ID、パスワードを用途ごとにラベル分けして管理することができるパスワード管理ツール

KeePass Password Safe Free のアイコン

KeePass Password Safe Free

  • 海外
  • 日本語○
  • 寄付歓迎

ダウンロード寄付する

対応OS:
Windows 7/8/8.1/10/11
バージョン:
2.53 / 1.41(2023/01/09)
価格:
無料

マスターパスワードによるデータ保護、AES(128bit) / Twofish(256bit)暗号化アルゴリズムによる暗号化、ランダムなパスワードの生成、クリップボードにコピーしたユーザー名やパスワードを一定時間で自動クリアする設定など、高度なセキュリティを備えたパスワード管理ツールです。
本ソフト上から Web サイトへアクセスし、ユーザー名とパスワードを自動入力してログインすることも可能です。
海外製のソフトですが、日本語ランゲージファイルを利用して日本語化できます。

提供元:
制作ソフト一覧を見る

KeePass Password Safe Free の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページへアクセスし、「KeePass 2.53」項目下の画面左側の「Download Now」ボタンをクリックしてダウンロードします。
    ※ 画面右側の「Download Now」ボタンがUSB メモリー対応のポータブル版です。
    ※ v1 系をダウンロードする場合は、「KeePass 1.41」項目下の「Download Now」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(KeePass-2.53-Setup.exe)からインストールします。

使い方

基本的な使い方

※ 本ソフトの日本語化手順、使い方については、KeePass Password Safe のダウンロード・使い方を参照してください。
※ USBメモリー対応 : KeePass Password Safe Portable

更新履歴

※ Google 翻訳で日本語にしています。
Version 2.53
(2023/01/09)
  • 新機能
    ・エントリーダイアログの「履歴」タブページに表示される各エントリーに、直前のエントリーに対して変更されたフィールドが表示されます。
    ・エントリーダイアログの「履歴」タブページに「比較」ボタンを追加しました。2つの履歴エントリー(必ずしも連続していない)を選択した場合、ボタンをクリックすると、詳細な比較(値など)が表示されます。
    ・エントリーを編集するとき、エントリーダイアログの履歴エントリーリストには、現在のダイアログ(他のタブページ)に入力されたすべてのデータを表す「ダイアログ(未保存)」というエントリーが追加されました。
    ・エントリーを編集するとき、エントリーダイアログの履歴エントリーリストには、現在データベースに保存されている(現在のダイアログで変更されていない)エントリーである「現在(TIME)」というエントリーが含まれるようになった。
    ・検索」メインメニューに「履歴」コマンドを追加。このコマンドは、すべてのエントリーの変更を一覧表示します(時間順にソート)。
    ・ほとんどのレポートダイアログにフィルターボックスを追加(最終更新日、履歴、大規模エントリ、類似パスワードクラスタ、パスワード品質、履歴エントリ比較、データベースファイル検索、...)。
    ・ほとんどのレポートダイアログに'Print'ボタンを追加。
    ・ほとんどのレポートダイアログに'Export'ボタンを追加。サポートされるフォーマットは CSV と HTML です。
    ・{EDGE}プレースホルダーを追加しました。これは、新しい(Chromiumベースの)Microsoft Edge がインストールされている場合に、その実行可能パスに置き換えられます。
    ・入力ダイアログの URL オーバーライドの提案ドロップダウンリストに、プライベートモードの Microsoft Edge のための URL オーバーライドの提案を追加しました。
    ・プライベートモードの Microsoft Edge で HTTP/HTTPS URL を開くための、オプションの組み込みグローバル URL オーバーライドを追加しました。
    ・自動ソートが有効な時にエントリーを並べ替えようとすると、自動ソートを無効にするかどうか尋ねるようになりました。
    ・エントリー/グループダイアログのタグボタンドロップダウンメニューにアクセスキーを追加しました。
    ・表示] → [ソート順] メニューにアクセスキーを追加。
    ・エントリーのテンプレートメニューにアクセスキーを追加。
    ・自動入力を行う」メニューにアクセスキーを追加した(「追加の自動入力メニューコマンドを表示する」オプションがオンの場合に表示されます)。
    ・自動入力の実行」メニューに{HMACOTP}と{TIMEOTP}を追加した。
    ・キーボードショートカット Ctrl+T で、「時間指定ワンタイムパスワードをコピーする」コマンドを追加しました。
    ・キーボードショートカット Ctrl+Shift+T で「時間指定ワンタイムパスワードを表示」できるようにしました。
    ・Password Depot XML インポートモジュールを強化し、新しいフォーマットに対応した(新しいノード名、グループアイコン、ごみ箱、タグ、お気に入り、自動タイプ遅延変換、履歴、アイコンマッピング強化、日付/時間解析強化、...をサポートした)
    ・HTML エクスポート/プリントアウトの見出しにボーダーを追加しました。
    ・FIPS モードで KeePass を実行するためのサポートを追加しました。
  • 改善点
    ・エントリーダイアログの「履歴」タブページで表示される履歴は、新しいものから順にソートされるようになりました。
    ・エントリーダイアログの「履歴」タブページのリスト内のアイコンは、エントリーの種類を示すようになりました。
    ・新しいエントリーを作成するとき、エントリーダイアログの履歴エントリーのコントロールは無効化されるようになりました。
    ・現在のダイアログで何らかの変更があった場合、履歴エントリーの 'Restore' ボタンは無効になりました。
    ・履歴エントリーを削除した場合、「パスワードの変更」の時間が即座に更新されるようになりました。
    ・エントリーダイアログの URL オーバーライド候補のドロップダウンリストで、Microsoft Edge 用の URL オーバーライド候補を改善しました(「microsoft-edge:{URL}」から「cmd://{EDGE} "{URL}"」に変更)。
    ・Microsoft Edge で HTTP/HTTPS URL を開くためのオプションの組み込みグローバル URL オーバーライドを改善しました('microsoft-edge:{BASE}' から 'cmd://{EDGE} "{BASE}"' に変更)。
    ・Web ブラウザーの URL オーバーライドをアルファベット順に並べ替えました。
    ・メニュー項目のアクセスキーの割り当てを改善
    ・エントリーの詳細表示で項目の分離を改善しました。
    ・グループパス内のグループの区切りがハイフンではなく右矢印になっている箇所が多くなりました。
    ・プラグインデータ辞書の最終更新時刻の比較を改善しました。
    ・共通 HTML パーツの生成を統一しました。
    ・エントリーダイアログの「ツール」メニューの「初期パスワードをコピー」コマンドは、「コピー」アプリケーションポリシーフラグを必要とするようになりました。
    ・UI テキストの改良
    ・様々なコードの最適化
    ・その他のマイナーな改良。
  • バグ修正
    ・履歴エントリーの「復元」ボタンが常に期待通りに動作するようになりました。

