時間帯に合わせて色温度を調整し、目を保護できるフリーソフト

f.lux のアイコン

f.lux
  • 海外
  • 日本語✕

ダウンロード

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10, Mac OS X, Linux, Android
バージョン:
4.104(2019/05/08)

日中の明るい時間帯は見やすいように弱めに、夕方から夜にかけては強めにして色温度を調整し、見やすさを保ちつつ目を保護できます。
ブルーライトを減らすため、画面は黄色味がかって見えますが、しばらく見ていると慣れてきます。
実際の色合いがわかりづらくなるため、デザインを確認するために解除したい場合があれば、1時間だけ無効にする設定やソフト自体を終了することで元の状態に戻すことができます。

提供元:

f.lux の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、「Download f.lux」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(flux-setup.exe)からインストールします。
    ※ 本ソフトの利用には Windows の再起動が必要ですが Windows を再起動しなくても利用できます。

使い方

初期設定(現在値を指定する)

  1. 本ソフトをインストールすると、画面右下に「Where am I?」画面が表示されます。
    「Please enter a zipcode or location(郵便番号か場所を入力してください)」のテキストボックスに場所(ローマ字)か郵便番号を入力し「Search」ボタンをクリックします。
    例として、郵便番号の場合は「164-0002」、場所の場合は「Nakano」と入力して、「Search」ボタンをクリックします。
    ※ 日の出、日没の時間を推定するために必要な情報なので、おおよその位置で問題ありません。
    場所を設定する
  2. 指定した場所の地図が表示されたら「OK」ボタンをクリックします。

メイン画面の設定を調整する

タスクトレイicon アイコンをクリックすると、本ソフトのメイン画面が表示されます。

バイオリズムのグラフ部分
バイオリズムのようなグラフにある、ポインタ が現在の時間帯です。
グラフをクリックすると、24時間の各時間帯の色合いをプレビューを表示できます。

明るさのスライドバー部分
スライドバー
上記のスライドバーを動かすと6500K~1900Kの範囲で現在の明るさを調整できます。

起床時間を指定する
7:30 is my earliest wake time.(7:30は私の一番早い起床時間です。)を調整すると、バイオリズムのグラフが起床時間にあわせて変化します。

他のバイオリズムを利用する
画面右上の「Recommended Colors」をクリックして、他のバイオリズムを指定できます。
  • Recommended Colors(推奨色)
  • Reduce Eyestrain(目の緊張を軽減する)
  • Classic f.lux(前バージョンまでの f.lux)
  • Working Late(作業が遅れている)
  • Far from the Equator(赤道から遠い)
  • Cave Painting(洞窟壁画…暗闇で利用する場合に適している)
  • Color Fidelity(色に忠実…少し控えめな設定)

メニューの設定を調整する

メイン画面左上の メニュー をクリックして次の設定を調整できます。
  • Adjust day and night colors together(昼と夜の色を一緒に調整する)
    Daytime(日中)、Sunset(日没)、Bedtime(就寝時)のそれぞれの明るさを調整できます。
  • Options and Smart Lighting...(オプションとスマートな照明)
    次のようなオプションを指定できます。
    • Backwards Alarm Clock (notifications at bedtime)(バックグラウンドの目覚まし時計(就寝時に通知する)
    • Use wider slider ranges (1200K-9300K)(より広い範囲のスライダーを利用する)
    • Use these hotkeys to control f.lux(ホットキーを利用する)
    • How quickly should transitions happen?(どのくらい素早く行われるか?)
      • Slow: Natural Timing(遅い:自然なタイミング)
      • Medium: Adapt your eyes(中程度:目にあった調整)
      • Very Fast: Gaming(非常に速い:ゲーミング)
    • Use display data for better color accuracy(表示データを使用して色の精度を向上させる)
    • Software mouse cursor when needed (fixes "white cursor")(必要に応じてソフトウェアマウスカーソルを修正する(「ホワイトカーソル」を修正))
    • Update f.lux automatically(本ソフトを自動アップデートする)
  • Change current color(色を変更する)
    次のプリセットから色を指定できます。
    • 1200K: Ember
    • 1900K: Candle
    • 2300K: Dim Incandescent
    • 2700K: Incandescent
    • 3400K: Halogen
    • 4200K: Fluorescent
    • 5500K: Sunlight
    • 6500K: Daylight
    Change current color
  • Effects and extra colors(効果と他の色)
    次のエフェクトを指定できます。
    • Movie Mode(映画モード)
    • Darkroom Mode(暗室モード)
    • Vignette Mode(ビネットモード)
    • Soft White(ソフトホワイト)
    • Blue Sky(青空)
    • Macular Pigment(黄斑顔料)
    • Emerald City(エメラルドシティ)
    • Himalayan Salt Lamp(ヒマラヤソルトランプ)
    • Civil Twilight(シビルトワイライト)
  • Disable(無効にする)
    次のいずれかの条件を指定して無効にできます。
    • for an hour (Alt-End)(1時間後)
    • until sunrise(日の出まで)
    • for fullscreen apps(フルスクリーンアプリケーション使用時)
    • when using GNU Image Manipulation Program(GNU画像操作プログラムを使用時)

