Windows Update サービスを監視し、Windows Update を行わないように無効化するソフト

StopUpdates10 のアイコン

StopUpdates10

  • 海外
  • 日本語○
  • アドサポート

ダウンロード

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

レビューを投稿する

対応OS:
Windows 7/8/8.1/10/11
バージョン:
3.6.2021.705(2021/07/06)

Windows Update を無効化し、自動で Windows Update を行わないようにするソフトです。
「Windows Update を停止!」ボタンをクリックするだけで Windows Update を無効化します。
Windows Update サービスの停止も行い、Windows Update サービスが開始された場合には自動で停止するよう、Windows Update の監視も行います。
その他の Windows Update 関連のプロセスやサービスについても個別に停止させるよう設定可能できるほか、次のような特徴があります。

  • 強制的なアップグレードの停止
  • アップグレードの通知を停止
  • Windows Update の停止をワンクリックで設定/解除
  • Windows 7/8 のサポート終了/サービス終了通知を停止
提供元:
制作ソフト一覧を見る
※ メイン画面に他のソフトをおすすめする広告が表示されます。

StopUpdates10 の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページ へアクセスし、「Accept and Download」ボタンをクリックしてダウンロードします。
    ※ 「Free Download」ボタンは別のソフト「UnHackMe」のダウンロードとなります。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(stopupdates10.zip)を解凍し、セットアップファイル(stopupdates10setup.exe)からインストールします。

使い方

Windows Update を停止する

本ソフトを起動するとメイン画面が表示されます。
StopUpdates10 - 初回起動時

StopUpdates10 - 初回起動時


本ソフトには2つのアップデート停止モードが用意されています。
  • ハードブロック
    従来のアップデート停止機能です。
    二重保護による100%のブロックを実現します。
  • ソフトブロック
    Windows Defender および Windows Store アプリを更新する機能を使用して、アップデートを2099年11月18日まで一時停止します。

ハードブロックで停止する
通常はこちらのモードで停止しておくと確実にアップデートを停止できます。
  1. 画面上部の「Windows Update を停止!」ボタンをクリックします。
    ハードブロックによる Windows Update 停止中

    ハードブロックによる Windows Update 停止中

  2. Windows Update を停止すると「成功しました!Windows Update は停止しました!」画面が表示されます。
    画面右上の「×」ボタンをクリックしてウィンドウを閉じます。
    ハードブロックによる Windows Update 停止完了

    ハードブロックによる Windows Update 停止完了


    メイン画面にも「Windows Update は停止しています!」と表示されます。
    ハードブロックによる Windows Update 停止時

    ハードブロックによる Windows Update 停止時


ハードブロックを解除する
画面上部の「Windows Updateを復元」ボタンをクリックすると、Windows Update 停止前の元の状態に戻ります。
Windows Update の停止を停止

Windows Update の停止を停止



ソフトブロックで停止する
  1. 画面中央の「アップデートを停止」ボタンをクリックすると、「アップデートの停止」画面が表示されます。
    ソフトブロック実行時のオプション

    ソフトブロック実行時のオプション

  2. 必要に応じて各項目の調整を行い、「OK」ボタンをクリックします。
    • アップデート停止期限
    • 毎月のアップデート(累積品質更新プログラム)を停止
    • 機能更新プログラム(1年に2回の大型アップデート)を停止
    • 現在の更新プログラムのままにする
  3. ソフトブロックによるアップデートの停止設定が完了します。
    ソフトブロックが有効になり、Windows Update の停止実行時

    ソフトブロックが有効になり、Windows Update の停止実行時


ソフトブロックを解除する
「アップデートを再開」ボタンをクリックすると、Windows Update 停止前の元の状態に戻ります。

ハードブロックとソフトブロックで停止する
両方でアップデートを停止させることもできます。
ハードブロック&ソフトブロックによる Windows Update の停止

ハードブロック&ソフトブロックによる Windows Update の停止



Windows Update サービスの監視を停止する

Windows Update サービスが開始してしまわないように監視し、サービスが開始してしまった場合に停止させるようにする「アップデート抑止機能」があります。
本機能を無効にしたい場合、次の手順で無効にできます。
設定画面の「上級ユーザー向け!」タブ画面からも設定変更可能です。
  1. アップデート抑止機能は有効です! または「アップデート抑止機能は有効です!」をクリックします。
  2. ウインドウが表示されるので、「アップデート抑止機能を無効にする」ボタンをクリックします。
    アップデート抑止機能を無効にする

    アップデート抑止機能を無効にする

  3. アップデート抑止機能が無効になります。
    アップデート抑止機能が無効に

    アップデート抑止機能が無効に


    アップデート抑止機能は無効です! または「アップデート抑止機能は無効です!」をクリックすると、再び有効になります。

設定について

メニューバーから「ファイル」⇒「設定」とクリックすると設定画面が表示されます。
設定 - 自動アップデート

設定 - 自動アップデート


  • 「上級ユーザー向け!」タブ
    次の機能を有効化/無効化できます。
    • アップデート抑止機能を有効にする
    • Windows アップグレードを無効にする
    • Windows Update を無効にする
    • Windows Update サービスを無効にする
    設定 - 上級ユーザー向けの設定

    設定 - 上級ユーザー向けの設定

  • 「プロセスの無効化」タブ
    Windows Update に関する特定のプロセスを有効化/無効化できます。
    設定 - プロセスの無効化

    設定 - プロセスの無効化

  • 「サービスの無効化」タブ
    Windows Update に関する特定のサービスを有効化/無効化できます。
    設定 - サービスの無効化

    設定 - サービスの無効化


更新履歴

※ Google 翻訳で日本語にしています。
Version 3.6.2021.705
(2021/07/06)
  • Windows 11(Build:22000)、Windows 10(21H1)との互換性。
  • 新規:TargetReleaseVersionInfoWindowsポリシーを使用して機能の更新をブロックします。
  • SU10Guard サービスのバグを修正しました:「SU10Guard サービスが接続するのを待っている間にタイムアウトに達しました」。 これで、SU10Guard は遅延として開始を開始します。ただし、サービスが開始されるまで、メインプログラムの StopUpdates Guard のステータスは「無効」として表示されることに注意してください。通常、サービスは起動後2分以内に開始されます。
  • コマンドラインオプション:「/disable」はマルウェアによって使用されるため、プレミアムバージョンでのみ使用できます。
  • 新しいプレミアムオプション:プロモを非表示にします。プロモーションオファーを非表示にします。

Version 3.5.115
  • Windows 10(2104)との互換性。
  • ブロックする新しいプロセスを追加しました:WaaSMedic に関連するUPFC.EXE。
  • 再設計されました。

Version 3.1.101
  • トルコ語の翻訳を追加しました。
  • 更新された翻訳:ブラジルポルトガル語、チェコ語、ギリシャ語、ハンガリー語、イタリア語、日本、ポーランド語、スペイン語、ウクライナ語。
  • 小さなバグを修正しました。

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?