Version 2.52
(2022/09/09)
  • 新機能
    ・入力ダイアログのツールメニューに「初期パスワードをコピー」コマンドを追加しました。ダイアログが開かれたときのパスワードを (クリップボードに) コピーします。
    ・複数のエントリ (少なくとも 1 つの添付ファイルを含む) が選択されている場合、エントリ メニューの [添付ファイル] サブメニューに添付ファイルの数が表示されるようになりました。
    ・オプション「Alt.アイテムの背景色' ('オフ'、'オン、デフォルト色'、'オン、カスタムカラー' の状態をサポート);これは、前の 2 つのオプション [項目の背景色を交互に使用する] と [カスタム alt.アイテムカラー」。
    ・コメント プレースホルダー ({C:...}) に中かっこを含めることができるようになりました。
    ・自動タイプ エントリ選択ダイアログで、[シーケンス - コメント] 列の値が逆参照されるようになりました。
    ・エントリのパスワードが最後に変更された時刻が、[履歴] タブ ページのエントリ ダイアログに表示されるようになりました。
    ・{FIREFOX} プレースホルダーと「URL(s)」メニュー (「... で開く」コマンド) は、(通常のバージョンに加えて) Firefox の Microsoft Store バージョンの検出をサポートするようになりました。
    ・1Password 8.7 1PUX ファイルのインポートのサポートが追加されました。
    ・Key Folder 1.22 XML ファイルのインポートのサポートが追加されました。
    ・Sticky Password XML インポート: グループと有効期限のインポートのサポートが追加されました。
    ・Steganos Password Manager CSV インポート: 二重引用符の新しいエンコードのサポートが追加されました。
    ・Bitwarden JSON インポート: 時間ベースのワンタイム パスワード ジェネレーター設定が自動的に変換されるようになりました。
    ・KeePass は「KeePass.exe.config」ファイルをチェックし、問題が見つかったときに警告メッセージを表示するようになりました。
    ・開発ビルドの場合: GC 情報を表示するためのコマンドが追加されました。
    ・プラグインは、データベース ファイルのヘッダーをより簡単にロードできるようになりました。
    ・プラグインは、マスター キーの変更イベントをサブスクライブできるようになりました。
    ・TrlUtil: .NET タブ コントロールのフォーカス バグの回避策を追加しました。
  • 改善
    ・コマンド「添付ファイルの保存先」をエントリ メニューの「添付ファイル」サブメニューに移動し、名前を「ファイルの保存先」に変更しました。
    ・添付ファイルを保存するコマンドは、選択したエントリの少なくとも 1 つに少なくとも 1 つの添付ファイルがある場合にのみ使用できるようになりました。
    ・{APPACTIVATE ...} auto-type コマンドは、「ターゲット ウィンドウが変更されたときに自動入力をキャンセルする」オプションと「ターゲット ウィンドウのタイトルが変更されたときに自動入力をキャンセルする」オプションを無視するようになりました。
    ・{APPACTIVATE ...} auto-type コマンド: 指定されたウィンドウが存在しないか、フォーカスできない場合、auto-type は中止されます。
    ・インデックスを持つフィールドの統合作成。
    ・インポート/同期後のデータベースの変更状態と UI の更新が改善されました。
    ・マスター キーの作成/プロンプト ダイアログで、[キー ファイル/プロバイダー] チェック ボックスをオンにし、コンボ ボックスで [(なし)] を選択すると、[OK] ボタンが無効になりました。
    ・オプション ダイアログの特定のコンボ ボックスのドロップダウン メニューの幅調整が改善されました。
    ・保護されたバイナリ、UUID などのハッシュ パフォーマンスの向上
    ・空の配列に関連するパフォーマンスの向上。
    ・Mono フレームワークのバージョン検出が改善されました。
    ・TrlUtil: プレビュー ダイアログの更新パフォーマンスが向上しました。
    ・さまざまな UI テキストの改善。
    ・さまざまなコードの最適化。
    ・その他のマイナーな改善。
  • バグ修正
    ・特定の状況で、最小化されたメイン ウィンドウが最大化されたウィンドウではなく通常のウィンドウに復元されるバグを修正しました。
    ・入力ダイアログの「ヘルプ」メニュー項目と入力文字列フィールド ダイアログの「ヘルプ」ボタンで、正しいヘルプ セクションが開くようになりました。

