音声を録音したり、音楽ファイルを編集できる高機能サウンド編集ソフト

Audacity のアイコン

Audacity
  • 海外
  • 日本語○

ダウンロード

対応OS:
Windows 10, Mac OS X 10.7/10.8/10.9/10.10/10.11, macOS 10.12/10.13/10.14/10.15, Linux
バージョン:
2.4.2(2020/06/26)

マイクなどの外部接続機器による録音に対応し、録音した音声ファイルや OGG / MP3 / WAV ファイルに対して、波形を選択して切り取り、コピー、分割、ノイズ除去、ピッチの変更、などの多彩な編集、保存ができるのが魅力です。

提供元:

Audacity の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページへアクセスし、「Audacity 2.4.2 installer」リンクをクリックしてダウンロードします。
    ※ インストール不要な Zip 版をダウンロードする場合は、「Audacity 2.4.2 zip file」リンクをクリックしてダウンロードします。
    ※ Mac / Linux 版の場合は提供元サイトのダウンロードページからダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(audacity-win-2.4.2.exe)からインストールします。

使い方

本ソフトを起動すると「Audacity へようこそ!」画面が表示されます。
次回以降表示させたくない場合は、左下の「このメッセージを次回からは開始時に表示しない」にチェックを入れて「OK」ボタンをクリックして閉じます。
ようこそ画面


録音する

マイクを接続し、録音 ボタンをクリックすると録音できます。
停止 ボタンをクリックして停止、Shift キーを押しながら 録音 ボタンをクリックして追加録音ができます。

カットする

音楽ファイルを編集するには、まず音楽ファイルをドラッグ&ドロップします。
再生 ボタンをクリックして音楽を再生させたり、拡大縮小 ボタンをクリックして拡大や縮小させたりして、波形を見ながらマウスをドラッグして範囲を選択し、グレーとなっている部分を 切り取り ボタンをクリックして余分な無音部分等をカットできます。

対応フォーマット

入力・保存 : OGG / MP3 / WAV / AIFF / FLAC / MP2
※ FFmepg を導入すると、M4A / AC3 / AMR / WMA に保存できるようになります。


更新履歴

※ Google 翻訳で日本語にしています。
Version 2.4.2 (2020/06/26)
  • ライブラリを wx3.1.3 に更新しました。
  • 30 を超えるバグが修正されました。
  • 新しい「構成のリセット」メニュー項目。

Version 2.4.1 (2020/05/21)
  • 1つの重大なデータ損失 P1 バグが修正されました。
  • 新機能はありません

Version 2.4.0 (2020/05/15)
  • TimeToolbar を追加しました。
  • トラックマルチビューを追加しました。
  • ラウドネス、ノイズゲート、スペクトル削除効果。
  • 100を超えるバグが修正されました。

バグ報告等について

ユーザーレビュー

  • コメント

    公式サイトからは32Bit版ビルドのみをダウンロード可能ですが、G…

    匿名ユーザー
    匿名ユーザー
    投稿数: 55件
    Windows

    公式サイトからは32Bit版ビルドのみをダウンロード可能ですが、GitHubでは64Bit版のビルドも行われており、GitHubにサインインすればダウンロードができます。
    使いたいVSTプラグインが64Bit版しか存在しない場合や、使用しているOSが64Bit版であるのならば、64Bit版のほうが快適に動作するので64Bit版がおすすめです。

    https://github.com/audacity/audacity/runs/1571251126

    2人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 5

    半世紀以上かけて収集した3千枚を超えるレコードの電子ファイル化に専…

    Gonbe
    Gonbe
    投稿数: 1006件
    Windows 10

    半世紀以上かけて収集した3千枚を超えるレコードの電子ファイル化に専念中です。
    (カミさんから「そんなにあっても棺桶に入らないよ」とイヤミを言われています)
    本ソフトは、以前にもレビューしましたが、プチ雑音の修復にも大活躍しています。
    もう一つ便利と思うのは簡単に「スペクトル表示」出来ることで、重宝しています。
    MP3規格は、16kHz以上の高域成分や聴覚的に支障の少ない音が強制削除されます。
    ハイレゾが話題の昨今ですが、個人的にはCD音源と聴き比べても差異を感じません。
    広告文句に踊らされることなく、私にはPCオーデイオはWAVやFLACで充分ですね。
    特別なソフトや高価な機材も不要であり、DAC経由のヘッドホンで満足しています。
    何百Wもの大出力が可能なアンプを数Wで使用するなんて、本当に愚の骨頂ですよ。
    話が脱線しましたが、スペクトル表示で20kHz以上を取り込めたと確認しています。
    その様子は、次のURLでご覧になれます。 https://imgur.com/a/eH2FF1H

    10人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • コメント

    本ソフトの特徴の一つとして、好みのレイアウトに変更可能という機能が…

    Gonbe
    Gonbe
    投稿数: 1006件
    Windows 10

    本ソフトの特徴の一つとして、好みのレイアウトに変更可能という機能があります。
    それはつまり、各パーツ部分をドラッグして配置変更して、レイアウトを整えます。
    Ver.2.4.2 更新時に「時間・分・秒」表示がデカくなり、雰囲気を変えてみました。
    現在のレイアウト画像は、次のURL にてご覧になれます。
    https://imgur.com/a/82xAovn

    このレビューは参考になりましたか?はい

Audacity に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 38 件)