました(「ツール」→「オプション」→タブ「インターフェース」で、デフォルトでオンになっています)。
    ・一部のコントロールにツールチップを追加しました。
    ・ダイアログバナーをスクリーンリーダーで読み取ることができるようになりました([スクリーンリーダー用に最適化]オプションがオンになっている場合)。
    ・一部のコントロールにアクセシビリティ名を追加しました(チェックボックスの後のテキストボックス、画像/色ボタン、警告アイコン、...; [スクリーンリーダー用に最適化]オプションがオンになっている場合)。
    ・アクセシビリティ/自動化コントロールツリーのコントロールは、視覚的な場所で並べ替えられるようになりました([スクリーンリーダー用に最適化]オプションがオンになっている場合)。
    ・オペレーティングシステムのスクリーンリーダーパラメータに基づく自動スクリーンリーダー検出が追加されました(ただし、すべてのスクリーンリーダーがパラメータを設定しているわけではないため、[スクリーンリーダー用に最適化]オプションが廃止されるわけではありません)。
    ・さまざまなアクセシビリティの強化(.NET 4.7.1以降で実行している場合)。
    ・データベースを閉じる/ロックするときにクイック検索用語リストをクリアしないためのUIFlagsビットが追加されました。
    ・安全なデスクトップで入力方式エディター(IME)を有効にするためのUIFlagsビットが追加されました。
    ・ヘルプページ用に開かれたURLを上書きするカスタマイズオプションが追加されました。
  • 改善
    ・ほとんどのリストビューで、ツールチップがより長く表示されるようになりました。
    ・エントリ文字列の移動コマンドで、一度に複数の文字列を移動できるようになりました。
    ・入力ダイアログの入力文字列ボタン「移動」を削除しました(移動コマンドはコンテキストメニューで使用できます)。
    ・エントリダイアログとの一貫性を向上させるために、エントリの詳細ビューと[列の構成]ダイアログのフィールド/列を並べ替えました。
    ・.NET 4.7以降で実行している場合、リッチテキストボックスはさまざまな新機能をサポートするRich Edit 4.1(またはそれ以降)のコントロールをインスタンス化するようになりました(たとえば、「Latha」フォントがインストールされていない場合でもタミル語の文字が正し
    く表示されるようになりました)。 ・メインウィンドウのエントリ詳細ビュー(URL、添付ファイルなど)および内部データビューア(URL)のリンクが改善されました。
    ・内部データビューアの16進ビューのURLはリンクされなくなりました。
    ・さまざまなダイアログのタブ順序が改善されました。
    ・アクセシビリティ制御名の提供が改善されました。
    ・一時ファイル/ディレクトリの削除パフォーマンスが向上しました。
    ・保護されたバイナリ、UUID、一般的なパスワード、画像などのハッシュの改善...
    ・一部のアイコンの品質が向上しました。
    ・HTMLエクスポート/印刷ダイアログで、グループ名が使用できない場合、オプション「グループ名」が無効になりました。
    ・HTMLエクスポート/プリントアウトのテーブルとグループ見出しの間のスペースが削減されました。
    ・ヘルプソース選択ダイアログで、ヘルプソースが(強制された構成ファイルによって)強制された場合、またはヘルプURLオーバーライドが指定された場合、コントロールが無効になるようになりました。
    ・キーボードショートカットチェックが改善されました。
    ・TrlUtil:文字列テーブルの処理が改善されました。
    ・さまざまなCHMファイルの改善。
    ・アップグレードされたインストーラー。
    ・さまざまなUIテキストの改善。
    ・さまざまなコードの最適化。
    ・その他のマイナーな改善。
  • バグ修正
    ・入力ダイアログの保存確認ダイアログでは、不要な履歴エントリが作成されなくなりました。
    ・エントリ/グループダイアログのタグボタンのドロップダウンメニューで、正しいフォントが使用されるようになりました。
    ・TrlUtil:文字列テーブルの関連付けのバグを修正しました。

