デスクトップ画面に直接フリーハンドのペン入れができるシンプルなソフト

ScreenPen のアイコン

ScreenPen

ダウンロード

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10
バージョン:
1.0.0.9(2016/10/29)

会議、プレゼン時に画面に直接書き込むことで、わかりやすく説明に利用できるソフトです。
レーザーポインターがない環境や、より細かく解説したい場合などに便利です。
本ソフトを起動すると、すぐに描画可能状態となり、マウスの左クリックまたは右クリックしながらドラッグすると、線を引くことができます。
右クリックメニューの「線色変更」から色の変更ができ、「線サイズ」または / キーで線の太さを変更可能。
他に、描画の一時停止/再開、描いた画面をクリップボードにコピー、画像保存(BMP)、10回までの Undo に対応しています。

提供元:
LSP

ScreenPen の使い方

ダウンロード

  1. Vector のダウンロードページへアクセスし、「ダウンロードページへ」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(ScreenPen.zip)を解凍し、ScreenPen.exe から起動します。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

使い方

デスクトップ画面に描画する

本ソフトを起動すると、すぐに描画可能状態となります。
マウスの左クリックまたは右クリックしながらドラッグすると、線を引くことができます。

右クリックメニュー
次のメニューを利用できます。
  • 線色変更
    選択すると、「色の設定」画面が表示され、色を変更できる
    線色変更
  • 描画消去
    描いた線をすべて消去する(クリップボード内データも消去する)
  • 描画停止
    描画を一時停止する(再び右クリックメニューの「描画再開」から再開可能)
  • 終了
    本ソフトを終了する

操作キー
キーボードを利用して次の操作ができます。

説明ダイアログ
F2 キーを押すと表示され、上述した操作キーの説明を表示します。
「F2」キーで表示される説明ダイアログ


その他

一時停止している状態から右クリックメニュー(補助操作メニュー)を表示させる操作。
  • 「タッチパネルの場合」非クライアント領域(タスクバー、タイトルバー)で長押ししながら少しドラッグして離すとメニューが表示される
  • 「ペンタブレットの場合」右クリック(サイドスイッチ)しながら少しドラッグして離すとメニューが表示される

更新履歴

Version 1.0.0.9 (2016/10/29)
  • マルチモニタ対応

Version 1.0.0.8
  • 再描画直後のundo処理改善
  • キーボード操作機能追加
    [C] : ペン色変更用カラーダイアログ表示
    [P] : 描画処理を一時停止し、通常のパソコン操作を出来るようにします。

Version 1.0.0.7
  • 操作メニューにペンサイズ変更項目追加
  • 終了時のペン情報(幅・色・透過度)自動保存
  • キーボード操作機能追加
    [S] : 現在の画像データをクリップボード及びデスクトップに保存します。

ユーザーレビュー

  • 3

    ちょっとしたときに使うのに便利なんだけど・・・キャプチャの保…

    りり
    りり
    投稿数: 1件
    Windows 10

    ちょっとしたときに使うのに便利なんだけど・・・キャプチャの保存先は選ばせてほしかった・・・。

    3人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 2

    インストール不要なので安心、でも他のソフトを使うのに 動作…

    watarin
    watarin
    投稿数: 119件
    Windows 10

    インストール不要なので安心、でも他のソフトを使うのに
    動作しなくなってしまい、同時に作業できないことがあり
    ちょと不便です。

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 3

    マルチモニタに対応と書いてあるが、メインモニタにしか描画でき…

    1
    1
    投稿数: 1件
    Windows 8/8.1

    マルチモニタに対応と書いてあるが、メインモニタにしか描画できないです。マニュアルには記載されていませんでしたが、何か特別な設定があるのでしょうか。

    このレビューは参考になりましたか?はい