マウスカーソルを含めたデスクトップ画面を取り込んで画像ファイルとして保存することができるソフト

WinShot

WinShot

ダウンロード

対応OS:
Windows 95/98/Me/NT/2000/XP/Vista/7/8/8.1/10
バージョン:
1.53a(2007/05/15)

Windows のデフォルトで利用できる「PrintScreen(プリントスクリーン)」では、マウスカーソルごと画面をキャプチャーすることはできませんが、本ソフトならマウスカーソルごと画面を取り込むことができます。キャプチャーした画像は、GIF / JPG / BMPで保存できます。
キャプチャー範囲は、「画面全体」、「アクティブウインドウ」、指定範囲のみ取り込む「矩形範囲指定」、画面上の特定パーツのみを取り込む「コントロール/クライアント」です。キャプチャーした画像に対して、「リサイズ」、「減色」、「ネガポジ反転」、「白と黒を入れ替える」、「グレースケール変換」、「セピア」、「回転」、「画像」などの処理ができ、ホットキーを使ってマウスカーソルでまさに操作中の画面をキャプチャーすることが容易にできます。

提供元:

WinShot の使い方

ダウンロード

  1. こちらからダウンロードできます。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(ws153a.lzh)を解凍し、WinShot.exe から起動できます。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

ユーザーレビュー

  • 1

    全画面がキャプチャーを取ったつもりが途切れてしまう。 PC…

    usericon ゾルディック(1)Windows 10

    全画面がキャプチャーを取ったつもりが途切れてしまう。
    PCの解像度の問題か?

  • 1

    ツインモニターでメイン側しか取り込まないという致命的欠陥が。…

    usericon tesuta(1)Windows 7

    ツインモニターでメイン側しか取り込まないという致命的欠陥が。
    ツインじゃなければ十分使えるのではないでしょうか。

  • 4

    Windows 10 でも十分使用可能。ただ、GCさんが指摘…

    usericon ベルスピンシボロウ(1)Windows 10

    Windows 10 でも十分使用可能。ただ、GCさんが指摘しているように砂時計というか青い輪っかが表示されてマウスカーソルがキャプチャできないときがある。
    ここは通知領域からクイック設定の”時間差キャプチャを有効にする”にチェックを入れて、時間差でキャプチャするとマウスカーソルを含めたキャプチャが可能になる。裏技というかたまたま見つけた方法。
    他の方のレビューでも指摘されているが、一定以上の解像度だとキャプチャ不可能になる。マルチモニタを利用した場合、画面全体をキャプチャするのはまず困難だ。ここは開発終了しているソフトだけにそういう仕様だと割り切るしかないかな。

WinShot に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 30 件)