ID、パスワードを用途ごとにラベル分けして管理することができるパスワード管理ツール

KeePass Password Safe Free のアイコン

KeePass Password Safe Free

  • 海外
  • 日本語○
  • 寄付歓迎

ダウンロード寄付する

対応OS:
Windows 7/8/8.1/10/11
バージョン:
2.51.1 / 1.40.1(2022/05/09)

マスターパスワードによるデータ保護、AES(128bit) / Twofish(256bit)暗号化アルゴリズムによる暗号化、ランダムなパスワードの生成、クリップボードにコピーしたユーザー名やパスワードを一定時間で自動クリアする設定など、高度なセキュリティを備えたパスワード管理ツールです。
本ソフト上から Web サイトへアクセスし、ユーザー名とパスワードを自動入力してログインすることも可能です。
海外製のソフトですが、日本語ランゲージファイルを利用して日本語化できます。

提供元:
制作ソフト一覧を見る

KeePass Password Safe Free の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページへアクセスし、「KeePass 2.51.1」項目下の画面左側の「Download Now」ボタンをクリックしてダウンロードします。
    ※ 画面右側の「Download Now」ボタンがUSBメモリー対応のポータブル版です。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(KeePass-2.51.1-Setup.exe)からインストールします。

使い方

基本的な使い方

※ 本ソフトの日本語化手順、使い方については、KeePass Password Safe のダウンロード・使い方を参照してください。
※ USBメモリー対応 : KeePass Password Safe Portable

更新履歴

※ Google 翻訳で日本語にしています。
Version 2.51.1
(2022/05/09)
  • [アイテムの背景色を交互に使用する]オプションは、自動並べ替えと再び互換性があります。
  • エントリを複製するときのエントリリストの更新パフォーマンスが向上しました。
  • エントリリストのスクロールのバグを修正しました。
  • その他のマイナーな改善。

