PDFに文字入れ、ハイライト表示、取り消し線、付箋、矢印や多角形の挿入などのちょっとした編集を行える PDF-XChange Viewer の後継ソフト

PDF-XChange Editor のアイコン

PDF-XChange Editor
  • 海外
  • 日本語✕

ダウンロード

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10
バージョン:
7.0.325.1(2018/04/24)

ちょっとしたPDF編集機能を備えたPDFリーダー&エディターソフトです。
開発終了した PDF-XChange Viewer の後継ソフトで、ほぼ同等の機能を使うことができます。
PDFをブラウザーのようにタブ形式で複数開くことができ、テキスト選択、手のひらツール、回転、ページ幅に合わせて表示、ズーム、ブックマーク表示、サムネイル表示、見開き表示、連続表示などの基本的な閲覧機能を用意。
ドラッグして選択した範囲や1ページまるごとを画像としてクリップボードにコピーできるスナップショットツールも利用できます。
テキスト内容の編集機能はライセンスの購入が必要となりますが、タイプライター、テキストボックスなどのツールを使ってちょっとした文字入れは可能です。
その他に、吹き出し、強調(ハイライト)、下線、付箋、ファイル添付、サウンド添付、オブジェクト(ライン、矢印、楕円形、矩形、ポリゴン…)、スタンプ、鉛筆などのツールを利用して編集できます。

提供元:
※ デジタル署名、墨消し、フォームなどの機能はライセンス購入しない場合は評価版としての利用となり、保存時にDEMOスタンプが追加される制限があります。
※ 印刷するとPDFに変換できる仮想プリンターの「PDF XChange Printer Lite」が同梱していますが、ライセンスを購入しない場合は変換したPDF上部にDEMOスタンプが追加される制限があります。

PDF-XChange Editor の使い方

ダウンロード

  1. 窓の杜へアクセスし、「窓の杜からダウンロード」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(PDFXVE7.zip)を解凍し、セットアップファイル(PDFXVE7.exe)からインストールします。
    ※ インストール時は英語表記ですが、ソフトは日本語で利用できます。
    ※ インストール時に「Free Version」を選択することで、無料で利用できます。

使い方

日本語化手順

初期状態では日本語と英語が混在した表示となっていますが、日本語言語をインストールして日本語で利用できるようになります。
  1. 提供元サイトの PDF-XChange Editor Language Support ページへアクセスし、「Japanese」項目右の「Download」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした日本語ランゲージファイルを実行すると、「Install new languages for the user interface(ユーザーインターフェイスの新しい言語をインストールする)」画面が表示されます。
    「For the current user only(現在のユーザーのみ)」または「For all users on this machine(このマシン上のすべてのユーザー)」のどちらかをクリックしてインストールします。
  3. PDF-XChange Editor が起動している場合は一度終了して再起動すると、日本語表示になります。

PDFを閲覧する

本ソフトを起動し、次の方法でPDFを開いて閲覧できます。
  • ドラッグ&ドロップする
  • メニューバーの「ファイル」⇒「開く」から次のいずれかを選択する
    • 最近使用したファイル
    • セッション
    • URLから開く
    • 配置を追加(Dropbox / Google Drive / SharePoint を選択可能)
    • ブラウズ(PC内から指定する場合はこれを選択)

ページレイアウトを変更する
画面右下のページレイアウトツールから左から順に次のように表示を変更します。
ページレイアウトツール
  • 単一ページ
    ページを単一で表示します。
  • 連続
    ページを連続で表示します。
  • 見開き
    2ページを見開きで表示します。
  • 見開き連続表示
    2ページを見開きで連続で表示します。

