「MFT」を利用するインデックス作成不要の高速ファイル検索ソフト

MasterSeeker のアイコン

MasterSeeker
  • 海外
  • 日本語✕
  • 寄付歓迎

ダウンロード

対応OS:
Windows 2000/XP/Vista/7/8/8.1, Windows Server 2003/2008/2012
バージョン:
1.5.1(2014/09/27)

ファイルの情報を管理している「MFT(Master File Table)」に直接アクセスを行うことで、インデックスを作成しなくても高速な検索を実現しています。
ファイルの検索オプションとして、フォルダ指定、ファイルサイズ指定、大文字小文字区別、正規表現検索ができます。
また、検索対象文字を入力した瞬間に随時検索が実行される「インクリメンタルサーチ」に対応しているため、素早く対象ファイルを発見できます。

提供元:

MasterSeeker の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、サイト上部の「Download Free!」リンクをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(MasterSeeker1.5.1.zip)を解凍し、MasterSeeker.exe から起動できます。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。
    ※ Windows 2000/XP/Server 2003 での動作には、.NET Framework 2.0 が必要です。

使い方

基本的な使い方

  • 本ソフト起動時に、MFTからファイル情報の読込みが行われるため、しばらく待ちます。
  • 読込みが完了すると、左下のステータスバーに「Cache Completed.」と表示されます。
    ※ 各ドライブ毎に読込みが行われます。
    検索は読込み中も可能です。
  • 「Filename」テキストボックスに、検索対象のファイル名を入力すると、文字入力をするごとに検索結果が表示されます。
  • 検索リストのカラムは、カラムを右クリックすることで、表示するファイル情報を選べます。
  • 検索リスト上でフォルダーやファイルをダブルクリックすると、フォルダーを開いたり、ファイルを実行できます。
  • また、ファイルやフォルダーを選択した状態で右クリックをすることで、ファイルコピーやフルパスのコピー等の動作を行えます。
  • ツールバー右端の Clear ボタンを押すか、[Esc] キーを2回押すことで入力内容と検索結果をクリア出来ます。
  • 本ソフト起動後に、追加・変更されたファイル情報を検索対象とするには、ツールバー右端の Refresh ボタンをクリックし、ファイル情報を再読込みします。

高度な検索

ファイル検索時のより高度なオプションは、次の通りです。
  • フォルダ指定検索
    「In Directory」テキストボックスから、検索対象のフォルダーを入力します。
    また、Folder ボタンを押すと、検索対象フォルダーの指定ができます。
  • ファイルサイズ検索
    「File Size」テキストボックスに、検索対象のファイルサイズを入力します。
    入力例は次の通りです。
    ・> 50MB … 50MBより大きいファイル
    ・>= 50MB … 50MB以上のファイル
    ・< 100KB … 100KBより小さいファイル
    ・<= 100KB … 100KB以下のファイル
    ・= 1GB … 1GBちょうどのファイル
    ・between 100MB and 200MB … 100MBから200MBまでのファイル
  • 大文字小文字区分
    「Filename」テキストボックス、「In Directory」テキストボックス内の Down Arrow ボタンを押し、 Ignore Case「Ignore Case」で選択します。
  • 正規表現検索
    「Filename」テキストボックス、「In Directory」テキストボックス内の Down Arrow ボタンを押し、Regex Mode 「Regex Mode」で選択します。
  • サブフォルダ検索有無
    「In Directory」テキストボックス内の Down Arrow ボタンを押し、Folder「Include Subdirectroys」で選択します。
  • 表示対象設定
    ツールバー右端の File Select ボタン、Folder Select ボタンを押すと、ファイルやフォルダーの検索リスト上への表示有無を選択できます。

その他オプション

ツールバー右端の Option ボタンを押すことで、次のオプションを選択できます。
  • 設定初期化
    「Reset To Defaults」を選択すると、検索オプションの設定が初期化されます。
  • スタートアップ登録
    「Start With Computer Startup」を選択すると、PC起動時に自動的に本ソフトが起動します。
  • 復元ショートカットキー登録
    「Set Restore Hotkey」を選択すると、タスクトレイに格納されたソフトを、指定した任意のショートカットキーで復元できます。
    オプション内の「Tray Icon」ではタスクトレイ格納に関するオプションを選択できます。
  • トレイアイコン表示
    「Enablle Tray Icon」を選択すると、タスクトレイ上にアイコンが表示されます。
  • 最小化時トレイ格納
    「Minimize To Tray Icon」を選択すると、最小化ボタンを押した際に、本ソフトがタスクトレイに格納されます。
  • 終了時トレイ格納
    「Close To Tray Icon」を選択すると、閉じるボタンを押した際に、本ソフトがタスクトレイに格納されます。

ユーザーレビュー

  • コメント

    興味を覚え、公式サイトを覗いてみました。 「英語」版と「ヘ…

    usericon owl
    投稿数: 216件
    Windows 10

    興味を覚え、公式サイトを覗いてみました。
    「英語」版と「ヘブライ語」版の2タイプが公開されているのですね。
    Supports: Windows 2000, XP, Vista, 7, 8, 8.1, 2003, 2008, 2008 R2, 2012, 2012 R2 となっており、
    「Developer」情報や「Release Notes」が公開されておらず、
    最終 Release「1.5.1(2014/09/27)」
    などが気になるところです。

    Whois(https://dnslytics.com/domain/master-seeker.com )では
    米,アリゾナ州,スコッツデール,ハイデン通り,北14455 が判明しました。
    レビューア各位が、Windows 10 で使用されているようなので、懸念点は無いのかもしれません。

    私見ですが、オープンソースプロジェクトのものを好み、且つ「システム用件/Release Notes/FAQ/Support/Developer 情報」が完備されていない freesoft は敬遠しています。
    「Whois」情報で、本人のメルアドが判明しているので、問い合わせをしてみます。
    (Developer 情報が公開されていないぐらいなので、Block 設定がされているかもですが)
    --
    メールアドレス部分を削除させていただきました。by 管理人

    2人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 5

    MFT検索ソフトが流行っているようなのでこっちもおすすめ。 …

    usericon 咲良咲
    投稿数: 48件
    Windows 10

    MFT検索ソフトが流行っているようなのでこっちもおすすめ。
    WizFileがEverythingライクで使用の簡単さが売りなら
    MasterSeekerは痒い所に手が届く多機能さが売り。
    特に正規表現が使える人はワイルドカードよりも詳細な指定ができます。

    またここの説明で書いていない部分では、
    まず、フォルダのサイズ表示(これが地味にうれしいw
    検索結果をテキストやCSVに出力。
    さらに拡張子やフォルダ内のアイテム数(ファイル&フォルダ数)などの詳細表示も拡張できます。

    まぁどっちと言わず両方使うもアリなんですけどね

    4人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 5

    インストール不要なので安心です、一文字入れるごとに次々と候補…

    usericon watarin
    投稿数: 79件
    Windows 10

    インストール不要なので安心です、一文字入れるごとに次々と候補がでてくるので
    リアルタイムに選択でき、お気軽に検索できるのがとても良いですね。

    このレビューは参考になりましたか?はい

MasterSeeker に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 8 件)