Version 2.51
(2022/05/06)
  • 新機能
    ・サイズが固定されているほとんどのダイアログは、現在の画面に収まるかどうかを検出するようになりました。ダイアログが収まらない場合(たとえば、DPI 係数が非常に高いため)、サイズが小さくなり、スクロールバーが表示されます。
    ・メインウィンドウに複数のエントリコマンド名を追加しました(たとえば、現在選択されているエントリを編集するコマンドは、選択したエントリの数に応じて、「エントリの編集」または「エントリの編集」と呼ばれるようになりました)。
    ・メインウィンドウのステータスバーの主要部分にツールチップを追加しました。
    ・入力ダイアログ、データベース設定ダイアログ、およびオプションダイアログの拡張カラーボタン(ツールチップ、アクセス可能な名前など)。
    ・オプションダイアログに「インターフェイス(2)」タブページを追加し、既存の「インターフェイス」タブページの名前を「インターフェイス(1)」に変更し、一部のコントロールを「インターフェイス(1)」から「インターフェイス(2)」に移動しました。
    ・オプションダイアログの強化されたフォント選択コントロール(デフォルトに戻ることができるチェックボックスがあり、ボタンには現在選択されているフォント、ツールチップ、改善されたアクセシビリティなどが表示されます)。
    ・オプションダイアログにヘルプリンク「ダークテーマ」と「メインフォント(サイズ)」を追加しました。
    ・オプション'カスタム alt。アイテムの色'および'メインウィンドウでのEscキー押下'は、(強制された構成ファイルによって)強制された場合に無効になります。
    ・プライベートモードでWaterfoxを使用してURLを開くためのサポートが追加されました。
    ・(HMACベースおよび時間ベースの)ワンタイムパスワードジェネレーター設定を編集するためのダイアログが追加されました(エントリーダイアログまたはメインウィンドウの「エントリーの編集(クイック)」メニューの「OTPジェネレーター設定」コマンドを使用して開くことができます) )。
    ・入力コマンド「Copy HMAC-Based OTP」、「Show HMAC-Based OTP」、「Copy Time-Based OTP」、「Show Time-Based OTP」(「Other Data」メニュー)を追加しました。
    ・入力コマンド「タイトルのコピー」および「メモのコピー」を追加しました(「その他のデータ」メニュー内)。
    ・パスワードジェネレータダイアログ(データベースが開いていない)の[生成]タブページに切り替えると、[追加のエントロピーとしてユーザー入力を収集するためのダイアログを表示する]オプションがオンになっている場合、エントロピー収集ダイアログが表示されるようになりました。
    ・HTML エクスポート/印刷ダイアログにオプション「パスワード文字の色付け」を追加しました。色はカスタマイズ可能です。
    ・HTML エクスポート/印刷ダイアログにオプション「カスタムメインフォント」と「カスタムパスワードフォント」を追加しました。
    ・表形式の HTML エクスポート/プリントアウトに水平方向のエントリ区切り線を追加しました。
    ・プラグインダイアログで、[古いファイルをキャッシュから自動的に削除する]オプションと[クリア]ボタンが、(強制された構成ファイルによって)強制されている場合は無効になりました。
    ・プラグインは、エントリの有効期限をより簡単に変更できるようになりました。
    ・Wine バグ52457の回避策を追加しました。
  • 改善
    ・メインウィンドウの初期化パフォーマンスが向上しました。
    ・最小化または最大化されたメインウィンドウの初期出現の改善(ちらつきの減少、パフォーマンスの改善など)。
    ・メインウィンドウのデータベースツールバーボタンの名前/ツールチップが改善されました。
    ・太字/斜体のリストフォントの処理が改善されました。
    ・特定の状況でのエントリリストの更新パフォーマンスが向上しました。
    ・動的メニュー分解のパフォーマンスが向上しました。
    ・'HmacOtp-'または'TimeOtp-'で始まるフィールドは、エントリ文字列のコピーメニューに表示されなくなりました。
    ・改善されたツールチップとパスワード繰り返しテキストボックスのアクセシビリティ。
    ・ダークテーマがアクティブな場合、テキストボックスのエラー背景色が暗くなります。
    ・有効期限コントロールグループのアクセシビリティが向上しました。
    ・マスターキーの作成/変更ダイアログのタイトルがコンテキストに合わせて調整されるようになりました。
    ・データベース設定ダイアログの「圧縮」タブページが改善されました(「なし」オプションの説明が拡張され、アクセシビリティが改善されました...)。
    ・色が指定されていない場合は、'カスタムalt。オプションダイアログの[アイテムの色]ボタンにデフォルトの色が表示されるようになりました。
    ・HTML エクスポート/プリントアウトの HTML 生成が改善されました。
    ・印刷または HTML へのエクスポート時に使用されるデフォルトのフォントが改善されました。
    ・ブロック HTML エクスポート/プリントアウトでは、フィールド名はイタリックではなくなりました(ユーザーがイタリックのメインフォントを選択した場合を除く)。
    ・HTML エクスポート/プリントアウトでは、パスワードを除くすべてのフィールド値がトリミングされるようになりました。
    ・HTML エクスポート/プリントアウト:パスワードの空白文字のエンコードが改善されました。
    ・ブロック HTML エクスポート/プリントアウトの水平方向のエントリ区切り線が改善されました。
    ・TrlUtil:コントロール分類が改善されました。
    ・Authenticode 証明書キーの長さが増加しました。
    ・さまざまな CHM/ヘルプの改善。
    ・アップグレードされたインストーラー。
    ・さまざまな UI テキストの改善。
    ・さまざまなコードの最適化。
    ・その他のマイナーな改善。
  • バグ修正
    ・コマンドラインパラメータ'-preselect:'は、オプション'一度使用した後にマスターキーコマンドラインパラメータをクリアする'がオンになっている場合に期待どおりに機能するようになりました。
    ・オプションダイアログでのフォント選択は、[OK]でダイアログを閉じたときにのみ適用されるようになりました。

