複数ソフトをまとめてアンインストールし、残されたゴミもクリーンアップできるソフト

Bulk Crap Uninstaller のアイコン

Bulk Crap Uninstaller
  • 海外
  • 日本語✕
  • 寄付歓迎

ダウンロード

対応OS:
Windows 7/8/8.1/10
バージョン:
4.14(2019/06/11)

複数ソフトの一括アンインストールに対応したアンインストール支援ソフトです。
ソフトに付属のアンインストーラだけでは削除しきれない、残されてしまったジャンクファイル、レジストリエントリを検出して削除できます。
アンインストール時にシステムの復元ポイントの作成、レジストリエントリ削除時にはレジストリエントリのバックアップの作成を行って不具合発生時に戻すことができます。
ソフト付属のアンインストーラを自動で操作してソフトの削除を行ってくれる ” Uninstall quietly(静かにアンインストール)” 機能が特徴。
インストール済みソフトの一覧表示では、4段階のユーザー評価、ソフトのバージョン、インストール日時、電子証明書の有無などが表示され、Windows ストアアプリのアンインストールにも対応しています。

提供元:

Bulk Crap Uninstaller v3.13 uninstalling 37 applications(英語)

Bulk Crap Uninstaller の使い方

ダウンロード

  1. GitHub のダウンロードページへアクセスし、「BCUninstaller_4.14_setup.exe」リンクをクリックしてダウンロードします。
    USBメモリー等で持ち運べるポータブル版を利用したい場合は、「BCUninstaller_4.14_portable.zip」リンクをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(BCUninstaller_4.14_setup.exe)からインストールします。
    ※ インストール時に「Select Setup Language(言語選択)」画面が表示されますが、日本語に対応していないため「English」を選択して進めます。
    ※ インストール時に「Installation type(インストールの種類)」画面にて「Portable Installation」を選択すると、USBメモリー等にインストールしてポータブル版として利用できます。

使い方

初期設定

  1. 本ソフトの初回起動時には「Welcome to BCUninstaller!」と表示されたセットアップウィザード画面が表示されます。
    日本語対応していないため、そのまま「Continue」ボタンをクリックします。
    初期設定 - ウィザード
  2. ここではすべて初期設定のまま進めていき、最後の「Setup has been finished」画面で「Finish setup」ボタンをクリックします。
    ※ 後でメニューバー「Help」⇒「Start setup wizard」から再設定可能です。

インストール済みソフトの情報

本ソフトを起動すると、インストール済みソフトが一覧表示されます。
表示される項目は次の通り。
  • Name(名前)
  • Publisher(提供元名)
  • User rating(ユーザーの評価)
  • Version(バージョン)
  • Install Date(インストール日時)
  • Size(ファイルサイズ)
  • Startup(スタートアップ)
  • 64bit
  • Uninstall command(アンインストールコマンド)
  • About URL(URL)
  • Install Source(インストール元)
  • Install Location(インストール場所)
  • Uninstaller Kind(アンインストーラの種類)
  • System Component(システムコンポーネント)
  • Protected(保護)
  • Registry key(レジストリキー)
  • Product code(プロダクトコード)
  • Quiet uninstall command(「静かにアンインストール」コマンド)


ソフトをアンインストールする

インストール済みソフトの一覧をクリックして選択した後、次のいずれかの方法でアンインストールを行います。
  • メニューバーから「Basic operations」⇒「Uninstall」とクリックする
  • ツールバーの Uninstall をクリックする
  • 右クリックメニュー「Uninstall」をクリックする
  • Delete キーを押す

