メニューバーもツールバーもステータスバーもない、シンプルなPDFビューア

MuPDF のアイコン

MuPDF
  • 海外
  • 日本語✕

ダウンロード

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10
バージョン:
1.19.0(2021/10/05)

ウィンドウ枠のみで表示される、すっきりとしたPDFビューアソフトです。
メニューバーやツールバーが用意されておらず、右クリックメニューもありません。
マウスのドラッグかマウスホイールでコロコロしてページを切り替えられますが、基本的な操作はすべてキーボードショートカットで行います。
例えば . キーで前のページ、. キーで次のページへ進みます。
ズームインズームアウトは + キーと - キー。
L キーで左回転、R キーで右回転などの層ができます。

提供元:

MuPDF の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページへアクセスし、「mupdf-1.19.0-windows.zip」リンクをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(mupdf-1.19.0-windows.zip)を解凍し、mupdf.exe から起動します。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

使い方

PDFを閲覧する

本ソフトを起動すると、ファイル参照ダイアログが表示されます。
閲覧したいPDFを選択して「開く」ボタンをクリックすると、PDFファイルを開くことができます。
マウスで上下にスワイプしたり、マウスホイールを動かしてページを進めたり戻したりできます。

キーボードショートカット

キーボードショートカットで操作できます。

更新履歴

※ Google 翻訳で日本語にしています。
Version 1.19.0 (2021/10/05)
  • 1.19.0リリースが利用可能になりました。

Version 1.19.0-rc2 (2021/09/13)
  • Luratech JBIG2およびJPEG2000デコーダーのサポートを削除しました。
  • より多くの出力オプションのために「extract」ライブラリを追加しました:
    ・DOCX出力形式を追加しました
    ・ODT出力フォーマットを追加
  • 注目すべき新機能:
    ・元に戻すとやり直すためのジャーナル
    ・自動保存と復元のスナップショット(モバイルアプリのバックグラウンド用)
    ・リフロードキュメントラッパー
    ・注釈とウィジェットのロールオーバーの外観
    ・署名されたデジタル署名の外観をカスタマイズする
    ・OCR関数へのコールバックの進行とキャンセル
    ・署名フォームフィールドを作成する
  • マイナーな新機能:
    ・pdfwrite 出力でCJKフォントをサポートする
    ・pdfwrite 出力でJBIG2画像をサポートする
    ・すべてのマークアップ注釈タイプの不透明度をサポート
    ・mupdf-gl の高DPI対応UI
    ・mutool extract-アルファチャネルとして SMasks を埋め込むオプション
  • APIの変更:
    ・pdf_widget タイプのエイリアスを削除しました(常にpdf_annotと同じでした)
    ・注釈の「ダーティ」ロジックを更新
    ・関数名とタイプ名のタイプミスを修正:指定名 -> 識別名
    ・'mutoolrun' で利用できるその他の関数
    ・Java ライブラリで利用できるその他の関数
  • EPUB用の新しいユニコードスクリプトとフォント:
    ・Dogra、Elymaic、Gondi、Hanifi Rohingya、Masaram Gondi、Medefaidrin、Nushu、Nyiakeng Puachue Hmong、Old Sogdian、Sogdian、Soyombo、Wancho、Yezidi、Zanabazar Square
  • C++ および Python バインディング:
    ・C++ と Python のバインディングが Windows で機能するようになりました。
    ・Python バインディングは、pypi.org でビルド済みのバイナリとして入手できます。
    ・Python MuPDFバインディングと PyQt を使用したデモPDFビューアを追加しました。
    ・生成されたラッパークラスのデータへのより良いアクセス。
    ・生成された Python での出力パラメーターの処理が改善されました。
    ・C ++ 演算子 << および Python str() によるPOD型のテキスト表現。
    ・イテレータの参照カウントのバグを修正しました。
    ・新しい MuPDF 関数の更新。

Version 1.18.0 (2020/10/07)
  • 1.18.0リリースが利用可能になりました。

ユーザーレビュー

  • 3

    アプリ単体で起動し、非常に軽い

    boltex
    boltex
    投稿数: 1件
    Windows 7

    アプリ単体で起動し、非常に軽い。pdfを見るなら全く問題ない。
    ただ、やはりキーボードショートカットだけというのは便利な反面とっつき辛い。簡易的なGUIを用意して表示ON-OFFさせて欲しいと思った。
    ズームしたまま次ページに移動できるのはGood。だがズームの倍率がウインドウ単位でしかコントロールできないのはちょっと辛い。自分の好きなズームサイズを指定させてくれたらもっとよかった。
    あとショートカットリストぐらいはtxtでいいから同梱して欲しい。まあLinux系のアプリらしいと言えばらしいが。

    このレビューは参考になりましたか?