Version 2.50
(2022/01/09)
  • 新機能
    ・ほとんどのWindowsシステムでは、AES-KDFは以前の約2倍の速度になりました。
    ・ほとんどのLinuxシステムでは、「libgcrypt」ライブラリがインストールされている場合、AES-KDFは以前の約4倍の速度になります。
    ・ほとんどのWindowsシステムでは、Argon2dとArgon2idは以前の約2倍の速度になりました(デフォルトのパラメーターの場合)。
    ・ほとんどのLinuxシステムでは、「libargon2」ライブラリがインストールされている場合、Argon2dとArgon2idは以前の約3倍の速度になります(デフォルトのパラメーターの場合)。
    ・オプション「セキュアデスクトップでマスターキーを入力」は、インポート、確認(エクスポート、印刷、マスターキーの変更などの前)、およびトリガーアクション中に表示されるマスターキープロンプトダイアログでもサポートされるようになりました。
    ・オプション「安全なデスクトップでマスターキーを入力」は、マスターキーの作成/変更ダイアログでもサポートされるようになりました。
    ・マスターキーダイアログのキーファイル/プロバイダーコンボボックスに、値が非常に長い場合に現在の値を表示するツールチップが追加されました。
    ・.NET 4.7.2以降で実行している場合、GZipの解凍が高速になりました(つまり、ほとんどのデータベースが少し速く開かれ、クリップボードからのエントリの貼り付けが少し速くなります...)。
    ・入力文字列フィールドダイアログにパスワード生成ボタンを追加しました。
    ・Shiftキーを押しながらメインエントリリストのエントリのタイトルセルをダブルクリックすると、タイトルがクリップボードにコピーされるようになりました。
    ・Pale Moon、Epiphany、Midoriをプライベートモードで開くためのサポートが追加されました。
    ・Unixライクなシステムでのアプリケーション検出の強化(特定のSnapパッケージのサポートなど)。
    ・UnixライクなシステムでChromiumの最新バージョンを検出するためのサポートが追加されました(「URL(s)」メニューの「Openwith ...」コマンド、{GOOGLECHROME}プレースホルダーなど)。
    ・[URL]メニューに、Google ChromeとChromiumの両方がインストールされている場合は、別々のコマンドが表示されるようになりました。
    ・Vivaldi、Brave、Pale Moon、Epiphanyを検出するための強化されたサポート。
    ・Kaspersky Password Manager 9.0.2TXTファイルのインポートのサポートが追加されました。
    ・Bitwardenインポートモジュール:サブフォルダーのインポートのサポートが追加され、コレクション名がタグとしてインポートされるようになりました。
    ・[KeePassについて]ダイアログで、コンポーネントリストの各アイテムに、コンポーネントがインストールされている場合は、コンポーネントのファイル/フォルダーパスを示すツールチップが表示されるようになりました。
    ・[About KeePass]ダイアログで、コンポーネントをダブルクリックすると、ファイルマネージャーでコンポーネントファイル/フォルダーが表示されます。
    ・[KeePassについて]ダイアログのコンポーネントリストに、次の新しいコマンドを提供するコンテキストメニューが追加されました:[ファイルマネージャーで表示]、[バージョン/ステータスのコピー]、[パスのコピー]。
  • …(省略)

ユーザーレビュー

  • 5

    Setupファイル(インストーラ)を実行すると「言語の選択画面」が…

    Gonbe
    Gonbe
    投稿数: 1164件
    Windows 10

    Setupファイル(インストーラ)を実行すると「言語の選択画面」が表示されますが、
    先日リリースされたVer.2.46では、自動で「日本語」が選択候補として表示されます。
    ソフト自体の日本語化は別途必要ですが、インストールが分かり易くなって便利です。
    本ソフトは、万全なセキュリティ管理のため、皆様に是非とも使用をお勧め致します。

    6人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 5

    私がこのソフトを使用してから1年程立ちました

    noukanokurashi
    noukanokurashi
    投稿数: 20件
    Windows 7

    私がこのソフトを使用してから1年程立ちました。このソフトには日々お世話になっています。
    このソフトを使う以前はパスワードは手帳に手書きでメモをしていました。
    しかし、パスワードが増えていくばかりにメモをするのがめんどうくさくなり、パスワードのパターンが決まっていってしまうのでこのソフトを使うことにしました。

    このソフトの良い点として、
    1.ローカル運用でもクラウド運用でもどちらでも可能であること。
    パスワードが入ったデータベースをどこに保存しても良く、縛りがないのがいい。

    2.自動入力機能が便利であること。
    ショートカットを設定すれば楽になります。

    3.ブラウザではIDとパスワードしか保存できないが、このソフトでは項目を作ればネット銀行のような複雑な項目(ex:口座番号、支店番号)があっても整理できること。
    ファイル(txt,png,docxなど)も一緒に保存できます。

    などといいこと尽くしです。今の所悪い点は見当たりません。
    このソフトを手放すことができなくなりました。
    ただし、データベースへのパスワードを忘れてしまうと一生アクセスできなくなるので注意してください。覚えるパスワードはそれ1つでOKです。

    私の場合、Onedriveにデータベースを保存し、Googledriveにキーファイルを保存して運用しています。無論、クラウドに保存しとけばスマホからでもアクセスできます!

    17人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 5

    https://keepass.info/translations…

    DeepMiner
    DeepMiner
    投稿数: 16件
    Windows 10

    https://keepass.info/translations.html
    のページ末尾に、よくできた KeePass2 専用翻訳補助ツール“TrlUtil”というものがあったので v2.42.1 の Japanese.lngx を読みやすくしてみました。

    2019年5月21日までのダウンロード期限ですが、半角カナが苦手な方はいかがでしょうか。
    https://www.tenpu.me/download/vk7zaf8qdy81az9o99ssrdzc105h8c1q

    6人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?

KeePass Password Safe Free に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 27 件)