キャプチャーの履歴を保存でき、画像編集にも対応したキャプチャーツール

Screenpresso のアイコン

Screenpresso

  • 海外
  • 日本語○

ダウンロードアップグレード

上位版:ScreenPresso Pro

対応OS:
Windows 7/8/8.1/10/11, Windows Server 2012 以降
バージョン:
2.1.0(2022/05/24)

取得したキャプチャーがワークスペース(フォルダー)に次々と保存されていくので、必要なキャプチャーを必要な時に利用できるソフトです。
画像に楕円、四角形、矢印、テキストや吹き出しを追加でき、PNG / JPG / GIF / BMP / TIF / PRESSO / PDF フォーマットで保存できます。
フリー版でもデスクトップ上の簡単な動作を録画できる動画キャプチャー機能が利用できますが、動画の最後にロゴが挿入されます。
動画はアニメーションGIF / MP4 / WMV / OGV / WEBM で保存できます。

提供元:
※ FREE 版では録画した場合、録画した動画の右下へのロゴの挿入&動画の最後に Screenpresso.com の著作権表示が追加される、ワークスペースは最大2つまで、などの制限があります。

Screenpresso の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、「Screenpressoをダウンロードする」ボタンをクリックします。
  2. 「メールマガジンの購読」画面がポップアップします。
    メールマガジンが不要な場合は、左下の「スキップ」リンクをクリックするとダウンロードを開始します。
  3. ダウンロードしたセットアップファイル(Screenpresso.exe)を実行し、「同意します」にチェックを入れて「コンピュータにインストール」をクリックしてインストールします。
    ※ 「インストールせずに起動する」をクリックすると、インストール不要のポータブル版として本ソフトが起動します。
    インストール

    インストール

使い方

基本的な使い方の流れ

  1. 本ソフトを起動すると、ワークスペースが表示されます。
    ワークスペース

    ワークスペース

  2. PrtSc キーを押すなどしてキャプチャーするたびにワークスペースにキャプチャーがサムネイル形式で追加されていきます。
    キャプチャーがサムネイル形式で表示される

    キャプチャーがサムネイル形式で表示される

  3. ワークスペースのサムネイルを選択して Ctrl + C を押すとコピーして再利用できます。
    ※ その他、画像の編集、Google ドライブへのアップロードなどの操作が可能です。ワークスペースの操作については、後述の ワークスペース">ワークスペース にてご覧ください。

静止画キャプチャーを取得する

  • PrtSc キーを押すと、取得するキャプチャーの範囲を選択できます。
  • マウスでドラッグして任意の範囲をキャプチャーするか、赤い枠で囲まれている部分をキャプチャーできます。
  • 赤い枠で囲まれている部分は、マウスカーソルを動かすことで範囲が変更され、ウィンドウを枠ごと、ウィンドウ内のみ、ウィンドウの隠れている部分を含めたウィンドウ内全体、デスクトップ全体の取得ができます。
  • ウィンドウ内の隠れている部分を指定するには、赤い下向き矢印をクリックして指定できます。
    この機能を利用することで、Web ページ全体をキャプチャーすることもできます。

キャプチャーを編集する

キャプチャーした画像、動画はワークスペースから閲覧/コピー/編集/削除などできます。
  1. タスクトレイicon をクリックしてワークスペースを表示させた後、編集したいキャプチャーのサムネイルをダブルクリックします。
    キャプチャーがサムネイル形式で表示される

    キャプチャーがサムネイル形式で表示される

  2. Screenpresso エディターが表示されます。
    キャプチャーの編集画面

    キャプチャーの編集画面



    描画ツール
    画面左に並んでいる描画ツールを使って編集できます。
    上から順に次のツールを利用できます。
    • 矢印を描く
    • 四角形を描く
    • テキストを追加
    • 吹き出しを追加
    • 番号付けを追加
    • 強調(ハイライト)
    • 楕円を描く
    • ポリゴンを描画
    • フリーハンド
    • 指定の領域をぼかす
    • 画像を追加
    • ルーペを使う
    • 波括弧を描く
    矢印や四角形、テキスト、ぼかしなどの編集

    矢印や四角形、テキスト、ぼかしなどの編集

  3. 画像編集ツール
    画面上部に並んでいる画像編集ツールを利用して編集できます。
    左から順に次のツールを利用できます。
    • 切り取り/右に回転
    • 縮小
    • サイズ変更(画像のサイズを変更する)
    • キャンバスサイズの変更
    • 枠線(枠線に効果を適用する)
    縮小により一部を切り取り

