煩雑になりがちなIDとパスワードを一元管理して、複数のブラウザ・PC間でデータを同期できるパスワード管理ソフト

LastPass のアイコン

LastPass

ダウンロード

対応OS:
Windows 2000/XP/Vista/7/8/8.1/10, Mac OS X 10.7以降, Linux
バージョン:
4.1.59(2018/08/13)

サイトやサービスによってログイン情報はバラバラで覚えにくいもの。
本ソフトを利用すれば、一つのマスターパスワードだけ覚えておくことで、いろいろなサイトのログイン情報を管理できます。
IDとパスワード情報はクラウドに保管されており、どのブラウザーを使ってもどのPCを使ってもIDとパスワード情報を利用可能。
そのため、職場や学校のPCと自宅のPCで同じログイン情報を利用する、と言ったことも可能です。
プレミアム版(月額1ドル)であれば、スマートフォン端末と同期できるようになります。

提供元:

LastPass の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページへアクセスし、「LastPassユニバーサルWindowsインストーラ」項目内の「ダウンロード」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイルからインストールします。

インストール

  1. 「LastaPass・・・」画面が表示されます。
    「LastPass をインストール」ボタンをクリックします。
    ※ 「詳細オプション」をクリックすると、追加する Internet Explorer / Google Chrome / Firefox / Opera のブラウザーアドオン、インストールディレクトリなどを変更できます。
  2. 「アカウント作成かログイン」画面が表示されます。
    アカウントを持っていない場合は「新しいアカウントを作成する」ボタンをクリックします。
  3. 「LastPassアカウント作成」画面が表示されます。
    メールアドレスとマスターパスワード、マスターパスワードリマインダーを入力して「アカウントを作成」ボタンをクリックします。
  4. 「安全なパスワード」画面が表示されます。
    安全でない方法で保存されているパスワードが検出されます。
    検出されたIDをパスワードを LastPass に保管できます。LastPass に保管したくない場合は「結構です」ボタンをクリックします。
  5. 既定のブラウザーが表示され、追加された拡張機能からログインするように促されます。

使い方

LastPass にログインする

LastPass を使うためには、最初にログインが必要です。
ブラウザー拡張機能の icon をクリックし、メールアドレスとパスワードを入力して「Log in」ボタンをクリックします。
ログインすると、アイコンの色が icon に変わります。
LastaPass へのログイン


ログイン情報を管理する

保管しているログイン情報(ID、パスワード等)は、My LastPass Vault(保管庫)で確認、編集できます。
My LastPass Vault にアクセスするには、デスクトップショートカットからアクセスするか、各ブラウザーicon から「保管庫」をクリックしてアクセスできます。

ログイン情報を保存する

Webサイトにログインしてログイン情報を保存する
LastPass インストール後にサイトにログインすることで、ログイン情報を保存できます。
例えば、Yahoo!JAPAN にアクセスし、IDとパスワードを入力してログインした場合、ログイン後の画面上部に「Should LastPass remember this password?(LastPass にこのパスワードを記憶しますか?)」というメッセージバーが表示され、右側の「サイトを保存」ボタンをクリックすると、ログイン情報を保存できます。
その際に「サイトを追加」ページが表示されるので、そこでURL、名前、フォルダー、ユーザー名、パスワード、メモなどを入力、編集できます。

My LastPass Vault(保管庫)からログイン情報を保存する
My LastPass Vault にログインし、画面下の「+」アイコンから「サイトを追加」からログイン情報を登録できます。

自動ログインする

ログイン情報を LastPass に保管すると、ログイン時に次のパターンを選択できます。
  • 自動入力 … アクセスするだけで、IDとパスワードを入力済みの状態にします。
  • 自動入力しない … 何も入力されない状態となります。

「自動ログイン」の設定にすると、いわゆる「かんたんログイン」の状態になるので便利です。
  1. 自動入力を解除したい場合は、icon のメニューより、「設定」をクリックします。
    メニュー
  2. 「設定」ページが表示されます。
    「自動的にログイン情報を記入する」のチェックを外して「保存」ボタンをクリックします。

※ Internet Explorer / Firefox / Google Chrome / Safari / Opera でインターフェース及び動作が異なります。

ユーザーレビュー

  • 2

    【追記あり】長年の有償ユーザーですが、バージョンが更新される…

    usericon Driftwood
    投稿数: 1件
    Windows 7

    長年の有償ユーザーですが、バージョンが更新されるにつれ、ソフトウェアのユーザビリティは低下しています。その仕様として奇妙な動作をするようになってきましたし、メニュー項目の日本語化もいつの間にか進捗がとまっています。また、サポート体制もしだいに大雑把になってきています。先日、サポートリクエスト・フォームを利用しようとしたら、「なるべく英語で書いてほしい」との記述がありました。また、他のレビュアーもご指摘のとおり、しばしば脆弱性を露呈させているのも大きな問題です。


    なお、私は iOS 版も利用していますが、最近ようやく大きなバグをとり終えたかと思ったら、次はパスワードの自動生成が異常に遅いという新しい問題が出てきました。iOS 版にはリリース当初から本当に困惑させられてきましたが、もう潮時という感想です。

    15人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 2

    このパスワードマネージャーは、米国企業製で、その分野では国際…

    usericon owl
    投稿数: 216件
    Windows 8/8.1

    このパスワードマネージャーは、米国企業製で、その分野では国際的な知名度を誇ります。
    「Secure」さと「User Friendly」さで、人気があります。
    その昔、「keePass Password Safe」とともに、一時、利用もしていました。

    ダウンロード時点から「各国版」が完備されており、ホームページから日本語仕様なので、戸惑いもなくスタートを切れます。
    使い方も「平易」なので、初心者にも簡単です。
    機能も充実しています。
    スキルを問わず、それなりに使いこなせるでしょう。

    しかし、下記の宿命的な問題があるため、推奨はしかねます。
    ユーザー自身の自覚の下で、利用すべきでしょう。

    問題は、
    > クラウドサービス型なので、オンライン接続状態でないと利用ができません。
    > 最大の深刻な欠陥は、肝心の「VAULT」(顧客の金庫)が、度々とハッキング被害(ユーザー時での公表分:Tue, 16 Jun 2015 03:37:29 +0000 、その前年にも e-mail で、無効化の実行と再作成の要請の緊急通知が届いた)を受けました。クラウドサービスでの根本的な欠陥性を実感しました。
    この「欠陥性」は、
    NSA(アメリカ国家安全保障局)の不正を暴露したスノーデン氏や、
    Electronic Frontier Foundation(//ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E5%AD%90%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2%E8%B2%A1%E5%9B%A3)の会報:Surveillance Self-Defense | Tips, Tools and How-tos for Safer Online Communications(//ssd.eff.org/en)でも「警告」されている宿命です。

    5人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 5

    ブラウザに常駐して自動的に入力してくれるので、もっともストレ…

    usericon ねこ。
    投稿数: 1件
    Windows 7

    ブラウザに常駐して自動的に入力してくれるので、もっともストレスが少ないと思う。現状では、カスタマイズなど面倒なことをしたくない人には一番オススメできる。できれば有料でマルチデバイスで使うのがベスト。

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい

LastPass に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 11 件)