軽快に使える高機能テキストエディター

EmEditor のアイコン

EmEditor
  • シェアウェア
  • 体験版○

ダウンロード

対応OS:
Windows 7/8.1/10, Window Server 2008/2012
バージョン:
19.5.0(2019/12/19)

文字コードは Shift-JIS / EUC / UTF-8 など多くの文字コードに対応し、HTMLファイルやCファイルなどファイルの種類によってタグの色分け、指定範囲の大文字・小文字変換や全角・半角変換、HTMLタグ入力をサポートするHTMLツールバー、DIFF(ファイルの差分比較)などの豊富な機能を備えています。

提供元:
※ Professional 版の30日の試用期間が経過すると、機能制限されるものの Free 版として無料で利用できます。
※ Free 版は、個人かつ非商用利用に限り無償で利用できます。

v19.5 で追加された新機能:頻出文字列を抽出

EmEditor の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、「今すぐダウンロード」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(emed64_19.5.0.msi または emed32_19.5.0.msi)からインストールします。

使い方

更新履歴

Version 19.5.0 (2019/12/19)
  • 一般の新機能
    ・[頻出文字列を抽出] ダイアログ ボックスを追加し、頻出する行全体または文字列の一覧を CSV 文書として作成できるようになりました。
    ・検索の抽出の結果より頻出文字列の表を作成することができるようになりました ([検索] ダイアログ ボックス – [抽出] ボタンの右側の▼ – [抽出オプション] ダイアログ ボックス – [頻出文字列を数える] チェック ボックス)。例えば、現在の文書に頻出 IPv4 アドレスの一覧を作成するには、[検索] ダイアログ ボックスを開き、[抽出] ボタンの右側の▼ボタンをクリックし、[抽出オプション] を選択し、[抽出オプション] ダイアログ ボックスで、[一致した文字列のみ] を選択し、[頻出文字列を数える] チェック ボックスを設定し、[検索] ダイアログ ボックスで [数値範囲] ラジオ ボタンをクリックし、[検索する文字列] テキスト ボックスに 「0.0.0.0/0」と入力して、[抽出] ボタンをクリックします。
  • …(省略)

Version 19.4.0 (2019/12/05)
  • 一般の新機能
    ・オートフィル機能を CSV でない文書や、セル選択モードを使用しない CSV 文書でも使用できるように拡張し、オート リピート機能となりました。マウスでオート リピート ハンドルをドラッグすると、選択テキストまたは連番をドラッグしている方向にコピーします。(本機能を無効にするには、[カスタマイズ] ダイアログ ボックスの [マウス] ページの [セル選択モードでない時、オートリピート ハンドルを有効にする] チェック ボックスをクリアします。)
    ・新バージョンでは、選択テキストの左右の端をマウスでドラッグすることにより選択範囲を伸縮することができるようになりました。マウスで選択した後、選択範囲を再調整したい場合に使用します。選択テキストの上下の端をマウスでドラッグすると、箱型選択を作成できます。また、複数選択の場合は、各選択の左右の端をドラッグすることにより、各選択の幅を調整できます。(本機能を無効にするには、[カスタマイズ] ダイアログ ボックスの [マウス] ページの [選択テキストの端をドラッグで選択範囲を伸縮] チェック ボックスをクリアします。)
    ・CSV フォーマットの最大数を 64 に増加しました (ファイルを開く時の CSV 自動検出は、最初の 8 個までが設定可能となります)。
    ・マクロ実行中でも一時的な CSV フォーマットを作成できるよう、CSV 定義に関するマクロを拡張しました。
    ・新バージョンでは、[名前を変更] コマンド (旧 [名前を変更して保存] コマンド) は、無題の文書に対しても実際には保存せずに使用することができるようになりました。
    ・[コピー]、[切り取り]、[貼り付け] コマンドの動作を高速化しました。
  • …(省略)

Version 19.3.2 (2019/11/03)
  • [1行上へ移動]、[1行下へ移動] コマンドが正しく動作しない不具合を修正しました。

ユーザーレビュー

  • 3

    14.7から17.4にアップグレードしましたが、 旧版では…

    tooli
    tooli
    投稿数: 1件
    Windows 7

    14.7から17.4にアップグレードしましたが、
    旧版では使えた、対応するかっこへ移動(Ctrl+])が使えなくなりました。
    代わりに、開いているファイルすべてを一括検索・置換ができるようになっています。
    コードを書く立場からしたら、一括変換はできなくてもいいから Ctrl+] が使えたほうがいいので、14.7に戻すことにしました。
    残念です。

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 5

    おお!バージョンアップされて使いやすくなってる!(@o@) …

    てきとう(^^)
    てきとう(^^)
    投稿数: 38件
    Windows 10

    おお!バージョンアップされて使いやすくなってる!(@o@)
    しかも「送る」メニューにショートカットが!
    フリー版への切替え方法もフリー版のトップページに書かれています。

    インターフェースデザインも微かに変わって爽やかになっています。
    地味に見える改良なのに、使い勝手が向上しているのは素晴らしい(^^)b

    エンコーディング検出がじわじわ来るめんどくささなのは相変わらずでしたが…こういうポリシーなのだと思うことに(^^;)

    woowooさんの仰るように、カスタムインスコを選べばシェル入れないで済みましたね…失礼いたしました(^_^;)

    これで恐怖の2GB超えダンプファイル開くのも余裕っすw
    もう旧版を使う理由はないかと。
    メモ帳の置換え軽量テキストエディタとして安心してオススメできます(^^)

    このレビューは参考になりましたか?はい
  • コメント

    てきとう(^^)さん シェル拡張などはインストール時にカス…

    woowoo
    woowoo
    投稿数: 26件
    -

    てきとう(^^)さん
    シェル拡張などはインストール時にカスタムでインストールしないようにできましたよ。

    このレビューは参考になりましたか?はい

EmEditor に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 11 件)