大量の圧縮ファイルの連続解凍を高速に便利にするために作られた解凍ソフト

MachinGun Extractor のアイコン

MachinGun Extractor

ダウンロード

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

レビューを投稿する

対応OS:
Windows 98/Me/2000/XP/Vista/7
バージョン:
1.49(2012/04/07)

ドラッグ&ドロップでの解凍に対応し、ファイルのフルパスが記載されているCSVやテキストファイルを読み込んで連続解凍することもできます。
また、解凍完了時に完了通知メールの送信設定も可能です。

提供元:
● 圧縮形式 : lzh, zip, cab, tar, tgz, tbz, gza, bza, yz1, 7z
● 解凍形式 : lzh, zip, cab, tar, tgz, tbz, gza, bza, yz1, 7z, taz, gz, bz2, z, rar
統合アーカイバ・プロジェクトよりDLLのダウンロードが必要です。

MachinGun Extractor の使い方

ダウンロード

  1. こちらへアクセスしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(MGunEx149.exe)からインストールします。

使い方

更新履歴

Version 1.49 (2012/04/07)
  • WindowsVista/7にて書庫閲覧ウィンドウでのファイル名ダブルクリックで関連づけを利用して起動できないバグを修正。
  • YZ2DEC.EXE、RK.EXEをインストールしている場合に、WindowsVista/7でバージョン情報が表示できないバグを修正。
  • 共用ウィンドウメッセージIDを変更しました。

Version 1.48 (2007/02/18)
  • 書庫閲覧ウィンドウにてフォルダごと格納されているファイルが解凍できないバグを修正(解凍ができないため実行もできません)。
  • 書庫閲覧ウィンドウにD&Dできないバグを修正(Ver1.47のエンバグ)。
  • 書庫が登録されていないときにソートすると落ちるバグを修正。
  • インストーラーをEXEpressCX Ver.5.01に変更。

Version 1.47 (2007/01/14)
  • オンラインマニュアルのリンク先を変更しました。
  • BH32.DLL,YZ2.DLLについて残っていたコードを削除しました。
  • 書庫閲覧ウィンドウでListViewを使うようにしました。
  • UNZIP32.DLLが使用不可で、7-ZIP32.DLLが使用可能の時に、オプションでZIP書庫に関連づけできるようにしました。
  • 7-ZIP32.DLLが有効で、UNZIP32.DLLが無効の時、自動的に7-ZIP32.DLLを使うようにしました(どちらも有効であれば今までと同様にオプションで選択式です)。
  • YZ2書庫の解凍にyz2dec.exeを使うオプションを削除。
  • yz2dec.exeを使用してファイル操作時、ファイルが空白を含んだパスにあるとき、失敗するバグを修正。
  • MachinGunArchiverのコードを統合(コンパイル時にはずしています)。
  • インストーラーをEXEpressCX Ver.4.31に変更。

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?