PDF、Microsoft Officeファイル内文章も検索できる、全文検索ツール

全文検索くん(Search++) のアイコン

全文検索くん(Search++)
  • シェアウェア
  • 体験版○

ダウンロード購入する

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10, Windows Server 2003/2008, Mac
バージョン:
6.1.0.1(2019/10/10)

最初にファイルのインデックスを行い、キーワードと合致する文章を含むファイルを検出します。
画面左側に検出したファイル一覧を表示し、フォーマットを表示する「アイコン列」、ファイル名を表示する「ファイル名列」、ファイルサイズや更新日時を表示する「ファイル情報列」の3列を表示します。
「アイコン列」又は「ファイル名列」をダブルクリックすると右側に含まれる内容を表示し、「ファイル情報列」をダブルクリックすると、関連付けられたソフトで開くことができます。

提供元:
※ 本ソフトはシェアウェアですが、30日間無料で試用できます。

全文検索くんの使用デモ

全文検索くん(Search++) の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、「標準版(Version6.1.0.1)のダウンロード(Zip)」リンクをクリックしてダウンロードします。
    ※ Mac 版は「Mac版(Version6.1.0.1)のダウンロード(Zip)」リンクをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(SearchStd6101_J.zip)を解凍し、searchplusplus.exe から起動できます。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

使い方

初期設定

  1. 初回起動時に言語選択画面が表示されます。
    「Japanese」を選択して「OK」ボタンをクリックします。
    言語選択
  2. 「導入」画面が表示されます。
    「フォルダー…」ボタンをクリックして、インデックスを保存する場所を指定するなどして「OK」ボタンをクリックすると、インデックスデータの作成を開始します。
    オプション - 検索データ

検索する

テキストボックスにキーワードを入力し、「検索」ボタンをクリックすると検索を行います。
画面上部の「内容文検索」、「ファイル名検索」をクリックして、検索対象を切り替えられます。

更新履歴

Version 6.1.0.1 (2019/10/10)
  • インデックスデータ量を減らすため、データ構造の変更
  • 検索と反転の表示速度を向上させる

Version 6.1.0.0 (2019/06/03)
  • 大きいファイルの内容表示について性能改善
  • PSTファイルのインデックスデータ作成に作った一時ファイルの削除
  • メイン画面のインデックス名にフォルダー情報の表示
  • UIの改善
  • MacOS版の更新(7月28日)

Version 6.0.0.1 (2019/01/08)
  • 新しいUI:新しいデザインアイコンなど
  • 色の管理:テキスト色、バックグランド色、反転色の設定は可能
  • Java バージョンの更新
  • プレビュー機能のバグ修正
  • テーブルヘーダの表示・非表示
  • ユーザ辞書のサポート(標準版もPro版も)

ユーザーレビュー

  • 5

    全文検索というと、面倒くさい環境構築が多いようなイメージです…

    みの
    みの
    投稿数: 1件
    Windows Vista

    全文検索というと、面倒くさい環境構築が多いようなイメージですが、このツールでは、簡単に設定して、さっさと検索できる、しかも検索結果に満足できる。有難いツールです。

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 5

    完成度の高いツールです。ファイル検索だけではなく、中身まで探…

    Takahashi
    Takahashi
    投稿数: 1件
    Windows 7

    完成度の高いツールです。ファイル検索だけではなく、中身まで探し出して、よかった。

    このレビューは参考になりましたか?はい