更新履歴(英語)

Version 4.104 (2019/05/08)
  • -

Version 4.103 (2019/04/30)
  • We are seeing a memory leak from a bug in the latest version of Windows 10 (18362). This build slows down the leak, and for now, we’ve made f.lux restart (quietly) when RAM usage gets too high. Hopefully this will be fixed soon.
  • The “surface keys” menu item is visible again in options

Version 4.100 (2019/04/04)
  • Adds per-monitor disable for people with TVs and e-Paper displays
  • Fixes a Philips Hue brightness problem
  • Fixes a problem that broke Darkroom below 1900K
  • Adds option to turn off GPU usage below 1900K (off for Windows 7)
  • Fixes maps “search” button
  • Defers to corporate installs on same machine
  • Handles unicode menus better
  • Makes disable until morning wait until after sunrise
  • Fixes for Windows Insider (18351+)

ユーザーレビュー

  • 5

    現最新版は、v4.99(2019/03/28 公開)です。 …

    owl
    owl
    投稿数: 299件
    Windows 10

    現最新版は、v4.99(2019/03/28 公開)です。
    自動更新機能が廃止されているので、既存ユーザーは手動更新(上書きインストール)が必要です。

    更新内容(意訳)
    https://justgetflux.com/news/pages/v4/readme/
    バージョン 4.99:モニターごとに無効にする
    ・テレビや電子ペーパーディスプレイを使用している人のモニターごとの無効化を追加
    ・Philips Hueの明るさの問題を修正
    ・Darkroomが1900K以下になった問題を修正
    ・1900K以下のGPU使用を無効にするオプションを追加(Windows 7の場合は無効)
    ・マップの「検索」ボタンを修正
    ・同じマシンへの企業インストールの延期
    ・Unicodeメニューをよりよく処理
    ・朝まで無効にして、日の出後まで待つ
    ・Windows Insider(18351+)に対する修正

    考察:ブルーライトについて
    https://justgetflux.com/research.html

    2人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 5

    【追記あり】現、最新版は「v4.84」です。 https:…

    owl
    owl
    投稿数: 299件
    Windows 10

    現、最新版は「v4.84」です。
    https://justgetflux.com/

    他に、v4.94 beta(モニターごとに無効可能な仕様)もラインナップされています。
    Windows ユーザーは、f.lux 4系の「beta]版を利用可能です。
    //forum.justgetflux.com/topic/3675/f-lux-beta-for-windows

    FAQ https://justgetflux.com/faq.html

    Readme(リリースノートを含む)
    //justgetflux.com/news/pages/v4/readme/
    version 4.84:November 2018
    「Grayscale」モードを追加し、有効(無効)化の切り替えを簡単にできるように「ホットキー」を設定しました:[Windows]+[end]
    いくつかのバグ修正もあります。
    解説(意訳)
    「Grayscale」モードでは、ディスプレイ表示域の全て(アイコン、ファビコン、タスクバーなど)をグレー調のモノカラーにします。「Grayscale」モードであってもブルーライト(紫外線:不可視光線)は減衰できないので、f.lux の機能によって減衰が図られています。


    テーマ(背景)は「Dark」モードを好みます。しかし、OSやアプリの制約で中途半端なものばかりです。
    「Grayscale」モードは、PC起動中の全てのシーンで、完全なモノカラーとブルーカットを実現できます。「ホットキー」で有(無)効化も簡単です。調光も自在なので、お気に入りの機能です。


    「自動更新機能」は、脆弱性のリスクを生む機能として問題視されています。
    当アプリは、その観点を踏まえ「廃止」されています。
    更新版は、手動で入手する必要があります(上書き更新されます)。

    4人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 5

    いつもお世話になってます。このソフトのおかげでだいぶ目の疲れ…

    二人セボン
    二人セボン
    投稿数: 1件
    Windows 10

    いつもお世話になってます。このソフトのおかげでだいぶ目の疲れが軽減されていることを実感します。
    最初はちょっと黄色すぎると思ったけれど、徐々に慣れてきて今ではすっかり気づかなくなりました。時間とともに自然に画面が黄色みがかっていくので、使っている間は全然気づかないのですがトイレから戻ってくるとすごく黄色くなっててびっくりすることがあります(笑)

    7人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい

f.lux に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 34 件)