オープンソースで開発されている動画変換ソフト

HandBrake のアイコン

HandBrake
  • 海外
  • 日本語○

ダウンロード

対応OS:
Windows 7/8.1/10, Mac OS X 10.11 以降, Ubuntu
バージョン:
1.4.1(2021/08/17)

DVD / ビデオファイル(VOB) / MPEG / ISOイメージファイルなどのほとんどすべての動画フォーマットから、iPhone / iPad / Android / PSP / AppleTV 向け動画用のフォーマットへ変換できるソフトです。
オープンソースで開発されており、Windows / Mac / Linux のクロスプラットフォームで動作します。

提供元:
● 読み込み : DVD, VIDEO_TSフォルダー, Blu-ray, イメージファイル, VOB などほとんどすべてのマルチメディアファイル(※ただし、コピー防止機能付きを除く)
● 書き出し(動画) : MP4(M4V), MKV, WebM
● エンコーダー(動画) : H.265(x265 / QuickSync), H.264(x264 / QuickSync), H.265 MPEG-4 / MPEG-2, VP8, VP9, Theora
● エンコーダー(音声) : AAC / HE-AAC, MP3, Flac, AC3, Vorbis

HandBrake の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、「Download HandBrake」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(HandBrake-1.4.1-x86_64-Win_GUI.exe)からインストールします。

使い方

動画を変換する流れ

  1. 本ソフトを起動すると、「ソースを選択」画面が表示されます。
  2. 画面左の「フォルダー」をクリックして動画の含まれるフォルダー、「ファイル」をクリックして動画ファイルを選択するか、ドラッグ&ドロップすると、動画ファイルを読み込みます。
  3. 変換したいフォーマット(コンテナ)を MP4/MKV/WebM から選択します。
    デフォルトでは「MP4」が選択されています。
    変換したいフォーマットを選択する
  4. 画面下部の「保存先」右にある「参照」ボタンをクリックして保存先を設定します。
  5. ツールバーの エンコード開始 をクリックすると、動画を変換して保存します。
    進捗状況がステータスバーに表示されます。

変換オプション

プリセットを利用する
「プリセット」横のプルダウンをクリックして、エンコード、フレームレートなどがひとまとまりになったプリセットを利用可能です。
次のプリセットが用意されています。
  • General(一般的なプリセット)
    幅広いソフトやデバイスで利用できる、高い互換性のあるMP4コンテナ(.mp4)に変換します。
  • Web(ウェブのプリセット)
    ウェブ(Discord Nitro / Gmail / Vimeo / YouTube)で動画を共有するように最適化します。
  • Devices(デバイスのプリセット)
    スマートフォン、タブレット、TVメディアプレーヤー、ゲーム機などのデバイス(Amazon Fire / Android / Apple / Chromecast / Playstation / Roku / Xbox)に対応したフォーマットに変換します。
  • Matroska(Matroska プリセット)
    Matroska マルチメディアコンテナ(.mkv)に変換します。
  • Hardware(ハードウェア)
  • Production(制作プリセット)
    プロ向けのビデオ編集ワークフローに適した、マスタリンググレードの短いGOP、高ビットレートオーディオの固定フレームレートビデオを作成します。
    ※ ほとんどの圧縮ソースよりもはるかに大きいファイルを作成するため、一般的な使用には適していません。

品質を調整する
「動画」タブの「固定品質」のスライダーを動かして動画品質を調整できます。
スライダーを左に動かして数字を大きくするほど低品質(=ファイルサイズ小)となり、スライダーを右に動かして数字を小さくするほど高品質(=ファイルサイズ大)となります。
※ 適切な数値以上に高品質にした場合、実感を得られないにもかかわらずファイルサイズが大きくなる場合があります。

ダークテーマを利用する

  1. メニューバーから「ツール」⇒「基本設定」とクリックします。
    「ツール」⇒「基本設定」
  2. 「設定」画面が表示されます。
    「Theme」項目から「Use Dark」を選択します。
  3. 本ソフトを再起動すると、ダークテーマが適用されます。

