スケジュール設定、ブートタイム、アイドルタイムの自動デフラグができる高機能デフラグツール

Smart Defrag のアイコン

Smart Defrag

  • アドサポート

ダウンロードアップグレード

※ 上位版:Smart Defrag PRO

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10/11
価格:
無料

スケジュールを設定して毎日、毎週、毎月実施できる「スケジュールデフラグ」、Windows 起動時にシステムファイルの並べ替えを行う「ブートタイムデフラグ」、コンピューターがアイドル状態のときに自動で行う「自動デフラグ」に対応。
ドライブのファイルの断片化を解消する「デフラグ」、デフラグと空き領域の削除を行う「デフラグ+高速最適化」、プログラムの処理速度を最大限にし、データの連続性を長期間維持するようデフラグを行う「デフラグ+完全最適化」が利用できます。

提供元:
制作ソフト一覧を見る
※ インストール時にバンドルソフトのインストールが推奨されます。それぞれのチェックを外すなどして回避できます。

Smart Defrag の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページへアクセスし、「最新版を無料でダウンロード」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(smart-defrag-setup.exe)からインストールします。
    ※ インストール時にバンドルソフトのインストールが推奨されます。それぞれのチェックを外すなどして回避できます。

使い方

デフラグと分析を行う

本ソフトを起動するとメイン画面が表示されます。
対象としたいドライブにチェックを入れて画面下部の スマート デフラグ ボタンをクリックすると、本ソフトが自動的に必要なデフラグ処理を判断して最適なデフラグ方法を実行します。
※ 実施されるデフラグ処理は後述の「デフラグの種類」を参照。
「ディスク デフラグ」画面

「ディスク デフラグ」画面



デフラグの種類
スマート デフラグ ボタンの ▼ にマウスカーソルを載せると、次のデフラグから選択できます。
デフラグメニュー

デフラグメニュー


  • 分析
    ディスクの断片化の状況を分析し、その結果を表示します。
    分析結果

    分析結果

  • 高速デフラグ
    断片化されたファイルのデフラグを行います。
  • デフラグと最適化
    断片化されたファイルのデフラグとデータ領域の再配置により、ディスクのパフォーマンスを最適化します。
  • 大容量ファイル デフラグ
    大容量ファイルをデフラグすることで、ディスクの読み取り/書き込み速度を向上させディスクの耐久性を保ちます。
  • 空き領域デフラグ
    分断されたハードディスクの空き領域を連続したブロックに統合することで、ディスクの読み取り/書き込みのパフォーマンスを最適化します。
  • デフラグとファイルの優先配置(時間がかかります)
    ディスク内のデータに優先順位を設定することで、パフォーマンスの最適化とデータの連続性を維持します。
    このプロセスには時間がかかる場合があります。

デフラグ後シャットダウン
デフラグ時に画面右下の「デフラグ後シャットダウン」にチェックを入れると、デフラグ終了後にシャットダウンを行います。
他に、スリープ、休止状態、再起動の選択が可能です。

ブートタイム デフラグ

Windows 起動時にデフラグを行うため、Windows 起動後では並べ替えできないシステムファイルの並べ替えができます。
ブートタイム デフラグを有効にすると、次のデフラグを実施できます。
  • ページ ファイルと休止状態ファイルのデフラグ
  • MFT のデフラグ
  • システム ファイルのデフラグ
  • レジストリ ファイルのデフラグ(※ Pro 版のみ)
  • 指定したファイルのデフラグ(※ Pro 版のみ)
「ブートタイム デフラグ」画面

「ブートタイム デフラグ」画面



ブートタイムデフラグを有効にすると、7日ごとの初回起動時にデフラグを行うように設定されています。
このタイミングを変更するには画面右の「設定」より変更でき、次のいずれかから選択できます。
  • 次回起動時のみ
  • 毎日の最初の起動時
  • 毎回の起動時
  • 7日毎の初回起動時(スライドバーを動かすことで2日~30日の間隔に変更可能)

スケジュールデフラグ

  1. 画面左上の その他 をクリックし、「設定」をクリック。
  2. 「設定」ウィンドウが表示されます。
    左ツリーメニューの「スケジュール デフラグ」をクリック。
    スキン - Readable

    スキン - Readable

  3. 「スケジュール デフラグ」画面が表示されます。
    ステータスのスライドバーをクリックして無効から有効に変更します。
    設定 - 一般設定

    設定 - 一般設定

  4. 処理のプルダウンメニュー(スマート デフラグ / 大容量ファイル デフラグ / 空き領域デフラグ / デフラグと最適化 / デフラグとファイルの優先配置(時間がかかります))の中から選びます。
    ※ デフラグの内容は上述した「デフラグの種類」と同様です。
  5. 対象とするボリュームを選択します。
  6. スケジュールを毎日、毎週、毎月の中からタスクスケジュールを設定できます。

スキンの変更

  1. 画面左上の その他 をクリックし、「スキン」をクリック。
  2. Classic / Readable の2種類が用意されており、Readable をクリックするとスキンが変更されます。
    スキン - Readable

    スキン - Readable


SSD の場合

本ソフトは HDD のためのソフトといっても過言ではありません。
SSD の場合、デフラグではなくトリミングを実行できます。
「ディスク デフラグ」画面 - SSD の場合

「ディスク デフラグ」画面 - SSD の場合

分析結果 - SSD の場合

分析結果 - SSD の場合


ブートタイム デフラグ、ゲーム最適化を利用することはできません。
「ブートタイム デフラグ」画面 - SSD の場合

「ブートタイム デフラグ」画面 - SSD の場合



Free 版と Pro 版との違い

Pro 版では以下の機能を利用できるようになります。
  • 最新エンジンによりデフラグが 200%高速化
  • ブートタイムデフラグ(レジストリや指定したファイル)
  • インテリジェントデフラグによる自動最適化
  • デフラグモードや対象ファイルのカスタマイズ
  • DMA モードによる高速で安定したデータ転送
  • 日本語によるテクニカルサポート

※ USB メモリー対応 : Smart Defrag Portable

ユーザーレビュー

  • 1

    除外リストに項目設定しても「ファイルの優先配置」を行うと除外したフ…

    ゴミソフト
    ゴミソフト
    1
    Windows 10

    除外リストに項目設定しても「ファイルの優先配置」を行うと除外したファイルも混入デフラグしてしまう。混入されたおかげで時間無駄にしたわ。

    このレビューは参考になりましたか?
  • 1

    C:\Program Files (x86)\IObit\Smar…

    neko3neko3
    neko3neko3
    1
    Windows 10

    C:\Program Files (x86)\IObit\Smart Defrag\SDReport
    動作毎に上記フォルダにゴミを増産するソフト
    ドライブの整列整理が目的なのにゴミ増やしてどうする。

    3人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • コメント

    Microsoft Defenderの使用者は、Smart Def…

    パルプンテおじさん
    パルプンテおじさん
    92
    Windows 11

    Microsoft Defenderの使用者は、Smart Defragの誤検知に要注意!
    Smart Defragの除外設定をすれば良いのだが、そのやり方が検索かけると乱立し過ぎで、分かりづらい!
    Windowsセキュリティ(Microsoft Defender+Microsoft純正ファイヤー)の環境下では、Microsoft側が検知&削除(駆除扱い)としてるのでは・・・と疑り深くなる!

    3人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?

Smart Defrag に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 51 件)