    縮小により一部を切り取り

  4. 「確定」ボタンをクリックすると、ワークスペースのキャプチャーを上書きし、クリップボードにコピーされます。
  5. ワークスペース上で右クリックし、「別名で保存」ボタンをクリックすると名前をつけて保存(PNG / JPG / GIF / BMP / TIF)、「印刷」ボタンをクリックすると印刷できます。

録画する

デスクトップ全体や指定領域の動作を録画できます。
  1. タスクトレイの icon を右クリックし、録画(デスクトップ全体)、指定領域を録画をクリックして開始できます。
    タスクトレイアイコンの右クリックメニュー

    タスクトレイアイコンの右クリックメニュー


    ※ または、デスクトップ画面上部の少し飛び出して表示されているつまみのようなものにマウスカーソルをのせ、「録画」ボタンをクリックしても開始できます。
    デスクトップ上部から録画を実行

    デスクトップ上部から録画を実行

  2. ウィンドウ枠をドラッグして調整するか、プリセットされているウィンドウ枠サイズをプルダウンから選択します。
    録画の範囲をプリセットから選択

    録画の範囲をプリセットから選択

  3. 設定 をクリックして次のオプション調整が可能です。
    • 直接MP4に録画
    • キャプチャを遅らせて起動
    • カーソルを強調
    • マウスクリックを強調
    • 録音&マイク
    • システムサウンドを録音
    • 指定の時間で録画を停止(1分 ~)
    録画オプション

    録画オプション

  4. PrintScreen キーを押すか、記録を開始します をクリックすると録画を開始します。
  5. PrintScreen キーを押すと、録画を停止します。
    Screenpresso メディアプレーヤーで記録した録画を再生します。
    ※ 「追加の外部ソフトウェアが必要です」ウィンドウが表示されて ffmpeg のインストールが必要になるので、画面に従ってインストールします。
    ※ FREE 版では動画の右下へのロゴの挿入、最後の数秒間 Screenpresso.com の著作権表示が挿入されます。
    録画した動画を再生

    録画した動画を再生

  6. 画面下部の「保存(GIF)」ボタンからアニメーションGIF、「保存(MP4)」ボタンから MP4/WMV/GIF/OGV/WEBM 形式にて保存できます。

ワークスペース

ワークスペースで次の操作ができます。

閲覧する
ワークスペースのサムネイルを選択して Space キーを押すか、右クリックメニューから「クイックビューで見る」をクリックすると、本ソフトのビューアで画像を少し大きな表示で閲覧できます。
※ ビューア画面は、Space キーをもう一度押すか、ビューア画面右上の「×」をクリックすると閉じることができます。

コピーする
ワークスペースのサムネイルを選択して Ctrl + C を押すか、右クリックメニューから「クリップボードに画像をコピー」をクリックすると、コピーして再利用できます。
ワークスペースの右クリックメニュー

ワークスペースの右クリックメニュー



編集する
ワークスペースのサムネイルをダブルクリックすると、キャプチャーを編集できます。
※ サムネイルを選択して「編集」ボタンをクリックしても編集できます。編集ボタン横の▼をクリックすると、他の画像編集ソフトや画像ビューアソフトで開くことができます。
※ 編集については、キャプチャーを編集する をご覧ください。
ワークスペース - 「編集」ボタン右の▼クリック時のメニュー

ワークスペース - 「編集」ボタン右の▼クリック時のメニュー



共有する
ワークスペースのサムネイルを選択して「共有」ボタンをクリックして、取得したキャプチャーのサムネイルを手軽に公開・共有ができるようになります。
  • インターネット(ScreenpressoCloud)に共有
    ※ Screenpresso のクラウドスペースへアップロードされ、共有用のURLが発行されます。
  • e-mail で送信(メールで送信)
  • Google Drive に送信
  • OneDrive に送信
ワークスペース - 「共有」ボタンクリック時のメニュー

ワークスペース - 「共有」ボタンクリック時のメニュー



左下の「設定」をクリックすると設定画面が表示され、次のような SNS アカウントやメニューを追加したり、削除したりできるようになります。
※ 太字はデフォルトで選択されている項目。
共有の設定

共有の設定



キャプチャーする
「キャプチャ」ボタンをクリックして、次のどちらかからキャプチャーを利用できます。

指定領域のスクリーンショット
「スクリーンショット」をクリックして指定領域のキャプチャーを開始できるほか、▼ボタンをクリックして、次のキャプチャーを利用できます。
  • (指定領域の)スクリーンショット
  • 前回指定した領域のスクリーンショット
  • 全画面のスクリーンショット
  • スクリーンショットの起動を遅らせる
  • 自動スクロールを使ってスクリーンショット
  • カラーピッカー
  • テキストコピー(OCR)(※Pro版のみ)
  • QRコードのデコード(※Pro版のみ)

