[Pause] キーを押すとウィンドウを最前面表示にするソフト

最前面でポーズ のアイコン

最前面でポーズ

ダウンロード

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

レビューを投稿する

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10
バージョン:
2.0(2019/07/28)

このウィンドウを最前面に固定表示しておきたい、そんな場合に本ソフトを利用すると、Pause キーを押すだけで最前面表示に設定することができます。
最前面表示を解除するには、同様に Pause キーを押すだけです。
Pause キーを本来の目的等で利用したい場合は一時停止機能で停止することが可能。
設定画面から Pause キー以外のキーへの変更や、最前面表示設定時に通知が表示されないようにすることもできます。

提供元:
制作ソフト一覧を見る

最前面でポーズ の使い方

ダウンロード

  1. Vector のダウンロードページへアクセスし、「ダウンロードページへ」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(pause_200.zip)を解凍し、pause.exe から起動します。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

使い方

基本的な使い方

本ソフトを起動するとタスクトレイicon アイコンが表示され、すぐに利用可能な状態となります。
Pause キーを押すと、通知が表示され、アクティブなウィンドウが最前面に固定表示されます。
最前面表示設定の通知
最前面に固定表示されたウィンドウをアクティブにした後、Pause キーを押すと、通知が表示され、最前面の固定表示が解除されます。
最前面表示解除の通知


  • 本ソフトが一時停止したり、終了したりした場合でも、最前面表示は有効です。
  • 一つのウィンドウを最前面表示にした後、別のウィンドウも最前面表示にするなど、複数のウィンドウを最前面表示させることも可能です。
    ※ 解除する場合も一つずつ解除する形となります。

一時停止する
タスクトレイの icon アイコンの右クリックメニューから「一時停止」をクリックすると、Pause キーを押しても最前面表示とならなくなります。
一時停止することで、Pause キーを利用したい場合のみ本ソフトを無効状態にすることが可能です。

オプション

タスクトレイの icon アイコンの右クリックメニューから「設定」をクリックすると、設定画面が表示されます。
設定


実行するキー
実行するキーを Pause キー以外に変更できます。

操作対象とするウィンドウ
対象ウィンドウを次のどちらかから選択できます。
  • アクティブなウィンドウ
  • マウスポインタ下のウィンドウ
※ 「マウスポインタ下のウィンドウ」を選択した場合は、より直感的に利用できるようになります。

メッセージの表示方法
  • トースト(バルーンチップ)
  • ダイアログボックス
    ダイアログボックスでの最前面表示設定の通知
  • なし

実行後に終了する
「実行後に終了する」にチェックを入れると、Pause キーを押して最前面表示、または解除をすると同時に本ソフトが終了します。

本ソフトを終了する

タスクトレイの icon アイコンの右クリックメニューから「終了」をクリックすると、本ソフトを終了します。
タスクトレイアイコンの右クリックメニュー


更新履歴

Version 2.0 (2019/07/28)
  • 実行に使用するキーを指定できる機能を追加
  • 設定ウィンドウの導入
  • メッセージの表示方法をトーストに変更
  • 通知領域のアイコンをダブルクリックでアプリケーションを終了するように変更

Version 1.3 (2013/04/xx)
  • 最前面に設定したウィンドウが、確実に前面に表示されるように修正

Version 1.2 (2013/04/xx)
  • 最前面の設定を通知するメッセージを、非表示にする機能を追加

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?