50種類以上のアンチウイルスソフトにより、個別のファイルをスキャンすることができるオンラインスキャンサービス

VirusTotal のアイコン

VirusTotal
  • Web
  • 海外
  • 日本語✕

提供元サイトへ

ダウンロードしたソフトをインストールする前、メールの添付ファイルを開く前にウイルススキャンを実行して安全を確認するのは大事な手順です。
VirusTotal を利用すれば、Avast!、AVG、Bitdefender、ClamAV、Panda などの50以上ものアンチウイルスエンジンでスキャン結果を確認できるため、より安全、安心を追求したい場合に役立つサイトです。
ファイルだけでなく、URLのスキャン/解析を行うこともできます。

提供元:
※ 2019年6月1日に英語版と統合され、日本語表記ではなくなりました。
※ ファイルサイズは550MBまで。

VirusTotal の使い方

開始

提供元サイトへアクセスして開始します。

使い方

ファイルをスキャンする

  1. 「Choose file」ボタンをクリックしてファイルを選択します。
  2. 「Confirm Upload」ボタンをクリックすると、ファイルをアップロードし、スキャンが始まります。
  3. スキャンが完了すると、スキャン結果画面が表示されます。
    ※ 既に他のユーザー等によってスキャン済みのファイルの場合はすぐにスキャン結果画面が表示されます。

    次の内容を確認できます。
    • 検出率
      検出率は「 0 / 64 」のように表示され、64 のスキャンエンジン中、問題を検出したスキャンエンジンが 0 だったと表示されます。
      問題がない場合は緑色文字となり、1つでも問題が検出されると赤色文字となります。
      緑色文字なら安心して利用することができます。
    • ハッシュ
      そのファイルのハッシュ(SHA256)です。
    • ファイル名
      スキャンしたファイル名です。
    • ファイルサイズ
      分析しているファイルのファイルサイズ(容量)です。
    • 分析日時
      表示している結果の分析日時です。
    画面下部には、次の内容が表示されます。
    • 「DETECTION」タブ
      スキャンエンジン、スキャン結果が表示されます。
      スキャン結果が緑字で Undetected(未検出)と表示されれば安全、赤字で表示されれば脅威や問題点を検出、となります。
      赤字で次のようなメッセージが表示されます。
      • Trojan/Win32.AGeneric
      • Win32:Malware-gen
      • Win32/InstallCore.Gen.A potentially unwanted
      • Riskware/Funshion
      • a variant of Win32/UwS.DriverTalent.A
      • Gen:Variant.Application.Symmi.88903
    • 「DETAILS」タブ
      基本プロパティ(MD5、SHA-1、SHA-256…)、スキャン履歴などの詳細情報が表示されます。

URLをスキャンする

  1. 「URL」タブをクリックします。
  2. 「URLを入力」ボタンをクリックしてURLを選択して Scan アイコンをクリックするか Enter キーを押すと、URLをスキャンします。

スキャン済みのファイル、URLを再スキャンする

既にスキャンされている結果に対して、あらためてスキャンを行いたい場合は、スキャン結果画面右の Reanalyze アイコンをクリックすると、再スキャンを行います。

ユーザーレビュー

  • コメント

    >以下のデータを提出することにより、お客様は当社の利用規約およびプ…

    owl
    owl
    投稿数: 365件
    Windows 10

    >以下のデータを提出することにより、お客様は当社の利用規約およびプライバシーポリシーに同意し、お客様のサンプル提出物をセキュリティコミュニティと共有することに同意したことになります。
    個人情報を提出しないでください。ウイルストータルは、お客様の提出物の内容について責任を負いません。

    Virustotal は、
    「Google」に買収されたサービスです。
    そのサービス利用時には、下記のトレードオフ(代償)が約款(使用許諾)に明示されています。
    ●ウイルス検査の実行によって、
    fingerprint(一意の個人情報:ロケール、OS、利用ブラウザ、画面解像度、アクセス内容、などの世界で唯一の人物を特定できる物的情報)が収集されます。
    ●アップロードされた「検体」は、
    コミュニティ(Virustotal 利用者相互の共有サービス機能)内で公開されます。そのため、メールの添付ファイルや秘匿性が求められるデータなどを含むような検体を Virustotal にアップロードしてはいけません。

    これらの問題点があるため、
    (Virustotal サービスの利用に際しての)注意喚起が表示されたのでしょう。

    欧米では、
    Google に買収された「Virustotal」サービス自体が、ウイルス(ユーザーの不利益を招くような不当なプログラム)同然と烙印された存在です。
    (CrystalDiskInfo などの)プログラムの正当性(作者本人が公開した真正品かどうか)は、デジタル署名(ハッシュ値)で確認できます。
    ハッシュ値の確認は「HashTab」が便利です。
    https://freesoft-100.com/review/hashtab.html

    5人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • コメント

    【追記あり】『Firefox』ver.76.0.1からでしょうか?「Virus…

    緩やかに
    緩やかに
    投稿数: 165件
    Windows 10

    『Firefox』ver.76.0.1からでしょうか?「Virus Total」にて検査(Up)時
    以下のメッセージが、出るようになりました。

    :DeepL翻訳にて
    >以下のデータを提出することにより、お客様は当社の利用規約および
    プライバシーポリシーに同意し、お客様のサンプル提出物をセキュリティ
    コミュニティと共有することに同意したことになります。
    個人情報を提出しないでください。ウイルストータルは、お客様の提出物の
    内容について責任を負いません。詳細はこちらをご覧ください。

    ・Ver.76.0は何も表記されなかったと、記憶しております。

    ※因みに『CrystalDiskInfo』v.8.5.2(zipポータブル)は
    何も表記されませんでした。


    気になったので最新版の『Google Chrome』(FfでDL)
    同実行致しましたら、同表記がされました。

    このレビューは参考になりましたか?はい
  • コメント

    VirusTotal のマイナス面の情報です

    katukatu
    katukatu
    投稿数: 31件
    Windows

    VirusTotal のマイナス面の情報です。
    VirusTotalからダウンロード可能なファイルがマルウェア解析以外のシステムで利用されている可能性もあるという事らしい。

    http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1603/14/news104.html

    使用者への一助になればと思います。
    私も使用時には、気を付けたいと思います。

    8人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい

VirusTotal に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 7 件)