プロ並みの編集を行えるフリーの高機能動画編集ソフト

Lightworks のアイコン

Lightworks

  • 海外
  • 日本語✕

ダウンロード

対応OS:
Windows 8/8.1/10, Mac OS X 10.9 以降, Linux
バージョン:
2022.3.1 revision 138007(2022/11/08)
価格:
無料

動画のカット、結合、削除、テキスト追加、音楽追加、画像追加など、プロ並みの編集を行えるフリーの動画編集ソフトです。
タイムラインへドラッグ&ドロップして動画、画像、音楽を追加でき、タイムラインをドラッグして移動、動画の長さ調整、不要範囲の削除などを自在に調整できます。
Windows / Mac / Linux のクロスプラットフォーム対応で、編集した動画はMP4形式で保存可能です。

提供元:
※ 7日以上利用する場合は無料アカウント登録が必要です。
※ Free 版では編集した動画を YouTube / Vimeo に最適化したMP4形式でのみ保存できます。

Lightworks v14 - Quick Start Guide(英語)

Lightworks の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、「Get Started, It's Free!」ボタンをクリックします。
  2. 「Sign Up」画面が表示されます。
    メールアドレスとパスワードを入力して「Sign Up」ボタンをクリックしてサインアップ(無料アカウント作成)します。
  3. アンケート画面が表示されるので回答します。
  4. 「Buy Licenses(ライセンス購入)」画面が表示されるので「Free」項目下の「Download Now」ボタンをクリックします。
  5. ダウンロードページが表示されるので「Windows」項目下の「Download」リンクをクリックしてダウンロードします。
    ※ Mac 版、Linux 版はそれぞれの項目下の「Download」リンクをクリックしてダウンロードします。
  6. ダウンロードしたセットアップファイルからインストールします。

使い方

基本的な使い方

動画を編集する準備(プロジェクトを作成する)
  1. 本ソフトを起動するとメイン画面が表示されます。
    画面左上の「Create a new project」ボタンをクリックします。
    スタート画面 - 「Create a new project」をクリックして新規プロジェクトを作成

    スタート画面 - 「Create a new project」をクリックして新規プロジェクトを作成

  2. 画面中央に「New project details」ウィンドウが表示されます。
    Name(プロジェクト名)を入力、Frame rate(フレームレート、Auto/Mixed rates/24fps~60fps)を選択して「Create」ボタンをクリックします。
    ※ 必要に応じて Custom metadata、Notes を入力します。
    新規プロジェクト名、フレームレートを設定

    新規プロジェクト名、フレームレートを設定

  3. 作成したプロジェクトが開きます。
    動画ファイルをドラッグ&ドロップするか、「Local Files」タブから動画ファイルのあるフォルダーを指定してサムネイルをダブルクリックして「Project Contents」タブに追加できます。
    動画ファイルを読み込むとサムネイルで表示

    動画ファイルを読み込むとサムネイルで表示

  4. 画面最上部の「LOG」が選択されているところを「EDIT」をクリックします。
  5. 「EDIT」画面が表示されます。
    左上のサムネイルで表示されている動画ファイルを選択し、画面下部のタイムラインにドラッグ&ドロップします。
    ドラッグ&ドロップしてタイムラインに追加

    ドラッグ&ドロップしてタイムラインに追加


動画をカットする(不要部分を削除する)
  1. 最初に動画を分割します。
    タイムラインの icon を動かして分割したい位置に移動します。
  2. C キーを押すと動画が2つに分割されます。
  3. 削除したい方の動画のタイムラインの上で右クリックして「Delete」をクリックすると、動画を削除できます。
    ※ 動画の一部のみを削除したい場合は、削除したい開始位置で C キーを押し、削除を終了したい位置で C キーを押して分割しておき、右クリックして「Delete」をクリックすればOKです。

動画にテキストを追加する
  1. 画面最上部の「VFX」をクリックして「VFX」画面を表示します。
  2. タイムラインのテキストを追加したい動画の追加したい時間の上で右クリックし、「Add」⇒「Titles」とクリックします。
  3. 画面右のプレビュー中央に「Sample Text」と表示され、画面左に「Titles」項目が表示されます。
    画面左の「Sample Text」を編集すると画面右のプレビューに反映されます。
    画面右のプレビューのテキストをドラッグして任意の位置に移動可能です。
    ※ 日本語は入力できませんが、テキストエディター等で作成した文章をコピペすれば反映されます。
    テキストを追加

    テキストを追加

  4. Font(フォント・太字など) / Face(色) / Poisition(位置) / Shadow(影) / Outline(囲み線) / Effects などを調整できます。

動画に音楽を追加する
  1. 画面最上部の「EDIT」をクリックして「EDIT」画面を表示します。
  2. 追加したい音楽を、画面左上の動画のサムネイルの場所にドラッグ&ドロップで追加します。
  3. 音楽ファイルをタイムラインの A3 - A4 の位置にドラッグ&ドロップすればOKです。
  4. 元の動画ファイルの音声を消したい場合は、タイムライン左の A1 - A2 をクリックすると、グレイ表示となり動画の音楽が再生されなくなります。
    音楽ファイルの追加

