Linux系端末にも対応した軽快に起動するPDFビューア

Evince のアイコン

Evince
  • 海外
  • 日本語○

ダウンロード

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1, Linux
バージョン:
2.32.0.145(2011/10/08)

PDF以外にも、PostScript / Tiff / DVI / Djvu / コミックブック(CBR / CBZ / CB7 / CBT) フォーマットの読み込みに対応しています。
表示方法は、連続ページ表示や見開き表示、ページの回転、フルスクリーン表示が可能。
左クリックで次ページ表示、右クリックで前ページ表示ができるプレゼンテーション表示ができるほか、ショートカットキーでの操作にも対応しています。

提供元:

Evince の使い方

ダウンロード

  1. こちらからダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(evince-2.32.0.145.msi)からインストールします。

使い方

基本的な使い方

表示させたいファイルをドラッグ&ドロップするか、メニューバーの「File」⇒「Open」をクリックして開くことができます。

  • ツールバーの 前へ ボタンで前ページ、次へ ボタンで次ページへ移動します。
  • メニューバーの「編集」⇒「左へ回転」で左90度回転、「編集」⇒「右へ回転」で右90度回転します。
  • メニューバーの「表示」から次の操作ができます。

ショートカットキー


※ USBメモリー対応 : Evince Portable

ユーザーレビュー

  • コメント

    PDFファイルによっては文字が表示されず、□□□□になるもの…

    usericon is
    投稿数: 5件
    Windows 7

    PDFファイルによっては文字が表示されず、□□□□になるものがありました。
    プロパティのFontに”Not Embedded”があるからか?

    ほかのビューワーでは普通に表示されます。
    代わりのテキストで表示してくれるとか、Fontをインストール?してくれるとかがなければ
    使いようがありません。

    ヘルプ(※日本語)は見たけどよくわからなかった。

    このレビューは参考になりましたか?はい