アンインストール手順
  1. アンインストールを実行すると、「Confirm that everything below is safe to uninstall(下記のすべてがアンインストールしても安全であることを確認してください)」画面が表示されます。
    「Uninstall」にチェックが入っていればアンインストール、「Quiet」にチェックが入っていれば ” 静かにアンインストール ” を行います。
    アンインストールして問題ない場合は「Continue」ボタンをクリックします。
    アンインストール実行時 - アンインストールするソフトの確認
  2. 「Create a restore point before uninstalling(アンインストールする前に復元ポイントを作成する)」画面が表示されます。
    システムの復元ポイントを作成する場合は「Create a new restore point」ボタンをクリックして復元ポイントを作成し、「Continue」ボタンをクリックします。
    復元ポイントの作成、アンインストールオプション
  3. 「Please make sure the Please make sure the following information is correct before starting the uninstallation. This is the last chance!(アンインストールを開始する前に、次の情報が正しいことを確認してください。 これが最後のチャンスです!)」
    アンインストール情報に問題がなければ「BEGIN UNINSTALLTION」ボタンをクリックしてアンインストールを開始します。
    アンインストール内容の確認
  4. ソフトのアンインストーラによるアンインストールを行います。
    アンインストールが終わったら「Uninstall progress」画面の「Close」ボタンをクリックします。
    アンインストール実行時 - アンインストールの進捗
  5. 「Do you want to look for leftovers from performed uninstallation(s)?(アンインストールで残されたものを探しますか?)」画面が表示されます。
    「Yes」ボタンをクリックすると、アンインストーラで削除されなかったジャンクファイルやレジストリエントリをスキャンします。
    ※ 「Remember choice」にチェックを入れると、選択を記憶して次回以降この画面が表示されなくなります。
    残されたジャンクファイル、レジストリエントリのスキャン確認
  6. 「Leftover removal(残されたものの削除)」画面が表示されます。
    「Export」ボタンをクリックすると、検出された項目の一覧をテキストファイルで保存できます。
    「Delete selected」ボタンをクリックすると、チェックを入れた項目の削除を行います。
  7. 「Do you want to create a registry backup before continuing?(続行する前にレジストリをバックアップしますか?)」画面が表示されます。
    レジストリのバックアップを行う場合は「Create」ボタン、不要な場合は「Don't create」ボタンをクリックします。
    ※ 「Remember choice」にチェックを入れると、選択を記憶して次回以降この画面が表示されなくなります。

複数ソフトをアンインストールする
次の方法で複数ソフトを選択してアンインストールできます。
  • Shift キーや Ctrl キーで複数選択する
  • 画面左の「Select using checkboxes」にチェックを入れ、削除したいソフトにチェックを入れる

”静かにアンインストール ” する
アンインストール時に「Uninstall quietly」を利用すると、アンインストール手順の3番目にある、ソフトのアンインストーラによるアンインストールをスキップして、自動でアンインストールを行ってくれます。
”静かにアンインストール ”は次のいずれかの方法で実行します。
  • メニューバーから「Basic operations」⇒「Uninstall quietly」とクリックする
  • ツールバーの Uninstall quietly をクリックする
  • 右クリックメニュー「Uninstall quietly」をクリックする
  • Shift + Delete キーを押す

フィルタリングによる絞り込み

フィルタリング機能により、表示したいソフトを絞り込むことができます。

Windows Store アプリ
メニューバーから「Quick filters」⇒「View Windows Store Apps」とクリックすると、Windows Store アプリのみ表示されます。
画面左上の「Search」のテキストボックスに表示された「StoreApp」を消すか、メニューバーから「Quick filters」⇒「Default filters」とクリックすると元の表示に戻ります。

Filtering(フィルタリング)
画面左の「Filtering」項目の各チェックボックスにチェックを入れることで、次のフィルタ機能を利用できます。
  • Hide published by Microsoft
    Microsoft 製品を非表示にする
  • Show unregistered applications
    レジストリに登録されていないアプリケーションを表示する
  • Show system components
    システムコンポーネントを表示する
  • Show protected items
    保護されたアイテムを表示する
  • Show tweaks
    Windows の機能を表示する
  • Show Windows store apps
    Windows ストアアプリを表示する

更新履歴(英語)

Version 4.14 (2019/06/11)
  • Features and fixes
    ・Added detection for applications installed by Scoop
    ・Added export command to bcu-console and updated help
    ・Added "App" and "Game" folders to potential executable folder names
    ・Added App.config to bcu-console, fixes some issues
    ・Added Slant.co search engine
  • Translations
    ・Added partial Japanese translation (very limited)
    ・Fixed some tr translations not being used

