一定時間ごとに強制的にモニターの電源をオフにしてくれるソフト

MonitorOffTimer のアイコン

MonitorOffTimer

ダウンロード

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

レビューを投稿する

対応OS:
Windows XP/7
バージョン:
1.0.5(2017/01/22)

一定時間(120秒ごと)にモニターの電源を切り、画面を真っ暗にできるソフトです。
動画を再生している場合など、「コントロールパネル」⇒「ハードウェアとサウンド」⇒「電源オプション」にて設定できる、「ディスプレイの電源を切る」設定が有効にならない場合があります。
本ソフトを利用すれば、120秒ごとに強制的にモニターの電源をオフにします。
また、ソフト画面の「モニタ電源OFF」ボタンをクリックすることで、すぐに消すこともできます。

提供元:

MonitorOffTimer の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、「MonitorOffTimer105.zip」リンクをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(MonitorOffTimer105.zip)を解凍し、MonitorOff_closing.exe または MonitorOffTimer.exe から起動します。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

使い方

モニターの電源を切る

次の2つのソフトが同梱されています。
  • MonitorOff_closing.exe
  • MonitorOffTimer.exe

MonitorOff_closing.exe
本ソフトを利用すると、すぐにモニターをオフにできます。
タイマー機能はありません。

MonitorOffTimer.exe
本ソフトを利用すると、モニターをオフにして、メイン画面を表示します。
MonitorOffTimer - メイン画面

メイン画面は最前面表示され、次の操作ができます。
  • 「モニタ電源OFF」ボタンをクリックしてすぐにモニターをオフにする
  • 120秒ごとの「自動OFFタイマー」の On/Off

コマンドライン

コマンドラインのパラメータを設定することで、次の設定が可能です。
  • /TIME=任意の秒数(1~86,400秒)
    120秒以外にタイマーの秒数を設定できます。
  • /ON
    起動時にモニターの電源を切らないように設定できます。
  • /DELAY=任意の秒数(1~86,400秒)
    起動するまでの待ち時間を設定できます。
  • /LOOP
    タイマーを何回連続で動作させるか設定できます。

更新履歴

Version 1.0.5 (2017/01/22)
  • 開発環境をVisual Studio 2017 RCに更新
    (コード部分の修正はありません)

Version 1.0.4 (2015/07/26)
  • コマンドラインパラメータに/DELAY=秒数, /LOOP=回数を追加
    ※/DELAYパラメータはMonitorOff_closing.exe、MonitorOffTimer.exe両方に対応
  • MonitorOffTimerのUIにモニター消灯までの「残り秒数」を追加

Version 1.0.3beta (2014/01/13)
  • MonitorOff_closing.exeに「起動→モニタの電源OFF→2秒待機→再度モニタの電源OFF→終了」という処理を仮実装(Ver.1.0.3限定)

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?