わかりやすいインターフェースで認印、データネーム印などの電子印鑑を作成できるソフト

おまかせ電子印鑑 Free のアイコン

おまかせ電子印鑑 Free

ダウンロードアップグレード

上位版:おまかせ電子印鑑PREMIUM

対応OS:
Windows 8.1/10

認印、データネーム印、ビジネス印、ユーザー印の4種類の印鑑を作成できるソフトです。
印鑑にしたい文字を入力し、フォントや太さ、色、枠、リアリティを表現するための「かすれ」などを指定するとすぐに発行できます。
作成した印鑑はクリップボードにコピーしたり、画像(BMP/GIF/JPG/TIFF/PNG/EMF/WMF)に保存したり、印鑑パネルからドラッグ&ドロップして利用したりできます。

提供元:
制作ソフト一覧を見る
※ Free 版では利用できる印鑑は4種類のみ、フォントが限定されている、PDFに直接押印できない、などの制限があります。

おまかせ電子印鑑 Free の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトの体験版ダウンロードページへアクセスし、「カートに入れる」ボタンをクリックして0円の無料体験版を購入、ダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイルからインストールします。

使い方

基本的な使い方の流れ

  1. 本ソフトを起動するとメイン画面が表示されます。
    画面上部の「新しく印鑑を作成する」ボタンをクリックします。
    おまかせ電子印鑑 Free - メイン画面
  2. 「新しい印鑑を作成」画面が表示されます。
    FREE版で利用できるのは次の4種類です。
    • 認印・三文判
    • データネーム印
    • ビジネス印
    • ユーザー印
    ※ 住所印、会社員、イラスト印、スキャナ印、サイン印はPREMIUM版の機能となります。
  3. 印鑑を作成したら画面右下の「この印鑑を登録する」ボタンをクリックします。
  4. メイン画面に作成した印鑑が表示されます。
    画面上部の「クリップボードへコピー」をクリックしてクリップボードにコピー、「画像として保存」ボタンをクリックして画像保存(BMP/GIF/JPG/TIFF/PNG/EMF/WMF)できます。
    印鑑を登録するとメイン画面に反映される

印鑑の種類

認印・三文判
丸型、小判型の印鑑を作成できます。
画面下部の回転機能を利用すれば、やや斜めにした印鑑にすることが可能です。
画面右の「詳細編集」ボタンをクリックすると、ドラッグして任意の場所に文字を配置することができます。
文字ごとにドラッグして移動させられる「詳細編集」


データネーム印
丸型、角型、角丸型の印鑑を作成できます。
日付、名前を入れた印影を作成できます。

ビジネス印
丸型、角型の印鑑を作成できます。
縦向き、横向きの印影を作成できます。

ユーザー印
縦向き/横向きの印鑑を作成できます。
社外秘、請求書在中、持ち出し禁止などの印影を作成できます。

印鑑パネルを利用する

印鑑パネルを利用すると、小さなウィンドウから使いたい印鑑をドラッグ&ドロップで利用できるようになります。
  1. 印鑑を作成しメイン画面上部の「印鑑パネル」をクリックすると、印鑑パネル(小さなウィンドウ)が表示されます。
    印鑑パネル
  2. 印鑑パネルから Word ファイルや Excel ファイルなど印鑑を利用したいファイルへドラッグ&ドロップして利用できます。
    印鑑パネルからドラッグ&ドロップで印鑑を利用する
  3. 印鑑パネル右上のボタンから次の操作ができます。
    • 半透明ON/OFF … ウィンドウが半透明/元に戻ります。
    • 元のサイズに戻す … メイン画面表示に戻ります。
    • タスクトレイに格納 … タスクトレイに格納されます。

タスクトレイアイコンから操作する

「×」ボタンをクリックして閉じても本ソフトは終了せず、タスクトレイに icon アイコンが表示されます。
icon をクリックまたは右クリックして表示されるメニューから次の操作が可能です。
  • メインウィンドウの表示
    メイン画面を表示します。
  • 印鑑パネル
    印鑑パネルを表示します。
    次の中から表示する場所を選択します。
    • 通常表示
    • 右上に表示
    • 左上に表示
    • 右下に表示
    • 左下に表示
  • バージョン情報
    バージョン情報を表示します。
  • 終了
    本ソフトを終了します。
タスクトレイアイコンのメニュー

ユーザーレビュー

  • コメント

    色々意見があると思いますが、Free版をダウンロードする(画面では…

    まずまず
    まずまず
    投稿数: 389件
    Windows 10

    色々意見があると思いますが、Free版をダウンロードする(画面では『購入する』)為に、名前や住所などの個人情報を入力しなければならないのは、私にはハードルが高く感じました。
    ※適当な情報を入力する方法も無きにしも非ずですが…

    7人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい