SSDの性能をテストするためのベンチマークソフト

AS SSD Benchmark

AS SSD Benchmark
  • 海外
  • 日本語✕
  • 寄付歓迎

ダウンロード

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10
バージョン:
2.0.6485.19676(2017/10/03)

SSD(Solid State Drives:ソリッド ステート ドライブ)の性能をベンチマークするソフトです。Seq(16MBのシーケンシャルタイム)、4K(4Kブロックサイズでのランダムアクセス)、4K-64Thrd(64スレッドでの4Kブロックサイズのランダムアクセス)、Acc.time(アクセスタイム)の読み込み、書き込み時間を測定して、計測時間とスコアを表示します。テスト用のファイルサイズは 1GB / 3GB / 5GB / 10GB から任意に選択可能。他にコピー速度のベンチマーク、圧縮速度のベンチマークもテストできます。

提供元:

AS SSD Benchmark の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、ページ下部の「Download」下のダウンロードアイコンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(AS SSD Benchmark.zip)を解凍し、AS SSD Benchmark.exe から起動できます。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

使い方

SSDの性能をテストする

  1. 本ソフトを起動すると、メイン画面が表示されます。
  2. 「Start」ボタンをクリックすると測定を開始します。
  3. 測定が終わると、各項目の結果を表示します。
    Seq … シーケンシャルタイム
    4K … 4Kブロックサイズのランダムアクセスタイム
    4K-64Thrd … 64スレッドでの4Kブロックサイズのランダムアクセスタイム
    Acc.time … アクセスタイム

    それぞれのリードタイム、ライトタイムを測定し、スコアを表示します。

iops 表示に切り替える
メニューバーから「View」⇒「iops」とクリックすると、iops 単位での表示に切り替わります。
※ iops とは、1秒あたりに処理できる入出力(=読み書きできる回数)のこと。
測定ファイル単位を変更する
メイン画面上部の「1GB」プルダウンをクリックして、3GB / 5GB / 10GB に変更すると、読み込み、書き込みテストで利用するファイルサイズを変更できます。

コピー速度をベンチマークする
  1. メニューバーから「Tools」⇒「Copy-Benchmark」とクリックすると、コピーのベンチマーク画面が表示されます。
  2. 「Start」ボタンをクリックすると、ISO、Program、Game についてのスピード、間隔のベンチマークを測定できます。

圧縮速度をベンチマークする
  1. メニューバーから「Tools」⇒「Compression-Benchmark」とクリックすると、圧縮のベンチマーク画面が表示されます。
  2. 「Start」ボタンをクリックすると、圧縮速度についてグラフ表示します。

ユーザーレビュー

  • 5

    SSDの性能がきちんと出ているのか確認するのに便利。マザーボ…

    usericon icf(31)Windows 10

    SSDの性能がきちんと出ているのか確認するのに便利。マザーボードにUSB 3.0のカードを増設したときに、どのくらい性能が改善されたのか確認するのに使いました。4K-64Thrd、スレッドでの性能は興味深い。