Version 4.13 (2019/03/28)
  • Features and fixes
    ・Added "Advanced operations\Take ownership" function
    ・Added COM leftover scanning
    ・...(省略)
  • Translations
    ・Merged Dutch translation update by Jaap Kramer
    ・Merged French translation update by Thierry
    ・...(省略)

Version 4.12.3 (2019/02/02)
  • Added junk scanner for Debug Tracing/Logging Configuration
  • Use renewed code signing certificate (fixes unknown publisher warning)
  • Fixed invalid Steam library folders causing detection issues

ユーザーレビュー

  • 5

    >助かりました さんの見解、その全文に同意します。 その節…

    owl
    owl
    投稿数: 299件
    Windows 10

    >助かりました さんの見解、その全文に同意します。
    その節は、当アプリに出会え幸運でした。

    PC 使途が限定的(SNS、YouTube、ゲーム、などに関心がない)で、freesoft も摘み食いをしないので、滅多なことでは特別な削除機能を必要としませんが、当アプリで大概、事足りてしまいます。

    「Uninstaller」機能は、そのアプリ機能の性格上、インベントリ(システム構成や PC の運用歴など)の極めて重要な個人情報が収集できてしまう懸念があります。そのため、営利企業製のものは敬遠しています。
    当アプリは「オープンソースプロジェクト」でソースコードが公開されており、不審な要素がありません。相変わらず、更新もマメであり、issue(改善すべき不具合)も見当たりません。もちろん、肝心の「削除機能」と「パフォーマンス」も抜群です。
    ただ、日本語で利用できないためか、日本では不人気で、残念です。
    この手のツールでの行為(要領)は限られており、単純です。ぜひ「お試し」下さい。
    当サイト(freesoft 100)の解説(使い方)で必要十分ですが、
    過去ログ「Bulk Crap Uninstaller に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る」もご参考に:
    https://freesoft-100.com/review/soft/bulk-crap-uninstaller.html

    余談:
    「力技」ですが、WizFile でも完全削除が可能です。
    Bulk Crap Uninstaller で削除&クリーンアップ後、WizFile で(残留物などを)点検しますが「綺麗さっぱり」を確認できています。ただし、ウイルス対策ソリューションや特殊な管理者権限が必要なものは、システム損傷(起動不能 etc)の恐れがあるため、それが指定する「正規の削除法」で対処をした方が間違いがありません。

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • コメント

    【追記あり】このソフトに関しては二度目の書き込みになります。…

    助かりました
    助かりました
    投稿数: 14件
    Windows 7

    このソフトに関しては二度目の書き込みになります。
    日本だとまだ評価が少ないので残念な気がして
    自分のスキルではまだまだ使いこなせてはいないのですが
    再度書き込みさせていただきます。
    このソフトは一言で言うと性能がいいです。
    アンインストーラー系は今は自分はこれ一本です。
    豊富にあるユーザーインターフェースの項目の中に
    核マークのボタン状のものがあります。
    そこをクリックすると出てくる項目で、
    アインインストールしたいソフトのあるディレクトリを選択して
    アンインストールさせれば
    ポータブルソフトをPC等で使った時に書き込まれる
    レジストリ書き込みを辿って削除してくれたりもします。
    自分は英語含め外国語は苦手ですが
    このソフトを使用するためにグーグル翻訳等で
    勉強も兼ねて調べてみようと思っています。
    良いソフトがあると使うユーザー自身も
    それに追いつこうとするものなんですね。


    追記:owlさんレスありがとうございます。
    自分もEverythingを愛用しておりましたが
    WizFileという存在を教えていただき感謝です。
    早速使用してみようと思います。

    2人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 5

    GeekUninstaller や CCleaner では検…

    owl
    owl
    投稿数: 299件
    Windows 8/8.1

    GeekUninstaller や CCleaner では検出できなかった「McAfee」の隠しプログラムを見事に検出し、ようやく除去&一掃(完全削除)することができた。
    素晴らしい!

    4人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい

Bulk Crap Uninstaller に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 5 件)