    音楽ファイルの追加


動画に画像を追加する
画像ファイルをドラッグ&ドロップして読み込み、タイムラインにドラッグ&ドロップすればOKです。

動画の編集をやり直す
Ctrl + Z キーを押すと、1つ前の編集に戻すことができます。
もう一度押すと2回前の編集に戻ります。

戻しすぎた場合は Ctrl + Y キーを押すと、元に戻す前の状態に戻してやり直すことができます。

動画を保存する
  1. 画面最上部の「EDIT」をクリックして「EDIT」画面を表示します。
  2. タイムラインの何もない部分を右クリックし、「Export」⇒「YouTube」とクリックします。
    ※ 「Export」⇒「Vimeo」とクリックしてもOKです。
  3. Frame rate(フレームレート)、Size(サイズ)などを指定して「Start」ボタンをクリックすると動画の保存を開始します。
  4. 動画の保存が終わると、「Tasks Log」ウィンドウが表示されます。
    ファイル名をクリックすると、保存フォルダー(初期設定ではドキュメントフォルダー)が開きます。

動画の保存する範囲を指定する
保存したい動画の範囲を指定できます。
  1. 画面最上部の「EDIT」をクリックして「EDIT」画面を表示します。
  2. タイムラインの icon を動かして開始したい位置に移動します。
    画面右上のプレビューにある Add an in mark at the current position をクリックすると、開始位置を指定できます。
    Add an in mark at the current position をクリックする代わりに I キーを押してもOKです。
  3. 同様に、タイムラインの icon を動かして終了したい位置に移動します。
    画面右上のプレビューにある Add an out mark at the current position をクリックすると、開始位置を指定できます。
    Add an out mark at the current position をクリックする代わりに O キーを押してもOKです。
    動画の保存範囲を指定する

    動画の保存範囲を指定する

  4. 開始位置と終了位置を指定できたら、タイムラインの何もない部分を右クリックし、「Export」⇒「YouTube」とクリックして保存します。

更新履歴

Version 2022.3.1 revision 138007
(2022/11/08)
  • HDR ワークフローの追加
  • 描画/作成 エフェクト マスク
  • カスタム レイアウト テンプレートの作成と定義
  • 機能アイコンの追加
  • エフェクトとトランジションの改善
  • OpenEXR メディアのサポート

Version 2022.3 revision 137309
(2022/10/07)
  • BMD ハードウェアで報告されたいくつかの問題を解決する最新の Blackmagic SDK にアップデート
  • エラーログをいっぱいにするオーディオデバッグ情報を削除しました
  • 危険な .PNG ファイルに遭遇するメモリ処理の問題を解決しました
  • Lightworks アーカイブから一部のメディアがオンラインで復元されない問題を修正

Version 2022.3 revision 137093
(2022/09/29)
  • Delete キーでクリップボードを削除できないようにしました
  • Epidemic Sound のリンクを Web サイトに更新しました。
  • Alt+ドラッグで VFX をコピーする問題を修正
  • .SRT ファイルをアプリケーションにインポートできない問題を修正
  • プロジェクト間でログが正常に受信/コピーされない問題を修正
  • 「コンプレッサー」エフェクトをクリップに追加して WAV にエクスポートするとクラッシュする可能性があった問題を修正
  • シーケンス内の正しい位置にあるクリップを使用して参照 AAF をインポートするが、クリップの間違った部分が使用される問題を修正しました。
  • MP3 ファイルが正しくインポートされない問題を修正
  • 埋め込まれた AAF エクスポートでホワイト ノイズが生成される問題を修正しました。
  • シーケンスのオーディオ プラグインのパフォーマンスの問題を修正
  • Waves オーディオ プラグインで発生する可能性があったクラッシュを修正
  • .psd およびその他のファイル タイプがインポートされない問題を修正
  • XDCAM EX ファイルが正しく再生されない問題を修正
  • 画像シーケンスを編集しようとするとクラッシュする可能性があった問題を修正

ユーザーレビュー

  • 1

    davinci resolveの方がよほどいいです

    ktktktkt
    ktktktkt
    投稿数: 1件
    Windows 10

    davinci resolveの方がよほどいいです。最近はHitFilm等の新規ソフトも出てきているのでもはやこれを使うメリットは皆無です

    6人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 1

    何度動画出力しようとしても失敗します

    香野 柚彦
    香野 柚彦
    投稿数: 1件
    Windows 10

    何度動画出力しようとしても失敗します。
    動画出力スタートのボタンをクリックしてすぐ失敗と表示されます。安定版・β版ともに同様です。このバグはフォーラム(英語)で3週間以上前に報告されているようですが、いまだに解決策は提示されていません。
    他のソフトにしましょう。
    https://www.lwks.com/index.php?option=com_kunena&func=view&catid=23&id=242086&Itemid=81#242086

    7人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 2

    無料版でかなりの機能が使えますが、書き出しが720pまでなので、画…

    tsuchi
    tsuchi
    投稿数: 1件
    Windows 10

    無料版でかなりの機能が使えますが、書き出しが720pまでなので、画質を気にする人にとっては実質全く使えないと言って良いかと思います。

    うたい文句は「プロ仕様」となっているようですが、とてもそうとは思えないほど操作性が悪いです。「操作が独特」なのではなく、単純にプログラムとしての仕上がりが非常に甘いと感じます。

    安かろう、悪かろう。
    他のソフトをお勧めします。

    12人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?

Lightworks に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 4 件)