ディスプレイごとに明るさを調整できるソフト

Twinkle Tray のアイコン

Twinkle Tray

  • 海外
  • 日本語○
  • 寄付歓迎

ダウンロード寄付する

対応OS:
Windows 10/11
バージョン:
1.14.8 / 1.15.0 Beta 2(2022/11/28)
価格:
無料

タスクトレイアイコンからディスプレイごとに明るさを調整できるソフトです。
すべてのディスプレイの明るさをまとめて調整することも可能です。
また、指定時刻に明るさを自動で変更したり、ショートカットキーを設定して明るさの調整やディスプレイの電源をオフにしたりすることもできます。

提供元:

Twinkle Tray の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、「Download Twinkle Tray」ボタンをクリックしてダウンロードします。
    ※ ベータ版をダウンロードする場合は GitHub へアクセスしてダウンロードします。
    Microsoft Store 版はこちらからダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(Twinkle.Tray.v1.14.8.exe)からインストールします。

使い方

基本的な使い方

本ソフトを起動すると、タスクトレイicon アイコンが表示されます。
icon アイコンをクリックすると、「明るさの調整」画面が表示されます。
タスクトレイアイコンクリックで「明るさの調整」画面を表示

タスクトレイアイコンクリックで「明るさの調整」画面を表示


各ディスプレイのスライダーを動かして明るさを調整できます。
また、「明るさの調整」画面右上のアイコンは次の内容となっています。
  • すべて同時に設定 … 一つのスライダーですべてのディスプレイの明るさをまとめて調整できるようになります。
    すべてのディスプレイをまとめて調整する

    すべてのディスプレイをまとめて調整する

  • ディスプレイの電源を切る … すべてのディスプレイをオフにします。
  • 設定 … 設定画面を表示します。
    設定 - 一般

    設定 - 一般


表示するディスプレイ名を変更する
「設定」画面左の「ディスプレイの設定」をクリックし、「ディスプレイの名前の変更」項目のテキストボックスに入力した名前がディスプレイ名として表示されるようになります。
※ 本ソフト上でのみ有効です。
設定 - ディスプレイの設定

設定 - ディスプレイの設定


変更されます。
※ 元に戻したい場合は入力した名前を削除してテキストボックスを空にすれば元に戻ります。
ディスプレイ名を変更

ディスプレイ名を変更



時間によって明るさを調整する
「設定」画面左の「時間で調整」をクリックし、「+ 時刻の追加」ボタンをクリックして時刻ごとに明るさが変わるように設定することができます。
設定 - 時刻による調整

設定 - 時刻による調整



ショートカットキーを利用する
「設定」画面左の「ショートカットキーなど」をクリックし、明るさの調整やディスプレイの電源を切るためのショートカットキーを設定することができます。
設定 - ショートカットキーなど

設定 - ショートカットキーなど



更新履歴

Version 1.15.0 Beta 2
(2022/11/28)
  • 新機能と改善点
    ・アイドル検出のバグを修正しました。
    ・右クリック メニューの UI バグを修正しました。
    ・フォーカス処理の改善。

Version 1.15.0 Beta 1
(2022/11/28)
  • 新機能と改善点
    ・Windows 11 スタイルを使用する場合のホットキー オーバーレイの新しい UI を実装しました。
    ・時刻調整コードをリファクタリングして、信頼性を高めました。
    ・時刻調整は、ほとんどの条件下でユーザーのトランジション設定を使用するようになりました。
    ・1 日を通して、現在と次の時刻調整時間の間をアニメーション化するオプションが追加されました。
    ・現在の時刻調整をトリガーする CLI オプションを実装しました。
    ・アイドル検出システムと UI をリファクタリングして、より柔軟で正確になりました。
    ・システム トレイの右クリック メニューに、アイドル検出と時刻調整を一時停止するためのオプションを追加しました。
    ・起動時に CPU/RAM を過度に使用する可能性があるバグを修正しました。
    ・ローカライズを更新しました。

Version 1.14.8
(2022/11/24)
  • 修正と改善
    ・Windows 10 テーマを使用しているときにスリープから復帰する際のエラーを修正しました。
    ・パネルをズームする望ましくない機能を無効にしました。
    ・ディスプレイの電源状態に使用される調整された VCP コード。
    ・新しい CPU/メモリの最適化を実装しました。
    ・アイドル検出コードにエラー キャッチを追加しました。
    ・調整されたモニター検出コード。
    ・ローカライズを更新しました。
    ・依存関係を更新しました。

ユーザーレビュー

  • 1

    3つあるモニタに対しディスプレイの電源を切るショートカットを行った…

    tagehate
    tagehate
    投稿数: 1件
    Windows 10

    3つあるモニタに対しディスプレイの電源を切るショートカットを行ったところモニタのうち一つがNoSignalとなり全く応答しなくなりました。
    非常に危険です。GPUの口を変えたところモニタは映ったので物によってはGPUの口が一つ死にます。ディスプレイを切る機能は絶対に使わないほうがいいでしょう。

    8人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 5

    通常、モニターの明るさを変えようと思ったら、モニターの物理ボタンか…

    ナポリタン寿司
    ナポリタン寿司
    投稿数: 36件
    Windows 10

    通常、モニターの明るさを変えようと思ったら、モニターの物理ボタンからですが、こちらのソフトを使えばタスクトレイアイコンから簡単に明るさ変更できるのでとても便利です。

    以前、名前は忘れましたが同じようなソフトを使用したのですが、そちらではなぜかモニターの明るさを変更できませんでした。モニターによって相性があるとは思いますが、こちらではメインモニター、サブモニターともに問題なく機能しました。

    【僕のモニター情報】
    メイン:ASUS フレームレス モニター VZ239HR 23インチ
    サブ:I-O DATA モバイルモニター 15.6インチ

    また、ただ明るさを変更するだけでなく、時間による調整や、3つの中から選べるアイコン、モニター名の名前変更など痒い所にも手が届きます。

    こんなこと言うのもあれですが、正直デフォルトのアイコンがあんまり好きじゃなかったです。しかし、僕のイメージしている明るさ調整=太陽のマークのアイコンも用意されてあったので最高です。

    また、一つ注意点ですが、時間で明るさ調整する時は、2つ以上の時刻を決めた方がいいです。1つだけだとその明るさで変更されたままで元の明るさには戻りません。例えば、夜20:00以降は50%にして、朝の7:00に元に戻すように100%を設定しとけばうまい具合に循環します。

    2人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?