インストール不要で、ソフトを実行して手軽にメモリを解放できるソフト

Reduce Memory のアイコン

Reduce Memory
  • 海外
  • 日本語○
  • 寄付歓迎

ダウンロード

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10/11
バージョン:
1.6(2021/08/18)

本ソフトを起動し、「Optimize」ボタンをクリックするか、タスクトレイアイコンの右クリックメニュー「Clear Memory」とクリックすると、メモリを解放できるソフトです。
オプションから自動開放を有効にすると、5 ~ 120秒の範囲で自動解放させることもできます。
自動開放を有効にした場合はバックグラウンドで動作し、サイレントにメモリを解放してPCの動作を快適にしてくれます。
また、コマンドラインを設定したショートカットアイコンを作成して、ショートカットアイコンを実行するだけでメモリを解放する機能も利用可能です。

提供元:
制作ソフト一覧を見る

Reduce Memory の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、ページをスクロールして「Related Posts」項目上部の「Download」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(ReduceMemory.zip)を解凍し、ReduceMemory.exe から起動します。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

使い方

メモリを開放する

  1. 本ソフトを起動するとメイン画面が表示されます。
    ReduceMemory - 最適化前

    次の情報が表示されています。
    • メモリ容量
    • 使用中メモリ
    • 空きメモリ
    • メモリ使用率
  2. 「最適化する」ボタンをクリックすると手動でメモリを解放することができます。
    最適化後

起動するだけでメモリが解放されるようにする

  1. 本ソフト(ReduceMemory.exe)のショートカットアイコンを作成し、プロパティ画面を開きます。
  2. 「ショートカット」タブを開き、「リンク先」の末尾に「/O」を付加して「OK」ボタンをクリックします。
    コマンドラインを設定したショートカットアイコン
  3. ショートカットアイコンを実行すると、画面を表示することなくメモリを解放できます。
    ※ メモリ開放後、本ソフトは終了します。

オプション

メイン画面の「オプション」ボタンをクリックすると「オプション」画面が表示されます。
オプション

  • Windows のスタートアップに登録する
    Windows 起動時に本ソフトも起動します。
  • 起動時にウィンドウを表示しない
    Windows 起動時に起動し、タスクトレイに最小化します。
  • システムトレイに最小化する
    最小化したときにタスクトレイに格納します。
  • 常に手前に表示
    常に最前面に表示されます。
  • トレイアイコンのデザインを選択
    タスクトレイに表示する icon アイコンのデザインを選択できます。
  • メモリ自動最適化のしきい値を指定する
    チェックを入れると、自動でメモリを解放します。
    定期的に自動でメモリ解放したい場合は本設定にチェックを入れておきます。
    初期設定では、メモリ使用量が 85% を超えている場合に15秒間隔でメモリの解放を行います。
    次の調整が可能です。
    • メモリ使用量 … 25 ~ 100%
    • インターバル … 5 ~ 600秒
  • 除外するプロセス
    除外したい実行ファイル、プロセスを入力します。

更新履歴

※ Google 翻訳で日本語にしています。
Version 1.6 (2021/08/18)
  • [修正] - 別の言語を選択した後に設定を変更するとエラーが発生する
  • [修正] - バージョン情報画面のリンクをクリックするとエラーが発生する
  • [修正] - ファイルに書き込めないエラー
  • [追加] - ユーザーは「アイコンフォルダー」内のアイコンを変更し、独自のアイコンを使用できます
    (オプションメニューで4番目のアイコンパックを選択し、設定を保存します)
  • [追加] - いくつかのコードの改善

Version 1.5 (2021/03/19)
  • [追加] - 言語サポート
  • [追加] - 自動最適化機能
  • [追加] - トレイアイコン変更機能
  • [修正] - マイナーバグ

Version 1.4 (2021/01/01)
  • [追加] - 一部のアプリケーションを除外する機能([オプション]の下)
  • [追加] - 一部のアプリケーションコマンドサポートを除外
  • [追加] - タスクバーアイコンにRAMステータスを表示する機能
  • [修正] - GUIフォントが小さすぎる(インターフェイスフォントが拡大されている)
  • [追加] - いくつかのコードの改善

※ 本ソフトは まずまず 様 のご推薦により掲載させていただきました。(掲載日:2017年07月03日)

ユーザーレビュー

  • 5

    今の時代必要かどうか疑問だが大量にメモリ使うソフトなど使ってる方は…

    ゴリラオブゴリラオブ
    ゴリラオブゴリラオブ
    投稿数: 1件
    Windows 10

    今の時代必要かどうか疑問だが大量にメモリ使うソフトなど使ってる方は意外と効果あるかも
    終了後も一時的に確保されてる領域解放できるので私的には便利
    ただ普通の用途だと特にというか全く効果ないのでなんとも言えない
    あと常駐はしない方がいいですPCパファーマンスが確実に落ちますので(ベンチソフトとゲームで確認済み)ショートカット使って手動で気が向いた時にでも解放してあげれば良い感じです。

    8人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 3

    過去メモリー4GB時代に前ver.?使用経験があります

    緩やかに
    緩やかに
    投稿数: 170件
    Windows 10

    過去メモリー4GB時代に前ver.?使用経験があります。
    Twitter画像やGIFなど拝見すると、極端にリソースを
    消費しタスクマネージャーとにらめっこしながら、
    使用しておりましたが、一時的に軽くなりますが、
    またすぐに、重くなり「フリーズ」結果的に4GB増設
    致しました..。最近専門的な記事を拝見致しました。
    「スラド」
    「メモリの使用量を減らす」というソフトウェアに効果はあるのか
    https://hardware.srad.jp/story/20/01/08/1554241/

    ※個人的な見解ですが、長い目で見ればやはり増設かな?と感じて
    おります。

    6人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 5

    【追記あり】1.3入れてみました

    てきとう(^^)
    てきとう(^^)
    投稿数: 43件
    Windows 10

    1.3入れてみました。
    今まで例のWindowsサーバーツールを使ってましたが
    新マシンとかにスクリプト作ったりイベントに割り当ての設定がめんどい…

    メモリ開放間隔が120秒ごと、までしか設定できないように見えますが
    数値入力ができるみたいなので1800にして30分ごとにしてみました。

    常駐してもらうと3Mb位メモリ食いますが、こいつが居ない場合の無駄メモリ消費量=電気代を考えればどちらがお得かは考えるまでもありませんね(^_^;)


    empty.exeを使った時より自動メモリ解放時に気づきにくいかも(^^)

    タブ多用するブラウザ使用時とかにも効果は高いですが、
    導入に特におすすめな環境は知らぬ間にシステムを圧迫するPhotoshopとかAdobe系ソフトで長時間作業される方でしょうか。いきなりクラッシュやべー保存してねーっ!(自動保存は微妙な復元度…)がかなり無くなりますよ(^_^)

    8人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?

Reduce Memory に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 15 件)