音声を録音したり、音楽ファイルを編集できる高機能サウンド編集ソフト

Audacity のアイコン

Audacity

  • 海外
  • 日本語○

ダウンロード

対応OS:
Windows (98/Me/2000/XP/Vista/7/8/8.1)10/11, (Mac OS 9, Mac OS X 10.0-10.12), macOS 10.13/10.14/10.15/11/12, Linux
バージョン:
3.2.0(2022/09/23)

マイクなどの外部接続機器による録音に対応し、録音した音声ファイルや OGG / MP3 / WAV などのファイルに対して、波形を選択して切り取り、コピー、分割、ノイズ除去、ピッチの変更、などの多彩な編集、保存ができるのが魅力です。

提供元:

Audacity 3.2 のプロモーション動画

Audacity の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページへアクセスし、「Download for Windows」リンクをクリックしてダウンロードします。
    ※ インストール不要な Zip 版をダウンロードする場合は、GitHub へアクセスして「audacity-win-3.2.0-32bit.zip」リンク、または「audacity-win-3.2.0-64bit.zip」リンクをクリックしてダウンロードします。
    ※ Mac 版、Linux 版をダウンロードする場合は、それぞれのリンクをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(audacity-win-3.2.0-64bit.exe または audacity-win-3.2.0-32bit.exe)からインストールします。

使い方

本ソフトを起動すると「Audacity へようこそ!」画面が表示されます。
次回以降表示させたくない場合は、左下の「このメッセージを次回からは開始時に表示しない」にチェックを入れて「OK」ボタンをクリックして閉じます。
Audacity へようこそ

Audacity へようこそ



録音する

マイクを接続し、録音 ボタンをクリックすると録音できます。
停止 ボタンをクリックして停止、Shift キーを押しながら 録音 ボタンをクリックして追加録音ができます。

カットする

音楽ファイルを編集するには、まず音楽ファイルをドラッグ&ドロップします。
※ メニューバーから「ファイル」⇒「開く」とクリックしてファイルを選択することもできます。
ファイルの読み込み

ファイルの読み込み



再生 ボタンをクリックして音楽を再生させたり、拡大縮小 ボタンをクリックして拡大や縮小させたりして、波形を見ながらマウスをドラッグして範囲を選択します。
右クリックメニューからクリップの分割や余分な無音部分等をカットできます。
  • 切り取り
  • コピー
  • 貼り付け
  • クリップを分割
  • トラックをミュート/非ミュート
  • クリップ名を変更
範囲を選択して右クリックメニュー

範囲を選択して右クリックメニュー



対応フォーマット

次のフォーマットに対応しています。
  • AUP3 プロジェクトファイル (*.aup3)
  • AUP プロジェクトファイル (*.aup)
  • WAV、AIFF、その他の非圧縮形式 (*.wav, *.aiff, …)
  • Ogg Vorbis ファイル (*.ogg)
  • FLAC ファイル (*.flac)
  • MP3 ファイル (*.mp3)
  • 基本的なテキストフォーマットによるファイルリスト
  • WavPack files
  • FFmpeg 互換ファイル (*.m4a, *.ac3, *.amr, *.wma)

更新履歴

※ Google 翻訳で日本語にしています。
Version 3.2.0
(2022/09/22)
  • 顕著な変化
    ・トラック メニューに新しいエフェクト ボタンが追加され、リアルタイム エフェクトを配置できるようになりました。
    ・新しい姉妹サービスである Audio.com を使用してオーディオをアップロードおよび共有する機能
    ・ミキサー バーをメーター バーに統合しました。
    ・デフォルトでデバイスツールバーを置き換えて、新しいオーディオ設定ボタンを追加しました。デバイス ツールバーは、[表示] > [ツールバー] メニューから再度追加できます。
    ・エフェクト メニューの並べ替えが新しくなりました。その他の並べ替えとグループ化のオプションは、効果の環境設定にあります。
  • プラグインの変更
    プラグインはhttps://plugins.audacityteam.orgにあります。 ・VST3 エフェクトがサポートされるようになりました。
    ・次のプラグイン形式がリアルタイム対応になりました: VST3、LV2、LADSPA、Audio Units。
    ・Audacity の起動時に、プラグインが自動的にスキャン、テスト、有効化されるようになりました。
  • システム変更
    ・Apple Silicon (arm64) が macOS でサポートされるようになりました
    ・avformat 55、57、および 58 に加えて、FFMPEG 5.0 (avformat 59) がサポートされるようになりました。
    ・Wavpack のサポートを追加
    ・Linux では、JACK が存在しなくても Audacity をコンパイルできるようになりました。
    ・Audacity は Linux で XDG ディレクトリを使用するようになりました。
    ・MP3 インポーターとして mad から mpg123 に切り替えました
  • ライセンスの更新
    ・Audacity バイナリは現在、GNU General Public License バージョン 3 に基づいてライセンスされています。
    ほとんどのコード ファイルは GPLv2 以降のままですが、VST3 のサポートにはこのライセンスの更新が必要でした。
  • 削除
    ・ズーム ツールを削除しました。代わりに、ズーム ボタンまたは Ctrl+Scroll (macOS: Cmd+Scroll) を使用してズームできます。
    ・Audacity マニュアルの HTML ページはインストールに含まれなくなりました。
  • バグ修正
    ・#3079 Audacity が時々 MP3 ファイルをインポートできない (またはハフマン データ オーバーランを報告する) のを修正しました。
    ・#2590 記録中にラベルを配置すると、まれにデータが失われるバグを修正
    ・#2272 編集時にクリップのタイトルが画面外に消える問題を修正
    ・#2162 パンチ アンド ロールがトラックを同期させない問題を修正
    ・#1889 いくつかのエフェクトを適用すると、クリップのタイトルが名前を変更する問題を修正
    ・#1624 バッチ処理中に、サポートされていないサンプルレートが選択された場合に、Audacity が停止してサンプルレートを要求することはなくなりましたが、代わりに最も近いサポートされているレートを選択します。
    ・#2265 Linux に mod-script-pipe がインストールされない問題を修正
    ・#3571 Appimage の GTK パッケージングを修正。これにより、アイコン、ドロップダウン、および同様のものが正しく表示されないというさまざまな問題が修正されます。
    ・#3634 M4A/AAC のサポートを改善しました。以前はターゲット ビットレートがまったく考慮されていませんでしたが、
    ・現在は 98 ~ 160 kbit/s (モノラル) または 196 ~ 320 kbit/s (ステレオ) の間で設定できます。UI にはまだこれらの制限が反映されていません。

