オンラインでフローチャート、マインドマップなどを作成できるウェブアプリ

Lucidchart のアイコン

Lucidchart
  • Web

提供元サイトへ

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

レビューを投稿する

対応OS:
Windows, macOS, Linux, Chrome OS, iOS, Android

フローチャート、ネットワーク図、実体関連図、マインドマップなどを作成できるウェブアプリです。
方眼紙の背景に図形を追加していき、作図することができます。
ブラウザー上での操作にもかかわらず、直感的に操作できるのが特徴。
ブレーンストーミングに利用できるマインドマップ、KJ法ツールとしてアイデアを効率化できます。

提供元:
制作ソフト一覧を見る
※ フリー版では個人利用のみ、作成できるドキュメントは3ファイルまで(削除すれば再び作成可能)、マインドマップ用の図形を利用できない、などの制限があります。

チュートリアル:マインドマップの作成(英語)

Lucidchart の使い方

開始

提供元サイトへアクセスして開始します。

使い方

初期設定(ユーザー登録)

  1. 提供元サイトへアクセスし、「マインドマップを無料で作成」ボタンをクリックします。
  2. 「料金プランの選択」画面が表示されます。
    「フリー」をクリックし、画面下の「フリーの使用を続行」ボタンをクリックします。
  3. 氏名、メールアドレス、パスワードを入力して「アカウントを作成」ボタンをクリックします。
    ※ または「Google」ボタンをクリックして登録することもできます。
  4. 「Lucidchart へようこそ!」画面が表示されます。
    アンケートが表示されるので、回答していくと次の画面に進みます。
    ※ 回答せず、「図の作成を開始」ボタンをクリックしても次の画面に進みます。
  5. 登録が完了し、「こんにちは」画面が表示されます。
    ここではいったん「キャンセル」ボタンをクリックしてウィンドウを閉じます。

マインドマップを作成する

  1. 提供元サイトへログインし、画面左の「+新規」ボタンをクリックし、表示されたメニューから「Lucidchart 文書」をクリックします。
  2. 「空白の図」ページが表示されます。
    画面左から利用したい図形を方眼紙へドラッグ&ドロップし任意の位置へ配置します。
    次のような操作ができます。
    • 図形クリック時に表示される サイズ変更 をドラッグしてサイズを変更する
    • 図形クリック時に表示される 図形から線をドラッグ をドラッグして線を引く
    • 図形をダブルクリックでテキストを編集する
    • 図形をクリックして選択し、画面上部のツールバーからテキスト色、フォント、フォントサイズ、背景色、ボーダー色などを編集する
    • 画面左上の 他の図形 をクリックして他の図形を追加して利用する
    • 画面左上の ファイルをインポート をクリックしてローカルの画像ファイルを追加して利用する
    • 右クリック+ドラッグでマップ内を移動する
      ※ ハンドツール表示になります。
  3. Ctrl + マウスホイールのスクロールでズームイン、ズームアウトの調整も可能です。
  4. 作成した図形はアカウントに自動保存されるほか、メニューバーから「ファイル」⇒「エクスポート」とクリックして次のような形式にダウンロードできます。
    • PDF
    • PNG
    • PNG(透明な背景)
    • JPEG
    • SVG
    • SVG(透明な背景)

テンプレートを利用する

  1. 管理画面左の「+新規」ボタンをクリックし、表示されたメニューから「テンプレートで開始」をクリックします。
    「+新規」⇒「テンプレートで開始」
  2. カテゴリからテンプレートを選択できます。
  3. 例えば「サポート プロセスフロー図」のテンプレートを選択した場合は次のように表示されます。
    ここから利用したい内容に編集していきます。

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?