Audacity からフォークしたマルチトラックオーディオエディター&レコーダー

Tenacity のアイコン

Tenacity

  • 海外
  • 日本語○

ダウンロード

対応OS:
Windows 7 以降, macOS, Linux
バージョン:
1.2.1 / 1.3-Beta(2023/01/22)
価格:
無料

新しく、より現代的で、便利かつ実用的なオーディオエディターを目指して有志によって開発されています。

  • オーディオデバイス(実機または仮想)からの録音
  • 幅広いオーディオフォーマットのエクスポート/インポート(FFmpeg による拡張が可能)
  • 最大 32 ビットのフロートオーディオを含む高品質なオーディオをサポート
  • VST、LV2、AU プラグインに対応したプラグインを提供
  • 内蔵のスクリプト言語 Nyquist、または Python、Perl などの名前付きパイプによるスクリプト作成
  • 任意のサンプリングやマルチトラックタイムラインの編集が可能
  • キーボードによる編集、スクリーン・リーダー・サポート、ナレーション・サポートなどのアクセシビリティ対応
  • オーディオを含む信号の解析に有用なツール群
提供元:
※ v1.3 より Saucedacity から Tenacity への名称変更が予定されています。

Tenacity の使い方

ダウンロード

  1. Codeberg へアクセスし、「tenacity-win-1.3.0-x86_64.exe」リンクをクリックしてダウンロードします。
    USB メモリー等で持ち運べるポータブル版を利用したい場合は、「tenacity-win-v1.3-beta-x86_64.zip」リンクをクリックしてダウンロードします。
    ※ Mac 版、Linux 版をダウンロードする場合は、それぞれのリンクをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(tenacity-win-1.3.0-x86_64.exe)からインストールします。

使い方

基本的な使い方は Audacity と似ています。
Tenacity(Saucedacity) - メイン画面

Tenacity(Saucedacity) - メイン画面



録音する

録音デバイスを設定する
メニューバーから「編集」⇒「環境設定」とクリックします。
表示された「環境設定」画面の「デバイス」画面にて「録音」項目内のデバイス、チャンネルを設定します。
「環境設定」画面 - 「デバイス」画面

「環境設定」画面 - 「デバイス」画面



録音操作
  • 録音する
    録音/新規トラックに録音 ボタンをクリックするか、R キーを押すと録音を開始します。
  • 録音を一時停止/再開する
    一時停止 ボタンをクリックするか、P キーを押すと録音を一時停止/再開します。
  • 録音を停止する
    停止 ボタンをクリックするか、スペース キーを押すと録音を停止します。
  • 新規トラックで録音する
    Shift キーを押しながら 録音/新規トラックに録音 ボタンをクリックするか、Shift + R キーを押すと新規トラックで録音を開始します。
録音中

録音中



不要個所をカットする

メニューバーから「ファイル」⇒「開く」とクリックしてオーディオファイルを選択するか、ドラッグ&ドロップします。
  1. ツールバー部分から 選択ツール をクリックするか、マルチツール をクリックします。
  2. トラック中央くらいをドラッグして、カットしたい範囲を選択します。
    ※ トラック上部からドラッグすると、トラックをつかんで移動する操作になります。
    ドラッグして任意の範囲を選択

    ドラッグして任意の範囲を選択

  3. Delete キー または Ctrl + X キーを押すか、ツールバーの 切り取り をクリックすると、ドラッグして選択した部分をカットできます。
    「Delete」キーを押すなどして選択した範囲をカット

    「Delete」キーを押すなどして選択した範囲をカット


編集したオーディオファイルを保存する

メニューバーから「ファイル」⇒「書き出し」とクリックしてオーディオファイルを保存できます。
  • MP3 として書き出し
    MP3 形式で保存します。
  • WAV として書き出し
    WAV 形式で保存します。
  • OGG として書き出し
    OGG 形式で保存します。
  • 音声の書き出し
    下記の任意の形式で保存できます。
    • WAV (Microsoft)
    • その他の非圧縮ファイル
    • MP3 ファイル
    • Ogg Vorbis ファイル
    • FLAC ファイル
    • MP2 ファイル
    • (外部プログラム)
    • M4A (AAC) ファイル (FFmpeg)
    • AC3 ファイル (FFmpeg)
    • AMR (狭帯域) ファイル (FFmpeg)
    • Opus (OggOpus) ファイル (FFmpeg)
    • WMA (バージョン 2) ファイル (FFmpeg)
    • FFmpeg 書き出しをカスタマイズ
    保存形式は FFmepg を追加することで拡張可能