ブックマークやサムネイルを表示する
画面左下の「オプション」ボタンをクリックしてブックマーク、サムネイル表示などのドキュメントオプションを利用できます。

基本的な機能

メニューバーから次の機能を利用できます。
※ 評価版でのみ利用できる機能については省略しています。

表示
  • ツール
    手のひら、テキスト選択、コメントを選択、スナップショット、クリップボード(切り取り、コピー、貼り付け)、を利用できます。
  • 移動
    ページを指定して移動、先頭ページ、前のページ、次のページ、最後のページへ移動します。
  • ズーム
    ページを合わせる(縦幅)、幅を合わせる(横幅)、ページコンテンツを合わせる、指定した倍率でズーム、拡大、縮小、パンとズーム
  • ページの表示
    ルーラー、グリッド、ガイド、細線、透明度グリッド、ページサイズ/位置、分割、ページ遷移、自動スクロール
  • ウィンドウ
    ドキュメントタブ、ペイン、ポートフォリオ

コメント
  • ツール
    コメントの編集
  • テキスト
    タイプライター(テキストのみ)、テキストボックス(テキスト+枠)、吹き出し、を利用して文字入れできます。
  • メモ
    付箋、ファイル添付、サウンド
  • テキストマークアップ
    強調、下線、取り消し線
  • 図形
    線、矢印、矩形、楕円などのオブジェクト、スタンプ、鉛筆(フリーハンド)、消しゴム
  • 測定
    距離測定、周囲測定、領域測定
  • コメント管理
    要約、インポート、エクスポート、フラット化、コメントリスト、コメントスタイル

保護
  • ドキュメントのセキュリティ
    閲覧パスワード、編集や印刷のパスワードを設定、管理できます。

フォーム
  • Javascript
    Javascript コンソール、ドキュメント化、ドキュメントアクション

整理
  • ページ
    ページを抽出、スプリット(ドキュメントを分割)
  • ページに変換
    回転

変換
  • エクスポート
    指定したページを画像(TIFF/BMP/PNG/GIF/PBM/PGM/PPM/JBIG2/JPEG2000/JPEG/WBMP/PCX/DCX/TGA)/Word/Excel/PowerPoint に変換できます。
  • OCR
    OCRを使用してページのテキストを認識します。

共有
  • 送る
    メール送信

校閲
  • 校正
    スペルチェック、ワード数
  • コメント
    コメント(付箋、強調、下線、取り消し線)の追加・削除、コメントリスト
※ デジタル署名、墨消し、フォーム、ページの入れ替え、クロップ、リサイズ、ブックマークなどの機能はライセンス購入しない場合は評価版としての利用となり、保存時にDEMOスタンプが追加される制限があります。

ユーザーレビュー

  • 4

    有償アプリとしての評価は★5つです。しかし、無償で使用する場…

    usericon maglianera
    投稿数: 1件
    Windows 10

    有償アプリとしての評価は★5つです。しかし、無償で使用する場合には★3つ。
    フォントの種類と大きさを指定して書き込め、さらにやり直しも効く機能は非常に優秀なのですが、その有償の機能をトライアル期間中に「お試しで」使用してしまうとさあ大変!期間経過後には大きなウオーターマーク(消印のようなもの)がついて、これが外せなくなり、有償機能を使用した部分が使えなくなるだけなのではなく、もとのファイルが事実上使用不能となってしまいます。まぁ、デジタルファイルなので元ファイルを別に残しておけばいいだけですが、このまさかの落とし穴を知らなければアウトです。不親切だと言わざるを得ません。この仕組はいくらなんでも再考していただきたい。

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 4

    動作に問題はなく安定して利用できた、フリーでは一部の機能が …

    usericon watarin
    投稿数: 78件
    Windows 10

    動作に問題はなく安定して利用できた、フリーでは一部の機能が
    使えない為、アイコンのマークが表示される、どの機能が対象
    なのか親切に表示されていました。

    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 5

    文字表示もしっかりし、操作のしやすさ(Excel風)です。 …

    usericon takao
    投稿数: 48件
    Windows 10

    文字表示もしっかりし、操作のしやすさ(Excel風)です。
    間違いなくお薦めのソフトと思います。

    このレビューは参考になりましたか?はい