録画
「録画」をクリックすると録画を開始できるほか、「録画」横の▼ボタンをクリックして、次のキャプチャーを利用できます。
  • 録画
  • 指定領域の録画
  • アンドロイドセンター(※Pro版のみ)
ワークスペース - 「スクリーンショット」ボタンクリック時のメニュー

ワークスペース - 「スクリーンショット」ボタンクリック時のメニュー



複数のワークスペースを利用する
複数のワークスペース(フォルダー)を利用してキャプチャーを用途に合わせて管理できます。
  1. ワークスペース画面左上の icon をクリックすると、「デフォルト」と「新規」が表示されます。
    他のワークスペースの表示

    他のワークスペースの表示

  2. 初期設定ではすべて「デフォルト」のワークスペースに保存されます。
    「新規」をクリックしてフォルダーを追加できます。
    ※ FREE 版では追加できるフォルダーは1つまでです。
    新規ワークスペースの追加

    新規ワークスペースの追加


    このフォルダー同士でキャプチャーをドラッグ&ドロップして移動させることもできます。
    静止画と動画のフォルダーを分けるなどの用途でも利用できます。
    新しいワークスペースが追加された

    新しいワークスペースが追加された


ショートカットキー

  • 指定領域のスクリーンショット
    PrtSc キー
  • 前回指定した領域のスクリーンショット
    Shift + PrtSc キー
  • 全画面のスクリーンショット
    Shift + Ctrl + Alt + PrtSc キー
  • 自動スクロールを使ってスクリーンショット
    Win + Shift + PrtSc キー
  • 録画
    Ctrl + PrtSc キー
  • 指定領域の録画
    Shift + Ctrl + PrtSc キー

更新履歴

※ Google 翻訳で日本語にしています。
Version 2.1.0
(2022/05/24)
  • 改善
  • ・新しいキャプチャの開始が急速に進んでいます
    また、ハードウェアリソースをほとんど使用しません。
    ・モニターごとのDPIサポート
    たとえば、エディターウィンドウを FullHD 画面から4K画面に移動すると、動的にサイズが変更されます。
    ・ぼかしツールは、画像をぼかす代わりにピクセル化するオプションをサポートするようになりました(PRO)
    ・png 画像の背景を透明(PRO)に設定できるようになりました
    ・FTP 共有機能に SFTP プロトコルのサポートが追加されました
    ・一部の Web カメラモデルの解像度が向上
    ・最初の起動時の起動速度の向上
    ・更新されたチェコ語の翻訳
    ・ユーザーマニュアルを更新
  • バグの修正
    ・編集者:アイテムをクリックすると、1ピクセル移動することがあります
    ・編集者:Shift キーを押しながら海峡線を引くことは可能ですが、この海峡線をコピーして貼り付けて別の海峡線を作成すると、対応するグリップが正しく表示されませんでした
    ・ビデオ:英語以外のコンピューターで失敗していたビデオ速度変換を修正しました
    ・動作しなくなった「NoVideo」ポリシーを修正しました
    ・USB キーが検出されなくなり、Screenpresso のポータブルモードの特殊な動作が無効になります