Version 3.2.0 Beta
(2022/09/14)
  • 顕著な変化
    クイック オーディオ共有機能が追加されました。

Version 3.2.0 Alpha 1
(2022/08/30)
  • 顕著な変化
    ・トラック メニューに新しいエフェクト ボタンが追加され、リアルタイム エフェクトを配置できるようになりました。
    ・ミキサー バーをメーター バーに統合しました。
    ・デフォルトでデバイスツールバーを置き換えて、新しいオーディオ設定ボタンを追加しました。デバイス ツールバーは、[表示] > [ツールバー] メニューから再度追加できます。
    ・エフェクト メニューの並べ替えが新しくなりました。その他の並べ替えとグループ化のオプションは、効果の環境設定にあります。
    ・アイコンを更新しました。
  • プラグインの変更
    ・VST3 エフェクトがサポートされるようになりました。
    ・次のプラグイン形式がリアルタイム対応になりました: VST3、LV2、LADSPA、Audio Units。
    ・Audacity の起動時に、プラグインが自動的にスキャン、テスト、有効化されるようになりました。
  • システム変更
    ・Apple Silicon (arm64) と Universal Binaries が macOS でサポートされるようになりました
    ・avformat 55、57、および 58 に加えて、FFMPEG 5.0 (avformat 59) がサポートされるようになりました。
    ・Wavpack のサポートを追加
    ・Linux では、JACK が存在しなくても Audacity をコンパイルできるようになりました。
    ・Audacity は Linux で XDG ディレクトリを使用するようになりました。
     注: 以前のバージョンからアップグレードする場合、Audacity は ~/.audacity-data および ~/.audacity フォルダーを削除するまで使用し続けます。
    ・MP3 インポーターとして mad から mpg123 に切り替えました
  • ライセンスの更新
    ・Audacity バイナリは現在、GNU General Public License バージョン 3 に基づいてライセンスされています。
    ほとんどのコード ファイルは GPLv2 以降のままですが、VST3 のサポートにはこのライセンスの更新が必要でした。
    詳細については、お知らせの投稿をご覧ください: #2142
  • その他の変更
    ・ズーム ツールを削除しました。代わりに、ズーム ボタンまたは Ctrl+Scroll (macOS: Cmd+Scroll) を使用してズームできます。
  • バグ修正
    ・#3079 Audacity が時々 MP3 ファイルをインポートできない (またはハフマン データ オーバーランを報告する) のを修正しました。
    ・#2590 記録中にラベルを配置すると、まれにデータが失われるバグを修正
    ・#2272 編集時にクリップのタイトルが画面外に消える問題を修正
    ・#2162 パンチ アンド ロールがトラックを同期させない問題を修正
    ・#1889 いくつかのエフェクトを適用すると、クリップのタイトルが名前を変更する問題を修正
    ・#1624 バッチ処理中に、サポートされていないサンプルレートが選択された場合、Audacity は停止してサンプルレートを要求することはなくなりましたが、代わりにサポートされている最も近いものを選択します。
    ・#2265 Linux に mod-script-pipe がインストールされない問題を修正

フィードバック

ユーザーレビュー

  • コメント

    Ver.3.2.0 が正式リリース

    Gonbe
    Gonbe
    投稿数: 1232件
    Windows 10

    Ver.3.2.0 が正式リリース。
    更新内容は、本ページの「更新履歴」欄に記載されているとおりで、興味深いですね。
    トラック メニューに新しいエフェクト ボタンが追加され、リアルタイム エフェクトを
    配置可能となったが、未だ本ソフトにリアルタイムエフェクトが同梱されてない模様。
    現在、いくつかプラグインがダウンロード出来るようだが、私は未だ試していません。

    このレビューは参考になりましたか?
  • コメント

    非常にお世話になっているアプリの一つ

    まずまず
    まずまず
    投稿数: 417件
    Windows 10

    非常にお世話になっているアプリの一つ。
    窓の杜の記事によりますと、Windows Storeからも入手可能になったようです。
    コマンドラインからもwingetで入手可能の様です。
    ■開発元のtwitter…https://x.gd/c4J2R

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • コメント

    【追記あり】新Ver.5.1.0 がリリース

    Gonbe
    Gonbe
    投稿数: 1232件
    Windows 10

    新Ver.5.1.0 がリリース。
    今回は、音声の編集・制作をもっと簡単にすることに重点が置かれているようです。
    主な改善点は、提供元サイトの説明によれば次のとおりです。
    ・クリップハンドルバーが追加され、オーディオクリップをより簡単に移動できる。
    ・クリップを非破壊的にトリミングする方法であるスマートクリップが追加された。
    ・ループ機能が作り直された。


    【誤記訂正】
    Ver.3.1.0 が正しいです。 失礼しました。

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?

Audacity に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 50 件)