更新履歴

※ Google 翻訳で日本語にしています。
Version 1.4.1 (2021/08/17)
  • すべてのプラットフォーム
    • 一般
      ・Intel ベースのシステムで「Align AV」を使用するとクラッシュする問題を修正しました。(#3683)
      ・VOBファイルが欠落している特定のDVDを読み取るときのクラッシュを修正しました
    • フィルタ
      ・新しいフィルター:クロマスムース
      ・新しいフィルター:カラースペースの選択。
      ・新しいフィルター:フルパスを使用する場合の QuickSync ハードウェアアクセラレーションによるクロップ/スケールのサポート。
    • ハードウェアエンコーディング
      ・QuickSync で加速されたクロップ/スケールが誤ったアスペクト比を生成する問題を修正しました(#3236)
      ・QuickSync エンコーダーを使用しているときの字幕スキャン後のクラッシュを修正しました。(#3741)
    • 字幕
      ・フォントとフォントの太さの選択に関するいくつかの問題を修正する必要があるいくつかのlibassパッチをバックポートします。(#3736)
      ・サードパーティのソフトウェアがdvb字幕付きの HandBrake ファイルを処理できない可能性がある問題を修正しました。
    • コマンドラインインターフェイス
      ・-w および -h を使用したときにアップスケーリングを妨げていたリグレッションを修正しました(#3746)
    • Linux
      ・追加:ファイルダイアログにブックマークを表示する flatpak 権限(#3748)
    • Mac
      ・VideoToolbox エンコーダーの使用時に Quality Slider が無視されていた問題を修正します。(#3751)
      ・互換性のないハードウェアプリセットが選択される可能性がある問題を修正しました。
    • Windows
      ・Windows UI ビルドが ARM64 デバイスで利用できるようになりました。(ダウンロードセクションで arm64 または aarch64 という名前)
      ・.NET Desktop Runtime 5 の要件を通知し、既存のキューを完成させるためのアップグレード通知をインストーラーのウェルカムページに追加しました。(#3693)
      ・可変リフレッシュレートの問題とレンダリングの破損を引き起こすサードパーティソフトウェアの問題を回避するために有効にできるソフトウェアレンダリングのサポートが追加されました(#3755)
      ・プリセットツールバーボタンがプリセットリストをレンダリングする方法を定義する新しい設定を追加しました。(#3697)
      ・状況によってはすべてのユーザー設定が読み込まれないクラッシュを修正しました。
      ・環境設定の「設定のリセット」ボタンを修正しました。特定の設定が正しくリセットされませんでした。(#3726)
      ・アプリが管理者として実行されていない場合にインストーラーの実行に失敗する可能性がある組み込みアップデーターの問題を修正しました。
      ・最大同時エンコード設定に変更を適用するためにアプリを再起動する必要がある問題を修正しました。
      ・オーディオのデフォルトのフォールバックエンコーダーの品質/ビットレート/ミックスダウン設定が正しい値を表示しない問題を修正しました(#3739)
      ・複数の Intel GPU が使用されるQSVマルチインスタンスサポートを修正しました。

    Version 1.4.0 (2021/07/18)
    • すべてのプラットフォーム
      • 一般
        ・HandBrakeエンジンは10ビットと12ビットに対応しています。すべてのフィルターが10ビットと12ビットをサポートしているわけではないことに注意してください。8ビットフィルターを使用すると、パイプラインが8ビットで実行されます。詳細については、ドキュメントを参照してください。
        ・HDR10メタデータは、存在する場合、ソースファイルから渡されます。
        ・ファイルスキャン中に生成される静的プレビューは、圧縮されたjpeg形式で保存されるようになりました(以前はYUV420として保存されていました)。一時的なディスクスペースの使用量とディスクの書き込みが大幅に削減されます。これはlibjpeg-turboを使用します
      • …(省略)

      Version 1.3.3 (2020/06/14)
      • すべてのプラットフォーム
        • 一般
          ・MKVで正しく設定されていないISO639-2 / B言語コードを修正しました(ヘブライ語、インドネシア語、ジャワ語、イディッシュ語に影響します)(#2903)
          ・ビデオトラックの開始が遅れたなどの理由で、ピクセル形式をすばやく識別できないソースのサポートが改善されました(#2893)
          ・ハードウェアサポートが無効になっている場所を特定するためのログを追加しました
          ・その他のバグ修正と改善
        • …(省略)

フィードバック

ユーザーレビュー

  • 3

    これはずっと使っている人間としては、昔の方が使いやすかった感があり…

    M・MAX
    M・MAX
    投稿数: 17件
    Windows

    これはずっと使っている人間としては、昔の方が使いやすかった感があります。

    どうも、新しくなるにつれ使いづらい感じで。
    最近は使用頻度が消えましたね。

    2人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 3

    オープンソースのソフトで完全無料で利用できるので、とやかく文句を言…

    UtauHiKitsune75
    UtauHiKitsune75
    投稿数: 60件
    Windows 10

    オープンソースのソフトで完全無料で利用できるので、とやかく文句を言うつもりは無かったのですが、バグが多い。
    標準で日本語に対応していてほしかった。
    以上

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 4

    前verではGPUによるエンコードはNVIDIAのCUDAのみに対…

    つとむ
    つとむ
    投稿数: 54件
    Windows 8/8.1

    前verではGPUによるエンコードはNVIDIAのCUDAのみに対応していましたが、バージョンアップにより、QSV(Quick Sync Video)に対応しました。
    Intelの第2世代以降のCore iシリーズに搭載されているQSVはCPU内蔵GPUでエンコードすることにより、CPUのみでのエンコードに比べ、圧倒的高速でエンコードできます。また、CPU使用率も下がるので低負荷かつ高速なエンコードが可能になります。
    参考までにですが、QSV使用時は非使用時に比べ10倍ほどのスピードでエンコード可能です。

    6人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?

HandBrake に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 9 件)