NumLock の有効化/無効化状態を固定化したり、テンキーなど一部キーをショートカットキーとして割り当てたりできるキーボードユーティリティソフト

NumLockerPlus Free のアイコン

NumLockerPlus Free
  • 寄付歓迎

ダウンロード

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

レビューを投稿する

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10
バージョン:
4.0.0.1(2016/11/23)

タスクトレイに常駐して NumLock キーの有効化/無効化状態を固定化できるソフトです。
既存の NumLock キーには Shift + Enter キー、Shift + Tab キーなどを割り当ててショートカットキーとして利用できます。
テンキーの . キーを 「00」や「000」に置き換える金額入力補助機能が用意されているほか、フルキー(通常のキーボード)側の Enter キーを Tab キーに割り当てる、テンキー側の Enter キーを Tab キーに割り当てる、といった機能も用意されています。

提供元:
K4Software

NumLockerPlus Free の使い方

ダウンロード

  1. Vector のダウンロードページへアクセスし、「ダウンロードページへ」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(NumLockerPlusFree.zip)を解凍し、NumLockerPlus.exe から起動できます。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

使い方

基本的な使い方

タスクトレイにある icon アイコンを右クリックして次のような設定を行えます。

NumLock を固定する
次のいずれかをクリックしてチェックを入れると、NumLock の状態を固定できます。
  • [NumLock] を常に On にする
  • [NumLock] を常に Off にする
本設定を行うと、NumLock キーを押しても有効化/無効化の状態が固定されます(変わらなくなります)。

NumLock 状態を通知する
前述の「NumLock を固定する」項目のどちらにもチェックを入れていない場合に利用できます。
次のいずれかをクリックしてチェックを入れると、NumLock の有効化/無効化時に通知されるようになります。
  • [NumLock] が On で通知
  • [NumLock] が Off で通知
NumLock の On 通知


「NumLock」キーを置き換える
前述の「NumLock を固定する」項目のどちらかにチェックを入れている場合に利用できます。
次のいずれかをクリックしてチェックを入れると、NumLock キーにショートカットに割り当てることができます。
  • [NumLock] を [Shift+Enter] に置き換える
  • [NumLock] を [Shift+Tab] に置き換える
チェックを入れた時には、「[NumLock]を[Shift+Enter]に置き換える場合、…」のようなメッセージが表示されます。
<span class=NumLock キーの置き換えを有効にした時の通知" decoding="async">

前述のメッセージにある設定は「コントロールパネル」→「コンピュータの簡単操作」⇒「キーボードの動作の変更」で開いて設定できます。

「F1」キーを無効化する
「[F1]を無効化」にチェックを入れると、F1 キーが反応しないようにできます。
F1 キーでヘルプを表示するソフトで誤表示を防ぐことができます。

金額入力補助機能
「金額入力補助機能」にチェックを入れ、使用するソフトごとにキーボード右側の Ctrl キーとテンキーの . キーを同時に押すことで有効化されます。
次のいずれかをクリックしてチェックを入れると、テンキーの . キーを「00」または「000」に置き換えることができます。
  • テンキー . を「00」に置き換える
  • テンキー . を「000」に置き換える
有効化の設定は本ソフトを終了すると無効化されます。

「Enter」キーを置き換える
「[Enter]キーを[Tab]キーに置き換える」をクリックしてチェックを入れると利用できます。 次のどちらかにチェックを入れて置き換える Enter キーを選ぶことができます。
  • フルキー側のEnterキーをTabキーに置き換える
  • テンキー側のEnterキーをTabキーに置き換える

本ソフトの有効化/無効化

タスクトレイの icon アイコンをクリックすると、鍵が外れたアイコン icon となり、機能が無効化されます。
icon をクリックすると、再度有効化することができますできます。

Windows 起動時に自動起動させる

Windows 起動時(ログオン時)に自動起動させることができます。
  1. 本ソフト(NumLockerPlus.exe)と同じフォルダー内にある「ログイン自動実行登録.bat」を右クリックし「管理者として実行」をクリックします。
  2. コマンドプロンプト画面が表示されます。
    任意のキーを押すことでタスクスケジューラに登録され、Windows 起動時に自動起動されるようになります。
  3. 自動起動を解除する場合は、同様に「ログイン自動実行解除.bat」を右クリックし「管理者として実行」をクリックします。

補足

初期設定について
初期設定では NumLock キーが Shift + Tab キーに置き換えられるように設定されています。
NumLock キーを使用しない(押しても何も反応しない)ように設定するには、「[NumLock] を [Shift+Tab] に置き換える]」をクリックしてチェックを外しておきます。

Excel で便利
本ソフトで置き換えられるショートカットなどは Excel などの表計算ソフトで特に便利です。
多くの表計算ソフトでセルの入力中に以下のショートカットが利用できます。
表計算ソフトのセル移動のキー

  • 下のセルに移動:Enter キー
  • 右のセルに移動:Tab キー
  • 上のセルに移動:Shift + Enter キー
  • 左のセルに移動:Shift + Tab キー

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?