世界で数百万もの人々が利用しているフリーのオフィススイート

LibreOffice のアイコン

LibreOffice
  • 寄付歓迎

ダウンロード

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10, Windows Server 2008/2012, Mac OS X 10.8以降, Linux, Android
バージョン:
6.2.2(2019/03/21)

Apache OpenOffice からフォークした、Microsoft Office と互換性のあるオフィスソフトです。
実績のある OpenOffice.org(現行の Apache OpenOffice)の元メンバーが開発に加わっており、更新頻度も高く、フリーのオフィスソフトとして最もお勧めできます。
Word に対応する文書ソフトの「Writer」、Excel に対応する表計算ソフトの「Calc」、PowerPoint に対応するプレゼンテーションソフトの「Impress」のほか、図形描画の「Draw」、数式エディターに対応する「Math」、Access に対応するデータベースソフトの「Base」の各機能を無料で利用できます。
海外製ですが、標準で日本語に対応しています。

提供元:
● 対応Office : MSOffice 97/2000/2002/2003/2007/2010

LibreOffice のプロモーションビデオ(英語)

LibreOffice の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページへアクセスし、「LibreOffice 6.2.2」項目右の「DOWNLOAD」ボタンをクリックしてダウンロードします。
    ※ Mac、Linux 版の場合は「DOWNLOAD」ボタン上のプルダウンからそれぞれのOSを選択してから「DOWNLOAD」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイルからインストールします。

使い方

パッケージされているソフト

リブレオフィスにパッケージされているのは、次のソフトです。
Writer(ライター) Writer(ライター)
  • 役割 : ワープロソフト
  • 対応 : Word:ワード (マイクロソフトオフィス)


Clac(カルク) Calc(カルク)
  • 役割 : 表計算ソフト
  • 対応 : Excel:エクセル (マイクロソフトオフィス)


Impress(インプレス) Impress(インプレス)
  • 役割 : プレゼンテーション
  • 対応 : PowerPoint:パワーポイント (マイクロソフトオフィス)


Draw(ドロー) Draw(ドロー)
  • 役割 : 作図、図形描画ツール
  • 対応 : 図形描画


Math(マス) Math(マス)
  • 役割 : 数式作成ツール
  • 対応 : マスエディタ


Base(ベース) Base(ベース)
  • 役割 : データベース、情報管理ツール
  • 対応 : Access:アクセス (マイクロソフトオフィス)
Base データベース


※ USBメモリー対応 : LibreOffice Portable

更新履歴(英語)

Version 6.2.2 (2019/03/21)
  • LibreOffice 6.2.2 is the second bugfix release of the fresh line. For a list of fixed bugs compared to the previous release see the list of bugs fixed in RC1 and RC2.
提供元サイトによる更新履歴はこちら

ユーザーレビュー

  • 2

    不具合が多い。 メジャーフォント以外だと変換にすごく時間が…

    Macユーザー
    Macユーザー
    投稿数: 1件
    Mac

    不具合が多い。
    メジャーフォント以外だと変換にすごく時間がかかる。
    早めのマウスオペレーションを行うとマウスを移動させた場所がドラッグされる。
    24GBのメモリを積んでても重いのでメモリ増量は関係ないかも。
    生産性はMsOfficeに比べるとかなり悪い。
    2バイト文字文化の人が恐らく開発陣に居ない。

    MsOfficeのようなアップグレードによる互換性潰しは見当たらない。
    無料。

    生産性の悪さと費用対効果の良さを天秤にかけて使用して5年ほどだが、使ってて頭にきたから書きなぐりにきたw。

    5人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 2

    v6.2.0.3 インストールし、使ってみた。エクセルと同等…

    yswkd704
    yswkd704
    投稿数: 1件
    Windows 7

    v6.2.0.3 インストールし、使ってみた。エクセルと同等のツモリで、結合セルのオートフィル・・・あれ?出来ない!! 結合セルが解除される。だめだこりゃ、・・・・・既存のファイルを見るにはいいかも・・・しかしそれだったら、無償オフィスのほうがいい。
    速攻、アンインストール。 今後使うことはないだろう。

    4人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 5

    現最新版は「v6.2.0.3」です。 安定版は「v6.1」系…

    owl
    owl
    投稿数: 286件
    Windows 10

    現最新版は「v6.2.0.3」です。 安定版は「v6.1」系です。
    最新版「6.2」系には、実験規格だった「Notebookbar」が、正式にオプション機能として追加されました。
    「Notebookbar」は、タブ付きのリボン風インターフェース(MS-Office のリボン UI 風のデザインで、MS 製品からの移行者の利便性を考慮したもの)です。「有効」化には以下の手順が必要です。
    表示(V) > ユーザーインターフェース(I) > シングルツールバー(B)
    ※標準ツールバー(A) は、従来の表示スタイルです。

    「6.2」系での主要な変更点:
    Writer:
    ・スプレッドシートのデータを Writer にネイティブにコピーして貼り付けることができます。
    ・「変更の追跡」を隠しておけるようになったため、変更の追跡が多い文書でのパフォーマンス上の大きな問題が発生しなくなりました。
    Calc:
    ・署名行をサポート。
    ・データ検証用のカスタム式のサポート。
    ・Regression tool は多変量回帰分析をサポート。
    ・テキストを正規表現と照合し、必要に応じて置換する正規表現のサポート。
    コア / 一般:
    ・手書き署名の画像で署名欄に署名できるようになりました。
    ・Source Serif Pro フォントを追加し、Liberation フォントが更新されました。
    フィルター:
    ・EMF+ ベクター画像インポートサポートの改善(Microsoft Office 形式をサポート)
    ・OOXML、PPTX インポート/エクスポート、PPT インポート/エクスポートフィルタの改善。
    パーソナル化:パーソナライズダイアログは「より速く、効率的で、安定的」に改善。
    パフォーマンス:全面的な改善、例えば待ち時間の短縮、不要なアニメーションの削除

    「公式」情報(On February 7, 2019)
    https://blog.documentfoundation.org/blog/2019/02/07/libreoffice-6-2/#top
    LibreOffice 6.2 リリースノート
    https://wiki.documentfoundation.org/ReleaseNotes/6.2/ja

    8人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい

LibreOffice に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 69 件)