世界で数百万もの人々が利用しているフリーのオフィススイート

LibreOffice のアイコン

LibreOffice
  • 寄付歓迎

ダウンロード

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10, Windows Server 2008/2012, Mac OS X 10.8以降, Linux, Android
バージョン:
6.2.0(2019/02/07)

Apache OpenOffice からフォークした、Microsoft Office と互換性のあるオフィスソフトです。
実績のある OpenOffice.org(現行の Apache OpenOffice)の元メンバーが開発に加わっており、更新頻度も高く、フリーのオフィスソフトとして最もお勧めできます。
Word に対応する文書ソフトの「Writer」、Excel に対応する表計算ソフトの「Calc」、PowerPoint に対応するプレゼンテーションソフトの「Impress」のほか、図形描画の「Draw」、数式エディターに対応する「Math」、Access に対応するデータベースソフトの「Base」の各機能を無料で利用できます。
海外製ですが、標準で日本語に対応しています。

提供元:
● 対応Office : MSOffice 97/2000/2002/2003/2007/2010

LibreOffice のプロモーションビデオ(英語)

LibreOffice の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページへアクセスし、「LibreOffice 6.2.0」項目右の「DOWNLOAD」ボタンをクリックしてダウンロードします。
    ※ Mac、Linux 版の場合は「DOWNLOAD」ボタン上のプルダウンからそれぞれのOSを選択してから「DOWNLOAD」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイルからインストールします。

使い方

パッケージされているソフト

リブレオフィスにパッケージされているのは、次のソフトです。
Writer(ライター) Writer(ライター)
  • 役割 : ワープロソフト
  • 対応 : Word:ワード (マイクロソフトオフィス)


Clac(カルク) Calc(カルク)
  • 役割 : 表計算ソフト
  • 対応 : Excel:エクセル (マイクロソフトオフィス)


Impress(インプレス) Impress(インプレス)
  • 役割 : プレゼンテーション
  • 対応 : PowerPoint:パワーポイント (マイクロソフトオフィス)


Draw(ドロー) Draw(ドロー)
  • 役割 : 作図、図形描画ツール
  • 対応 : 図形描画


Math(マス) Math(マス)
  • 役割 : 数式作成ツール
  • 対応 : マスエディタ


Base(ベース) Base(ベース)
  • 役割 : データベース、情報管理ツール
  • 対応 : Access:アクセス (マイクロソフトオフィス)
Base データベース


※ USBメモリー対応 : LibreOffice Portable

ユーザーレビュー

  • 5

    現最新版は「v6.2.0.3」です。 安定版は「v6.1」系…

    owl
    owl
    投稿数: 272件
    Windows 10

    現最新版は「v6.2.0.3」です。 安定版は「v6.1」系です。
    最新版「6.2」系には、実験規格だった「Notebookbar」が、正式にオプション機能として追加されました。
    「Notebookbar」は、タブ付きのリボン風インターフェース(MS-Office のリボン UI 風のデザインで、MS 製品からの移行者の利便性を考慮したもの)です。「有効」化には以下の手順が必要です。
    表示(V) > ユーザーインターフェース(I) > シングルツールバー(B)
    ※標準ツールバー(A) は、従来の表示スタイルです。

    「6.2」系での主要な変更点:
    Writer:
    ・スプレッドシートのデータを Writer にネイティブにコピーして貼り付けることができます。
    ・「変更の追跡」を隠しておけるようになったため、変更の追跡が多い文書でのパフォーマンス上の大きな問題が発生しなくなりました。
    Calc:
    ・署名行をサポート。
    ・データ検証用のカスタム式のサポート。
    ・Regression tool は多変量回帰分析をサポート。
    ・テキストを正規表現と照合し、必要に応じて置換する正規表現のサポート。
    コア / 一般:
    ・手書き署名の画像で署名欄に署名できるようになりました。
    ・Source Serif Pro フォントを追加し、Liberation フォントが更新されました。
    フィルター:
    ・EMF+ ベクター画像インポートサポートの改善(Microsoft Office 形式をサポート)
    ・OOXML、PPTX インポート/エクスポート、PPT インポート/エクスポートフィルタの改善。
    パーソナル化:パーソナライズダイアログは「より速く、効率的で、安定的」に改善。
    パフォーマンス:全面的な改善、例えば待ち時間の短縮、不要なアニメーションの削除

    「公式」情報(On February 7, 2019)
    https://blog.documentfoundation.org/blog/2019/02/07/libreoffice-6-2/#top
    LibreOffice 6.2 リリースノート
    https://wiki.documentfoundation.org/ReleaseNotes/6.2/ja

    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 2

    はがき印刷ができない。編集はできる。あと、.docx で保存…

    aomon
    aomon
    投稿数: 1件
    Windows 10

    はがき印刷ができない。編集はできる。あと、.docx で保存するとデータがおかしくなった。
    はがき印刷は別ソフト(WPS)で印刷できた。だから、年賀状の印刷はできない。

    5人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • コメント

    なにかと騒がしいようですが、 MS-Officeとの互換性…

    つとむ
    つとむ
    投稿数: 52件
    Windows 10

    なにかと騒がしいようですが、
    MS-Officeとの互換性について。
    公式サイトではMS-Officeのファイルを取り扱えると書いています。が、そもそもMS-Officeとは根底のプログラムが違うので100%読み込める保証がありません。
    基本的な要素は読み込み可能ですが、MS-Officeのみサポートされている要素はいわばブラックボックスなので完全な互換性は無理かと思います。
    確かに一部レイアウトが崩れるといった仕様がありますが、それはプログラムが頑張った結果です。
    そこへ文句を言うのであれば金を払ってMS-Officeを買ってください。(重要)
    「無料で使えている」ということを念頭に置いたうえで、感謝しながら使いましょう。
    あくまでLibreOfficeはMS-Office互換系なのであって、MS-Officeではないのですよ。

    53人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい

LibreOffice に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 67 件)