Windows / Mac 対応のグラフィックカード&CPUベンチマークソフト

CINEBENCH のアイコン

CINEBENCH
  • 海外
  • 日本語✕

ダウンロード

対応OS:
Windows Vista/7/8/8.1/10(64bit)
バージョン:
15.038(2016/12/05)

PCのパフォーマンスを測定する、Windows / Mac 対応のクロスプラットフォームのベンチマークソフトです。
CPUのベンチマークでは、写真のような3Dシーンをレンダリングし、約2,000のオブジェクト、すべてのCPUに負荷をかけるために様々なアルゴリズムを使用し、最大256のスレッドの計測に対応しています。
グラフィックカードのベンチマークに使用されるシーンファイルは約28万ポリゴンを利用。
すべてのジオメトリ、シェーダ、テクスチャを測定前にグラフィックスカードに保存することで、他のシステムコンポーネントの影響を最小限に抑えるように設計されています。

提供元:

CINEBENCH の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、「DOWNLOAD CINEBENCH (WIN)」ボタンをクリックしてダウンロードします。
    ※ Mac 版の場合は「DOWNLOAD CINEBENCH (MAC)」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(CINEBENCHR15.038.zip)を解凍し、CINEBENCH Windows 64 Bit.exe から起動します。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

使い方

基本的な使い方

  1. 本ソフトを起動すると、SOFTWARE LICENSE AGREEMENT FOR MAXON CINEBENCH(MAXON CINEBENCH のソフトウェア使用許諾契約)画面が表示されます。
    「Accept(同意する)」ボタンをクリックします。
  2. メイン画面が表示されます。
    画面左の「Run」ボタンをクリックしてベンチマークを開始できます。
    • Open GL 右の「Run」ボタン
      グラフィックカードのベンチマークを行います。
      カーレースが終われば計測終了です。
    • CPU 右の「Run」ボタン
      CPUのベンチマークを行います。
      球体が全体表示されれば計測終了です。
    CPUのベンチマーク実行

その他

メニューバー「File」から次の機能を利用できます。
  • Keep best score
    ベストスコアを保存できます。
    保存したデータは「cb_ranking」フォルダー内に保存されます。
  • Advanced benchmark
    Single Core(シングルコア)での計測も可能になります。
    Advanced benchmark(高度なベンチマーク)
  • Run all selected tests
    すべてのベンチマークを開始します。
  • Prefrences
    レンダリングスレッド数をカスタマイズできます。
    設定

対応CPU

  • Intel
    Intel Pentium 4, Intel Pentium 4 D, Intel XEON, Intel Core 2, Intel Core i7, Intel Core i5, Intel Core i3, Intel Celeron, Intel Celeron D
  • AMD
    AMD Sempron, AMD Athlon 64, AMD Opteron, AMD Phenom, AMD FX, AMD Ontario, AMD Zacate, AMD Kabini, AMD Temash, AMD Beema, AMD Mullins, AMD Llano, AMD Trinity, AMD Richland, AMD Kaveri

※ 本ソフトは まずまず様 のご推薦により掲載させていただきました(2018年8月21日)。

ユーザーレビュー

  • 5

    管理人様、掲載頂きありがとうございます。 私は、最新CPU…

    usericon まずまず
    投稿数: 335件
    Windows 10

    管理人様、掲載頂きありがとうございます。
    私は、最新CPUや最新グラボを利用する事がないのですが、逆に古いタイプのものを、これでベンチマークテストをする事が多いです。
    専門家でもないので、結果はあくまで『自己自慢』になってしまいますが…(笑)
    数値を見て、一喜一憂している状況です。(笑)
    ただ、結果を見て、ある程度の性能は把握できると思います。
    Youtubeでも、多くの自作PCユーザーがベンチマーク結果を争うかの様に動画をアップしていますので、そちらも参考になると思います。

    3人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 5

    こいつはCPUベンチマーク兼ストレステストです。(OpenG…

    usericon つとむ
    投稿数: 50件
    Windows 10

    こいつはCPUベンチマーク兼ストレステストです。(OpenGLのテストもできます)
    単純なストレステストであればOCCTやPrime95の方が有名ですが、こちらはマルチスレッドの性能試験としてよく用います。
    ちなみに対応CPUに記載されていないAMD Ryzen 1700X(Summit Ridge)でも動作します。(スコアは1500くらい)
    所有はしていませんがRyzen ThreadripperやCore i9シリーズも動作するようです。
    なお、Win10であってもシネベンチ上ではWin8.1と表示されるのは仕様なのであしからず。

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • コメント

    インストール不要ということなので、興味本位の気楽な気持ちで試…

    usericon Gonbe
    投稿数: 801件
    Windows 10

    インストール不要ということなので、興味本位の気楽な気持ちで試用してみました。
    CPUが第2世代「i5」とショボい2011年製ノートPCで、グラフィック機能も非力。
    「Open GL」チェックは私のPCは適合しませんが、カーチェィスは鑑賞できました。
    しかし、「CPU」チェックは流石に凄い負荷であり、常時CPU使用率100%でした。
    その時の描画は、3Dモデリングソフト「Blender」で処理している時みたいでした。
    英語表記のソフトですが、複雑な操作はないので、迷うことなく使えると思います。

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい