特定のキーを無効化するソフト

KillKeys のアイコン

KillKeys
  • 海外
  • 日本語✕
  • 寄付歓迎

ダウンロード

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

レビューを投稿する

対応OS:
Windows XP/Vista/7
バージョン:
1.2(2010/11/29)

利用していないキーや、うっかり押してしまって苦労してしまうようなキーを無効にして快適にキータイピングできるようにするソフトです。
例えば Insert キーや CapsLock キーなどを誤って押してしまうと、期待していないタイピング結果につながってしまいます。
本ソフトで無効化しておくとことで、誤ってキーを押してしまっても何も反応しないようにできます。
また、フルスクリーン時のみ無効化するキーの設定にも対応しています。

提供元:
制作ソフト一覧を見る
※ 本ソフトの設定は、テキストエディターで .ini ファイルを編集することによって行うため、利用するにはやや敷居が高いかもしれません。

KillKeys の使い方

ダウンロード

  1. GitHub へアクセスし、「KillKeys-1.2.exe」リンクをクリックしてダウンロードします。
    USBメモリー等で持ち運べるポータブル版を利用したい場合は、「KillKeys-1.2-x64.7z」リンク、または「KillKeys-1.2.7z」リンクをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(KillKeys-1.2.exe)からインストールします。

使い方

初期設定

本ソフトを起動するとタスクトレイicon アイコンが表示されます。
初期設定ではフルスクリーン時に次のキーが無効になります。
※ フルスクリーン時のみ無効になります。
  • Windows キー
  • Windows キー
  • [メニュー] キー

「Insert」キーを無効化する

ここでは例として Insert キーを無効化する手順を解説します。
  1. タスクトレイの icon アイコンの右クリックメニューから「Options」⇒「Open settings」とクリックします。
    タスクトレイアイコンの右クリックメニュー「Options」⇒「Open settings」
  2. テキストエディターで KillKeys.ini が開くので、編集していきます。
  3. [KillKeys] 項目下の Keys= の右側に 2D と入力して保存します。
    ※ 2D が Insert キーに対応しています。
  4. タスクトレイの icon アイコンの右クリックメニューから「Disable」をクリックして、本ソフトを一度無効化します。
    「Disable」をクリックして本ソフトを無効化する
  5. 再びタスクトレイの icon アイコンの右クリックメニューから「Enable」をクリックして、本ソフトを有効化します。
    「Enable」をクリックして本ソフトを有効化する
  6. これで Insert キーの無効化設定が完了です。
    Insert キーを押しても無反応になります。
    ※ 複数キー(例えば Insert キーと NumLock キーの2つ)を設定する場合は、半角スペースを開けて「2D 90」のように入力します。
    Insert キーを有効化したい場合は、同様の手順にて KillKeys.ini から 2D を削除して本ソフトを無効化→有効化します。

他のキーを無効化する

※ その他のキーについてはこちらから確認できます。例えば F1 キーは 0x70 と表示されていますが、70 と入力すればOKです。

フルスクリーン時にキーを無効化する

フルスクリーン表示(全画面表示)の場合のみ、キーを無効化する設定が可能です。
タスクトレイの icon アイコンの右クリックメニューから「Options」⇒「Open settings」とクリックして KillKeys.ini 内にある、Keys_Fullscreen= の右側に無効化したいキーを入力します。
初期設定では、5B(左 Windows キー)、5C(右 Windows キー)、5D([メニュー] キー)が入力されています。
※ 有効化する手順は 「Insert」キーを無効化する と同じです。
Keys_Fullscreen にフルスクリーン時に無効化したいキーを入力


更新履歴

Version 1.2 (2010/11/29)
  • 64ビットの実行可能ファイルを追加しました。インストーラーは自動的に正しい実行可能ファイルをインストールします。
  • デスクトップがフルスクリーンウィンドウとして扱われる Windows 7 の問題を修正しました。
  • いくつかのマイナーなバグを修正しました。

Version 1.1 (2009/08/30)
  • Keys と Keys_Fullscreen の両方を使用するとクラッシュする問題を修正しました。
  • KillKeys.ini で言語を変更できるようになりました。
  • 多くの小さなバグが修正されました。

Version 1.0 (2014/12/31)
  • keyhook.dll を KillKeys.exe にマージしました。
  • ログファイルを削除しました。
  • 更新チェックを追加しました。
  • 設定を KillKeys.ini に移動しました。

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?