Version 2.48 (2021/05/07)
  • 新機能
    ・さまざまな新機能をサポートする新しいKDBX 4.1ファイル形式(以下にリスト)。
    ・グループタグのサポートが追加されました(KDBX 4.1)。
    ・エントリ/グループダイアログに、既存のタグを追加/削除するためのメニューを表示するボタンがあります。
    ・エントリ/グループが親グループからタグを継承している場合、エントリ/グループダイアログにリンクが表示され、親グループとそのタグが表示されます。
    ・現在のエントリ(KDBX 4.1) のパスワード品質推定を無効/有効にするための オプションをエントリダイアログに追加しました。
    ・…(省略)

Version 2.47 (2021/01/09)
  • 新機能
    ・「検索」ダイアログで、検索パラメータをプロファイルとして保存できるようになりました。プロファイルには、メインメニュー([検索]→[プロファイルの検索])およびグループコンテキストメニューからすばやくアクセスできます。
    ・「検索」ダイアログに検索モード「XPath式」を追加しました。これにより、メモリ内に現在のデータベースの KeePass 2.x XML DOMが作成され、指定されたXPath式を使用してエントリが検索されます。
    ・…(省略)

ユーザーレビュー

  • 5

    Setupファイル(インストーラ)を実行すると「言語の選択画面」が…

    Gonbe
    Gonbe
    投稿数: 1090件
    Windows 10

    Setupファイル(インストーラ)を実行すると「言語の選択画面」が表示されますが、
    先日リリースされたVer.2.46では、自動で「日本語」が選択候補として表示されます。
    ソフト自体の日本語化は別途必要ですが、インストールが分かり易くなって便利です。
    本ソフトは、万全なセキュリティ管理のため、皆様に是非とも使用をお勧め致します。

    6人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 5

    私がこのソフトを使用してから1年程立ちました

    noukanokurashi
    noukanokurashi
    投稿数: 19件
    Windows 7

    私がこのソフトを使用してから1年程立ちました。このソフトには日々お世話になっています。
    このソフトを使う以前はパスワードは手帳に手書きでメモをしていました。
    しかし、パスワードが増えていくばかりにメモをするのがめんどうくさくなり、パスワードのパターンが決まっていってしまうのでこのソフトを使うことにしました。

    このソフトの良い点として、
    1.ローカル運用でもクラウド運用でもどちらでも可能であること。
    パスワードが入ったデータベースをどこに保存しても良く、縛りがないのがいい。

    2.自動入力機能が便利であること。
    ショートカットを設定すれば楽になります。

    3.ブラウザではIDとパスワードしか保存できないが、このソフトでは項目を作ればネット銀行のような複雑な項目(ex:口座番号、支店番号)があっても整理できること。
    ファイル(txt,png,docxなど)も一緒に保存できます。

    などといいこと尽くしです。今の所悪い点は見当たりません。
    このソフトを手放すことができなくなりました。
    ただし、データベースへのパスワードを忘れてしまうと一生アクセスできなくなるので注意してください。覚えるパスワードはそれ1つでOKです。

    私の場合、Onedriveにデータベースを保存し、Googledriveにキーファイルを保存して運用しています。無論、クラウドに保存しとけばスマホからでもアクセスできます!

    17人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 5

    https://keepass.info/translations…

    DeepMiner
    DeepMiner
    投稿数: 16件
    Windows 10

    https://keepass.info/translations.html
    のページ末尾に、よくできた KeePass2 専用翻訳補助ツール“TrlUtil”というものがあったので v2.42.1 の Japanese.lngx を読みやすくしてみました。

    2019年5月21日までのダウンロード期限ですが、半角カナが苦手な方はいかがでしょうか。
    https://www.tenpu.me/download/vk7zaf8qdy81az9o99ssrdzc105h8c1q

    6人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?

KeePass Password Safe Free に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 27 件)