Thunderbird とは

Thunderbird(サンダーバード)は、Firefox を開発している Mozilla プロジェクトが開発を進めている OSS(オープンソースソフトウェア)です。
ベイズ理論を用いたメールのフィルタリング処理機能を備え、迷惑メールやスパムメールの排除パターンを学習し、使っていくうちにほぼ完全に不要なメールをシャットアウトできるようになります。

インターフェースは OutlookExpress、Windows メール、Windows Live Mail などと大きな差もなく、アドレス帳やメールデータなども移行してそのまま使うことができます。
迷惑メールで頭を悩ませている方は、メールソフトを Thunderbird へ変更するのも解決策の一つです。


Thunderbird のインストール

ダウンロード

Thunderbird は、Mozilla Japan の下記URLよりダウンロードできます。
https://www.thunderbird.net/ja/


インストール

ダウンロードしたセットアップファイルからインストールを開始します。
セットアップ画面が表示されるので、「次へ」ボタンをクリックします。

セットアップの種類(標準インストール、カスタムインストール)を選択します。
ここでは標準インストールを選択して「次へ」ボタンをクリックします。
※ カスタムインストールを選択した場合は、インストールフォルダーの設定、ショートカットアイコン(デスクトップ、スタートメニュー)、プログラムフォルダーを選択できます。

セットアップ設定の確認画面です。
「インストール」ボタンをクリックします。
※ 既定のメールアカウントにしたくない場合は、「Thunderbird を既定のメールプログラムとして使用する」のチェックを外しておきます。

インストール中です。

インストール完了です。
「完了」ボタンをクリックすると、Thunderbird が起動します。


Thunderbird の使い方

インストールが完了すると、Thunderbird が起動します。

メールアカウントを設定する

初回起動時に「既存のメールアドレスのセットアップ」画面も表示されます。
※ ここではPOP型の Yahoo!JAPAN メールアカウントを設定します。IMAP型の Gmail アカウントの設定 については後述します。

名前、メールアドレス、パスワードを入力して「続ける」ボタンをクリックします。

Thunderbird が自動で受信サーバ、送信サーバーの設定(サーバー、プロトコル、ポートなど)をしてくれます。
自動で設定してくれますが、正確なわけではありません。
設定が誤っている場合は「手動設定」ボタンをクリックして変更できます。
問題ない場合は「完了」ボタンをクリックします。

設定したメールアカウントが受信トレイに追加されていることを確認できます。
メールアカウントを設定すると、自動でメールの受信を開始します。


メールを閲覧する

画面右上のメールの件名をクリックすると、画面右下にメール内容がプレビュー表示されます。

画面右上のメールの件名をダブルクリックするか、右クリックメニューの「新しいタブでメッセージを開く」をクリックすると、新しいタブでメール内容が表示されます。


迷惑メールをフィルタリングする

受信したメールが迷惑メールやスパムメールだった場合は迷惑メール設定することで、以後、同様のメールを迷惑メールとして判断できるように学習していきます。
様々なパターンのメールを迷惑メール設定していくことで Thunderbird が学習していき、徐々に高い精度で迷惑メールを識別、除外できるようになっていきます。

迷惑メールがあったら、下図赤枠のアイコン、または「迷惑マークを付ける」ボタンをクリックします。

件名リストの迷惑マークアイコンがオレンジ色になり、メールの上部に「このメッセージは迷惑メールであると思われます。」という警告メッセージが表示されるようになります。

迷惑メールは件名リストの迷惑マークアイコンをクリックして、どんどん迷惑マークを付けることができます。

Gmail アカウントを設定する

画面左の「ローカルフォルダ」をクリックし、「別のアカウントをセットアップ」下にある「メール」をクリックします。

「既存のメールアドレスのセットアップ」画面が表示されるので、名前、メールアドレス、パスワードを入力して「続ける」ボタンをクリックします。

Gmail の受信サーバー、送信サーバー設定を自動で設定するので「完了」ボタンをクリックします。
その際に受信方法を IMAP / POP から選択できます。
  • IMAP
    サーバー上にメールを保存しておき、複数のコンピュータからメッセージとフォルダーへアクセスできます。
    通常はこちらを選択します。
  • POP
    PCにメールをダウンロードします。
    サーバー上のメールをすべてダウンロードするため、ブラウザーから Gmail にアクセスしてもメッセージは0件になります。

新しいウィンドウが開き、Google アカウントのログインが必要になります。

Gmail が追加され、メールの受信を開始します。


Google カレンダーを利用する

標準カレンダーで利用する方法、アドオンを利用する方法のどちらかで利用できます。

標準カレンダーで Google カレンダーを利用する

URLを取得する
準備として Google カレンダーのURLを取得します。
ブラウザーで Google カレンダーへアクセスし、利用したいカレンダー横のメニューをクリックし、「設定と共有」をクリックします。

設定画面が表示されます。
「iCal 形式の非公開URL」下にあるURLをコピーします。

カレンダーをセットアップする
Thunderbird 画面にて、画面左から「ローカルフォルダー」を選択し、表示された画面の「カレンダー」をクリックします。

「新しいカレンダーを作成します」画面が表示されます。
「ネットワークのサーバーに保存する」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。

リモートカレンダーの接続情報の入力画面が表示されます。
フォーマットに「iCalendar (ICS)」を選択し、場所にコピーしておいたURLを貼り付けた後、「次へ」ボタンをクリックします。

カレンダーのカスタマイズ画面が表示されます。
名前(Thunderbird で表示する名前)、色、通知、メールアドレスなどを設定し、「次へ」ボタンをクリックします。

カレンダーの作成完了画面が表示されるので、「完了」ボタンをクリックします。

Thunderbird の画面右側に追加した Google カレンダーの予定が表示されるようになります。

カレンダーを開くには、画面右上のカレンダーアイコンをクリックします。
カレンダーアイコンをクリックする

新しいタブでカレンダーが開き、Google カレンダーの予定も表示されます。

アドオンで Google カレンダーを利用する

アドオンを利用すると、Google カレンダーのみをタブで開いて利用できるようになります。
画面右上のメニューアイコンをクリックし、「アドオン」をクリックします。

アドオンマネージャー画面が表示されます。
画面上部の「アドオンを探す」テキストボックスに「Open Google Calendar」と入力して Enter キーを押します。
Thunderbird のアドオンダウンロード画面が表示されます。
「Open Google Calendar」項目の「Thunderbird へ追加」ボタンをクリックします。

アドオンのインストール確認が表示されます。
「追加」をクリックします。

アドオンをインストールすると「Open Google Calendar」ボタンが追加されるので、クリックします。
Open Google Calendar ボタンをクリック

新しいタブで Google アカウントへのログイン画面が表示されるので、メールアドレス、パスワードを入力してログインします。

Google カレンダーが表示されます。
以後、画面右上の「Open Google Calendar」ボタンをクリックすると、Google カレンダーを利用できるようになります。


ソフトウェア情報

● 日本語版提供サイト : https://www.thunderbird.net/ja/
スクリーンショット
Thunderbird の評価・レビュー
Thunderbird のダウンロード・使い方
● 対応OS : Windows 7/8/8.1/10, Mac OS X 10.9/10.10/10.11, macOS 10.12/10.13/10.14/10.15, Linux
● 提供元 : Mozilla Japan