    保存形式は FFmepg を追加することで拡張可能

  • 選択した音声の書き出し
    トラック上で任意に選択した範囲を書き出します。
    ※ 一部音声のみ書き出したいような場合に利用できます。

Audacity からフォークした理由

次のような複数の論争等の結果、Audacity からフォークしたプロジェクトとして開始されました。
※ リンク先はすべて英語

更新履歴

機械翻訳で日本語にしています。
Version 1.3-Beta
(2023/01/22)
  • 変更
    ・この変更履歴は、あなたがどこから来たかによって異なるため、他のものとは異なるものになるでしょう。変更履歴をできるだけ短くシンプルにするために、最も一般的で重要な変更点をいくつか挙げています。
    ・Tenacity のオリジナルのコードベースではなく、Saucedacity のコードベースが使用されるようになりました。これはメンテナンスされており、最近のプラットフォームで構築し動作させ続けるために、いくつかの重要なアップデートがありました。
    ・ダークテーマがデフォルトのテーマとなりました。Tenacity には、ライト、ダーク、またはその中間のテーマが、まだたくさん用意されています。全部で17のテーマがあります。
    ・トラックから影が削除されました。我々はUIをよりモダンにしようとしています :P
    ・Windows では、モダンなファイルダイアログが使用されます。これは、Tenacity がダークモードに溶け込むのを助けるでしょう。
    ・コードのクリーンアップの結果、ファイルダイアログの後に表示される新しいエクスポートオプションダイアログがあります。これは、ダイアログからフォーマットを変更できないことを除いて、Audacium の実装と似ています。
    Audacityからのクリップ機能が実装されました。クリップのハンドル、クリップのタイトル、クリップのトリミングが含まれます。タイムライン上でクリップをドラッグするだけで移動できます。ハンドルをダブルクリックすると、名前を変更できます。クリップの端にカーソルを合わせてドラッグすれば、クリップをトリミングすることができます。
    ・これらの機能を実装した結果、タイムシフトツールは廃止され、クリップに一本化されました。クリップのハンドルでオーディオを移動できるようになったため、このツールは冗長になっています。

Version 1.2.1 (Saucedacity)
(2022/08/03)
  • 1.2 との比較による変更点
    libmad サブモジュールを 0.16.3 に更新。 ・macOS 特有の変更点
     ・Saucedacity の起動に失敗するラッパーを修正しました。このラッパーは、プロジェクトがアップストリームからフォークされて以来、更新されていなかったことが判明しました。
     ・アプリのアイコンを更新しました。
    ・数値テキストコントロールのシステムボーダーを削除しました。
  • Audacity からの変更点
    FFmpeg 5.0 が正式にサポートされました。 プロジェクトの読み込みパフォーマンスを ~10x 改善した。

Version 1.2 "Tenacious S" (Saucedacity)
(2022/08/03)
  • 新着
    ・新しいデフォルト テーマを追加しました。うまくいけば、あなたたちはそれを好きです!
  • 変更
    ・Audacity の代わりに Tenacity の libmad フォークを使用するようになりました。
     ・これは、Conan から移行するための取り組みの一環でしたが、代わりに、このリリースの直後に実装される代替ソリューションがあります。
    Linux などでは、Saucedacity のデフォルト設定ディレクトリが $XDG_CONFIG_HOME/saucedacity (または ~/.config/saucedacity) に変更されました。Saucedacity 1.1 から移行する場合は、設定を誤って「リセット」するのを避けるために、.Saucedacity-data をこの新しいディレクトリにコピーすることをお勧めします。Windows ユーザーは、これについて心配する必要はありません。
  • 修正
    ・FFmpeg が再び動作するようになりました (#22)。
    ・ウィンドウの下部でトラック ビューが途切れなくなりました (#20)。
  • 削除
    saucedacity.cfg の不要な IsSaucedacity 設定を削除しました

ユーザーレビュー

  • 5

    現在までは『Audacity』を使用して来ましたが、今日からは、こ…

    まずまず
    まずまず
    投稿数: 437件
    Windows 11

    現在までは『Audacity』を使用して来ましたが、今日からは、この『Tenacity』に変更しました。(Audacityは、アンインストールしました)
    理由として、
    1.『Audacity』には、潜在的な不安点がある。
    2.上記1.の理由の為、代替のオーディオエディタを探していたが、『Audacity』よりフォークされた当アプリは、使用感がほぼ同じで違和感なく使用可能である。
    3.画面のトーンが黒を基調としている為、非常に見やすくなった。
    4.【Codeberg】上にソースコードが公表されているオープンソースの為、非常に安心できる。
    ※【GitHub】でも公表されているが、プルリクエストがどうも無視される模様。尚、バージョンアップは【Codeberg】と並行してアップされている模様。

    2人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?