Microsoft Office と互換性のあるフリーのオフィスソフト

SoftMaker FreeOffice 2018 のアイコン

SoftMaker FreeOffice 2018

ダウンロード

対応OS:
Windows 7/8/8.1/10, Windows Server 2008, macOS 10.10 以降, Linux, Android
バージョン:
2018 rev 976(2020/03/23)

ワープロソフト、表計算ソフト、プレゼンテーションソフトの3種類のソフトをパッケージしたフリーのオフィスソフトです。
パンフレットやチラシの作成、論文の作成などワープロ機能を利用できる、Word に対応する「TextMaker」、ワークシートやグラフ、数式、350種類を超える関数を扱える、Excel に対応する「PlanMaker」、プレゼンテーション資料の作成が可能な、PowerPoint に対応した「Presentations」の3つのソフトを利用できます。
すべてのソフトでPDF形式へのエクスポートに対応しており、TextMaker ではEPUB形式へのエクスポートが可能です。
タッチパネルで操作しやすいように少し大きめのアイコン表示に切り替わる、タッチモードが用意されているのも特徴です。

提供元:
※ 本ソフトの利用には、無料ユーザー登録が必要です。

SoftMaker FreeOffice 2018 の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページへアクセスしし、Windows 項目下の「ダウンロード」ボタンをクリックしてダウンロードします。
    ※ Mac 版、Linux 版はそれぞれの「ダウンロード」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(freeoffice2018.msi)からインストールします。

使い方

初期設定

  1. 本ソフトをインストールすると、TextMaker TextMaker、PlanMaker PlanMaker、Presentations Presentations、のアイコンがデスクトップに表示されます。
    ここでは TextMaker をダブルクリックします。
  2. 「ユーザーインターフェイス」の選択画面が表示されます。
    好みのものを選択して「OK」ボタンをクリックします。
    ※ 後からでもオプションから変更できます。
    ユーザーインターフェイスの選択
  3. プロダクトキーの入力ウインドウが表示されます。
    「SoftMaker FreeOffice 2018 のロック解除(プロダクトキーが必要)」ボタンをクリックします。
  4. 「ソフトウェアのロック解除」ウインドウが表示されます。
    メールアドレスに届いているプロダクトキーを入力し、「OK」ボタンをクリックします。
    プロダクトキーの入力
  5. プロダクトキーが認証され、利用できるようになります。
    最初にユーザー情報を入力します。

パッケージされているソフト

WPS Office にパッケージされているのは、次のソフトです。
TextMaker TextMaker(テキストメーカー)
  • 役割 : ワープロソフト
  • 対応 : Microsoft Word(マイクロソフト ワード)
  • 機能 : ワードに近い操作感覚で文書作成ができます。


PlanMaker PlanMaker(プランメーカー)
  • 役割 : 表計算ソフト
  • 対応 : Microsoft Excel(マイクロソフト エクセル)
  • 機能 : エクセルに近い操作感覚で表計算ができます。


Presentations Presentations(プレゼンテーション)
  • 役割 : プレゼンテーション
  • 対応 : Microsoft PowerPoint(マイクロソフト パワーポイント)
  • 機能 : パワーポイントに近い操作感覚でプレゼンテーション資料を作成できます。


タッチパネル対応モードに変更する

ツールバーの タッチモード をクリックすると、タッチパネルで利用しやすいようにアイコンや幅が調整される、タッチモードになります。

見た目を変更する

リボン形式メニュー、クラシックメニューから利用したいインターフェースを選択できます。
  1. メニューバーから「ファイル」をクリックし、リボンメニューから「オプション」をクリックします。
  2. 「オプション」画面が表示されます。
    「外観」タブをクリックします。
  3. 「外観」タブ画面が表示されます。
    「ユーザーインターフェイス」ボタンをクリックします。
  4. ユーザーインターフェイス」の選択画面が表示されます。
    好みのデザインをクリックして選択し、「OK」ボタンをクリックします。
    ユーザーインターフェイスの選択

更新履歴

Version 2018 rev 976 (2020/03/23)
  • 不具合の修正

Version 2018 rev 974 (2020/02/21)
  • 不具合の修正
  • PlanMaker: WEEKNUM関数の週の基準に11~17、および21を指定できるようになりました。

Version 2018 rev 973 (2019/11/07)
  • Mac: FreeOfficeは、Appleによって認証(notarize)されました。Gatekeeperで例外を作成しなくても、macOS 10.15 Catalinaで起動します。
  • MacとLinux: FreeOfficeでフォントを探すときに、システムフォントフォルダーだけでなく、そのサブフォルダーも検索されます。

ユーザーレビュー

  • 3

    他の方もお書きになっていますが、オーフィルタで条件に合致したセルの…

    よちべ
    よちべ
    投稿数: 1件
    Windows 10

    他の方もお書きになっていますが、オーフィルタで条件に合致したセルの数が画面のどこにも表示されません。この機能が実装されていないのは、公式サイトの質問事項にも挙げられています。
    ちなみに、有料版の「SoftMakeroffice」だと上記機能は実装されていますが(試用版で確認済み)有料なら無理して馴染みのないドイツ製でなくてもGoogleのスプレッドシートか、重いのに目をつぶればLibraofficeでもいいかな、と。

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 4

    全体的に軽くて助かってますが、唯一の欠点が、textMakerでの…

    たぬきばら
    たぬきばら
    投稿数: 1件
    Windows 10

    全体的に軽くて助かってますが、唯一の欠点が、textMakerでの縦書き不可、PlanMakerでのExcel でオートフィルタを使用する場合、見つかったレコード数のカウントが画面の下部に表示されるところ、この機能が実装されていないこと。LibreOfficeでもGoogleSpreadsheetでも実装されてるこの機能がないのはかなり痛い。

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 4

    確かに欧米系の独特の癖はありますが、個人的には非常に気に入っており…

    みさべ
    みさべ
    投稿数: 1件
    Windows 10

    確かに欧米系の独特の癖はありますが、個人的には非常に気に入っております。
    OpenOfficeは重く、LibreOfficeは相性が悪く、WPSにしようかと思ってましたが、Meiryo UIフォントがこちらでは使えない、旧版のMS-Officeを使い続けるか、フォントを諦めるかで、残った選択肢がこちら。なんといってもフリー版は余計な付加機能が無い分、インストール時にこの機能は導入するかどうか迷うことも少なく、ストレージの容量も食わず、軽くてすいすい行くのが助かってます。

    4人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい

SoftMaker FreeOffice 2018 に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 9 件)