Version 2.51.1
(2022/05/09)
  • [アイテムの背景色を交互に使用する]オプションは、自動並べ替えと再び互換性があります。
  • エントリを複製するときのエントリリストの更新パフォーマンスが向上しました。
  • エントリリストのスクロールのバグを修正しました。
  • その他のマイナーな改善。

ユーザーレビュー

  • 4

    PCで使用して、ブラウザは拡張機能、Androidはアプリがそれぞ…

    ぷーー
    ぷーー
    投稿数: 4件
    Windows 10

    PCで使用して、ブラウザは拡張機能、Androidはアプリがそれぞれあり、全環境で使えるのは便利。

    不満は以下の2点。
    ・たまに重たくなり、タスクトレイのアイコンをクリックしても画面が表示されず、
    ブラウザの拡張機能からの戻りも無くなる。
    特に重たいソフトを使っているわけでは無いのに、重たいので原因もわからない。
    ・Androidからも共有するために、Googleドライブ上にファイルを格納しているが、
    その場合、WindowsのスタートアップでKeePassを起動させると、
    Googleドライブを認識する前にKeePassが起動して
    最後に使ったデータベースを自動的に開こうとして、エラーとなってしまう。
    何か良い方法があると便利。

    4人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 5

    Setupファイル(インストーラ)を実行すると「言語の選択画面」が…

    Gonbe
    Gonbe
    投稿数: 1272件
    Windows 10

    Setupファイル(インストーラ)を実行すると「言語の選択画面」が表示されますが、
    先日リリースされたVer.2.46では、自動で「日本語」が選択候補として表示されます。
    ソフト自体の日本語化は別途必要ですが、インストールが分かり易くなって便利です。
    本ソフトは、万全なセキュリティ管理のため、皆様に是非とも使用をお勧め致します。

    7人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 5

    私がこのソフトを使用してから1年程立ちました

    noukanokurashi
    noukanokurashi
    投稿数: 20件
    Windows 7

    私がこのソフトを使用してから1年程立ちました。このソフトには日々お世話になっています。
    このソフトを使う以前はパスワードは手帳に手書きでメモをしていました。
    しかし、パスワードが増えていくばかりにメモをするのがめんどうくさくなり、パスワードのパターンが決まっていってしまうのでこのソフトを使うことにしました。

    このソフトの良い点として、
    1.ローカル運用でもクラウド運用でもどちらでも可能であること。
    パスワードが入ったデータベースをどこに保存しても良く、縛りがないのがいい。

    2.自動入力機能が便利であること。
    ショートカットを設定すれば楽になります。

    3.ブラウザではIDとパスワードしか保存できないが、このソフトでは項目を作ればネット銀行のような複雑な項目(ex:口座番号、支店番号)があっても整理できること。
    ファイル(txt,png,docxなど)も一緒に保存できます。

    などといいこと尽くしです。今の所悪い点は見当たりません。
    このソフトを手放すことができなくなりました。
    ただし、データベースへのパスワードを忘れてしまうと一生アクセスできなくなるので注意してください。覚えるパスワードはそれ1つでOKです。

    私の場合、Onedriveにデータベースを保存し、Googledriveにキーファイルを保存して運用しています。無論、クラウドに保存しとけばスマホからでもアクセスできます!

    23人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?

KeePass Password Safe Free に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 28 件)