Version 2.0.0
(2022/04/25)
  • スクリーンショットエンジンの強化
    ・領域選択中のアニメーション拡大鏡を使用すると、パフォーマンスが向上し、見栄えが良くなります。
    ・キャプチャ領域の定義中にマウスホイールを使用してズームイン/ズームアウトできるようになりました。
    ・複数のモニターを使用する場合、フルスクリーンキャプチャモードでは、マウスカーソルが入っているモニターのみがキャプチャされます。
    ・組み込みの画像エディタを使用して、ポストプロダクション中にマウスカーソルをつかんで移動できるようになりました。
    ・マウスカーソルをキャプチャするには、[PrintScreen]を押してから、M キーを押してからキャプチャ領域を定義します。 新しいキャプチャごとにマウスカーソルを含める場合は、[スクリーンショット]タブで Screenpresso 設定を開き、[マウスカーソルのキャプチャ]を選択します。
    ・カーソルは、[最後の領域をキャプチャ]、[アクティブウィンドウをキャプチャ]、および[フルスクリーンをキャプチャ]を使用してキャプチャすることもできるようになりました。
  • 画像エディタ
    ・左側のツールバーの新しいルックアンドフィール。
    ・ツールバーからの新しい回転オプション。
    ・背景画像を変更できるようになりました。画像の任意の場所を右クリックして、[メイン画像を変更...]を選択します。
    ・Alt キーを押しながらアイテムを描画すると、その色が背後のピクセルの1つとして設定されるようになりました。
    これは、画像に不透明な長方形をすばやく描画して画像の一部を非表示にする場合に最適です。
    ・Alt と Ctrl キーを押しながら長方形を描くと、画像の一部をペイントできます。
  • ビデオキャプチャの強化
    ・直接 MP4 録画 は、新しいデフォルトの録画モードであり、MP4 ファイル(PRO)でエディションとビデオの変換が可能になりました。
    ・ステレオ録音が可能です。
    ・定義された時間(分)が経過すると、ビデオ録画を自動的に停止できるようになりました。
    ・コマンドラインからビデオキャプチャを開始し、オプションで最大録画時間を分単位で定義できるようになりました。
    ・Web カメラは、最高の解像度を使用してキャプチャされるようになりました。
  • ビデオ版の追加
    ・アニメーション GIF 形式に加えて、APNG ビデオ形式へのエクスポートも利用できます。
    ・後処理中にビデオのミュート/サイレントまたは速度の変更を行うことができます。
    ・ビデオ録画にオーバーレイタイムスタンプを追加できます。
    ・これで、キーボードを使用してビデオプレビュー(左キーと右キー)をナビゲートできます。
  • 履歴をキャプチャ - ワークスペース
    ・新しいルックアンドフィール。ウィンドウの背景が暗くなり、[スクリーンショット領域]ボタンと[ビデオの録画]ボタンがすぐに使用できるようになります(中間のポップアップウィンドウはなくなります)。
    ・画像の検索が可能です。Ctrl+F を押すか、キーボードを使用して、ファイル名に一致するいくつかの文字を入力します。
    ・クイックビューウィンドウに最後の3つのスクリーンショットを表示するようにグローバルショートカットを設定できます。
  • 新しい Google Chrome 拡張機能
    ・Screenpresso Chrome 拡張機能は、Chrome ウェブストアで入手できます。
    ・この拡張機能により、スクロールするWebページのキャプチャが容易になります。
    ・拡張機能は、スムーズな編集プロセスのために、キャプチャを Screenpresso ワークスペースに送信します。
  • その他の改善
    ・ノルウェー語がネイティブでサポートされるようになりました。
    ・メモリの改善:screenpresso のメモリフットプリントは小さくなります。

Version 1.12.1
(2022/03/05)
  • メジャーバージョンアップグレードの説明と価格を更新
  • OCR を改善
  • ポーランド語の翻訳を更新

ユーザーレビュー

  • 2

    4年ほど有料Pro版を使っているが開発のやる気を感じない

    VerUP
    VerUP
    投稿数: 2件
    Windows 10

    4年ほど有料Pro版を使っているが開発のやる気を感じない。たまにバージョン番号だけは増えたりUIがちょこっと変わったりしているが肝心のグラ編集が代り映えしない。

    3000pxとか大きい画像を縮小表示させて、ディスプレイ表示画面にフィットさせて編集する場合、吹き出しや矢印等のパーツが相対的に小さくなってとてもカッコ悪くなる。
    つまり、このソフトの最大の利点である吹き出しや矢印を、大きい画像の編集では扱えない。詳細設定をいじってみたがキャンバスサイズに追従するような項目が見当たらなかった。
    これはかなり致命的なので要望を送ったが改善されない。

    4人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 5

    動画のキャプチャーを使わない人にはとてもピッタリなソフトです

    ★ウーロン茶ヌルヌル★
    ★ウーロン茶ヌルヌル★
    投稿数: 105件
    Windows 10

    動画のキャプチャーを使わない人にはとてもピッタリなソフトです。
    簡易的な編集機能が付いてるので、ここだけモザイクをかけたり、テキストを挿入したりと結構便利です。

    動画のキャプチャーならBandicamを使った方がいいです。
    15fpsしか出ないので。

    6人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 3

    無料版を利用しています

    myuuuu
    myuuuu
    投稿数: 1件
    Windows 10

    無料版を利用しています。
    ソフト自体はとても便利なのですが、ここ数週間、パソコン起動から数時間後にはソフトが起動できずキャプチャがとれなくなる現象に困っています。

    4人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?

Screenpresso に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 11 件)