画面をキャプチャーするとウィンドウ化されて付箋のように配置できるソフト

Rapture のアイコン

Rapture

ダウンロード

対応OS:
Windows 95/98/Me/NT/2000/XP/Vista/7/8/8.1/10
バージョン:
2.4.0(2019/02/03)

本ソフトを起動した後ドラッグすると、その範囲がキャプチャーされてウィンドウ化されるソフトです。
キャプチャーウィンドウは最前面表示されるため、ウィンドウを切り替えずに作業できるメリットがあります。
また、複数作ることができるので、ちょっとした付箋のようにキャプチャーウィンドウを並べることも可能です。
キャプチャーはそのまま保存(BMP / JPG / PNG)したり、クリップボードにコピーしたりでき、回転、反転、テキストの挿入、蛍光ペンによる描画が可能です。

提供元:

Rapture の使い方

ダウンロード

  1. こちらへアクセスすると、自動でダウンロードを開始します。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(rapture-2.4.0.zip)を解凍し、rapture.exe から起動できます。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

使い方

キャプチャーする

  • 本ソフトを起動し、任意の範囲をドラッグするとキャプチャーでき、ウィンドウ化(以下、キャプチャーウィンドウと呼びます)します。
  • フォルダーブラウザーなどのウィンドウの枠をクリックすると、そのウィンドウ全体をキャプチャーできます。
  • 本ソフトを起動したものの、キャプチャーするのをやめる場合は、右クリックします。
複数のキャプチャーウィンドウ


キャプチャーを保存する

次のどちらかの手順で保存できます。
  • キャプチャーウィンドウ上で Ctrl + S キーを押す
  • 右クリックして表示されるメニューから「ファイル」⇒「保存」とクリックする

コピーする
右クリックメニューの「編集」⇒「コピ」から、キャプチャー画像をクリップボードにコピーできます。

キャプチャーを編集する

蛍光ペン
  • キャプチャーウィンドウ上で Ctrl キーを押しながらドラッグすると、蛍光ペンで線を引くことができます。
  • キャプチャーウィンドウ上で右クリックし、「色」から色の変更、「線幅」から線の太さを4段階から選択できます。
  • Shift + Ctrl キーを押しながらドラッグすると、直線を引くことができます。
蛍光ペン


元に戻す、やり直す
  • 元に戻す
    Ctrl + Z キーを押すか、右クリックメニューの「編集」⇒「元に戻す」から実行できます。
  • やり直し
    元に戻したものを戻せます。
    Ctrl + Y キーを押すか、右クリックメニューの「編集」⇒「やり直し」から実行できます。

テキストを挿入する
キャプチャーにテキストを挿入できます。
  1. 右クリックメニューから「テキスト」をクリックします。
  2. 「テキスト入力」ウィンドウが表示されます。
    「テキスト」部分に挿入したいテキストを入力し、キャプチャー上でクリックした場所に挿入できます。
    「テキスト入力」ウィンドウ
  3. 「フォント」ボタンや「色」ボタンをクリックして、挿入するテキストのフォントや色を変更できます。

画像の切り出し
キャプチャーウィンドウ上で Shift キーを押しながらドラッグして、範囲を選択します。
  • 横ぶっこ抜き
    選択した範囲とその左右の水平方向すべてを削除します。
    Ctrl + R キーを押すか、右クリックメニューの「編集」⇒「横ぶっこ抜き」から実行できます。
  • 縦ぶっこ抜き
    選択した範囲とその上下の垂直方向すべてを削除します。
    Ctrl + E キーを押すか、右クリックメニューの「編集」⇒「縦ぶっこ抜き」から実行できます。
  • トリミング
    選択した範囲のみを切り出します。
    Ctrl + T キーを押すか、右クリックメニューの「編集」⇒「トリミング」から実行できます。

回転/反転
キャプチャーウィンドウ上で、右クリックメニューの「回転」から、左回転、右回転、左右反転、上下反転できます。
左右反転


連結する
クリップボードにコピーされたイメージを連結させることができます。
キャプチャーウィンドウ上で、右クリックメニューの「連結」から、上に連結、下に連結、左に連結、右に連結できます。

更新履歴

Version 2.4.0 (2019/02/03)
  • アルファ付きPNGの表示を改善。
  • 任意の回転を追加。
  • バージョン情報のURLを変更。
  • libjpeg,libpngを更新。
  • その他細かい修正。

Version 2.3.0 (2017/06/11)
  • ウィンドウの外観を変更できるようにした。
  • Escで終了できるようにした。
  • メニューに終了を追加。
  • ウィンドウのタイトルを取得する際、対象となるウィンドウを選択範囲の中央で判定するように変更。
  • タイトルバーのないウィンドウでもタイトルを取得するように変更。
  • ファイル名等に使える文字に「%Y」を追加した(「%y」と逆な気もするけど今更変えられない…)。
  • スクロール時にもテキスト描画のデフォルト位置がずれていたのを修正。
  • zlib,libpngを更新。
  • その他細かい修正いろいろ。

Version 2.2.1 (2016/07/09)
  • Windows10でウィンドウサイズが正しく取得できるように対応。
  • ズーム時にテキスト描画のデフォルト位置がずれていたのを修正。
  • 印刷周りがいろいろおかしかったので作り直し。ついでに用紙サイズと向きを直接選択できるようにした。
  • libjpeg,libpngを更新。

ユーザーレビュー

  • 5

    外付けのタブレットからでも、ペンを使い線が引けたり文字が書け…

    watarin
    watarin
    投稿数: 117件
    Windows 7

    外付けのタブレットからでも、ペンを使い線が引けたり文字が書けました、
    保存は書いたのがJPG形式でも、そのまま保存できました、気になる事を
    手軽にキャプチャーできるので、普段使うのに役にたちそうです。

    14人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 5

    とてもお世話になってます。スクショより小回りが利いて、さっと…

    もころし
    もころし
    投稿数: 1件
    Windows 7

    とてもお世話になってます。スクショより小回りが利いて、さっと使えるし、マーカーをさっと引いて、メールに添付できるので効率がかなり良いです。おにぎり大好きでしたが、さらに好きになりました!

    14人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 5

    新しいPCを購入するとすぐに、ダウンロードして愛用しているア…

    権太
    権太
    投稿数: 1件
    Windows 10

    新しいPCを購入するとすぐに、ダウンロードして愛用しているアプリです。
    ・タスクバーにピン止めしておくのがおすすめです。

    キャプチャーする目的は、いくつもあると思います。

    ①停止すると広告が出てしまう動画を再生したまま瞬間を切り取る。
    ②画像を「自動保存」。
    ③他の「アクティブ状態が必須なアプリ」の 切り取り。
    ④ペイントソフトなどに、コピペする目的。
    ⑤参照目的。他の全画面表示の
    ソフトを操作するしながら、キャプチャー画像を参照する目的。

    いろんな使い方ができるのがうれしいところです。


    インストールがいらないのも良いところです。
    「キャプチャ方法の設定を残したまま」で、アプリを複製できるからです。

    4人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい