ジョイスティックでマウス操作やキー入力を行えるユーティリティツール

JoyToKey のアイコン

JoyToKey
  • シェアウェア
  • 体験版○

ダウンロード購入する

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

レビューを投稿する

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10
バージョン:
6.6(2021/03/14)

ジョイスティックの入力をキーボード入力やマウス操作の入力に変換して、ソフトやゲームを操作できるようにしたユーティリティソフトです。
入力の自動連射機能や、複数キーを1つのボタンで対応でき、最大16本のジョイスティックに「最大8軸+POV2つ+X・Y軸に関する斜め入力+32ボタン」の設定が可能です。

提供元:
※ 本ソフトはシェアウェアですが、機能制限や試用期限はありません。

JoyToKey の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページへアクセスし、「joytokey.net からダウンロード」リンクをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(JoyToKeySetup_ja.exe)からインストールします。

使い方

更新履歴

Version 6.6 (2021/03/14)
  • XBox Series X/S のコントローラーで新しく追加された「共有」ボタンを Wireless 接続時にサポート
    「共有」ボタンは少し特殊なため、使いたい場合は「設定」→「全体設定」から、入力デバイスの処理方法として "Experimantal Logic (Beta)" を指定する必要があります。
  • ジョイスティックを接続・切断した場合に、できるだけ自動的に検出できるようにしました。
  • マウスカーソルの絶対座標指定で、負の座標を指定できるようにしました。
    メインモニターの左側にモニターがある場合にお試しください。
  • コマンドラインオプションで "-q" (quiet) を指定すると、ログファイルの生成を省略できるようにしました。
  • https://www.oneswitch.org.uk/ のために、新規に検出されたデバイスのデフォルト設定値を "JoyToKey.ini" ファイルから定義できるようにしました。
  • 利用APIの関係で、今後は Windows Vista, 7, 8, 10 のみの対応となりました。
    Windows 2000, XP をお使いの方は、今まで使用してきたバージョンを末永くお使いいただければ幸いです。
  • その他バグ修正

Version 6.5 (2020/08/16)
  • 新機能:特殊割り当てで、任意の文字列を送る(ペーストする)機能をサポート
  • Options →「連続して同じキーが続く場合に再度入力処理する」がオフの場合には、同じキー入力を重複して処理させないようにしました。
  • 例えば、「SHIFT+右矢印、SHIFT+下矢印、・・・」のように SHIFT キーと他のキーの組み合わせがいくつも押された場合、SHIFT キー入力は最初から最後まで一度だけ押されて保持されます。
  • 一方、押された都度同じキーを何度も押し直して処理させたい場合には、(例えば SHIFT キーを押して離して、押して離して、と繰り返したい場合は)「連続して同じキーが続く場合に再度入力処理する」をオンにしてください。
  • その他軽微なバグ修正

Version 6.4.3 (2020/06/03)
  • バグ修正

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?