音声を録音したり、音楽ファイルを編集できる高機能サウンド編集ソフト

Audacity のアイコン

Audacity
  • 海外
  • 日本語○

ダウンロード

対応OS:
Windows Vista/7/8/8.1/10, Mac OS X 10.7/10.8/10.9/10.10/10.11, macOS 10.12/10.13/10.14, Linux
バージョン:
2.3.2(2019/05/13)

マイクなどの外部接続機器による録音に対応し、録音した音声ファイルや OGG / MP3 / WAV ファイルに対して、波形を選択して切り取り、コピー、分割、ノイズ除去、ピッチの変更、などの多彩な編集、保存ができるのが魅力です。

提供元:

Audacity の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページへアクセスし、「Audacity 2.3.2 installer」リンクをクリックしてダウンロードします。
    ※ インストール不要な Zip 版をダウンロードする場合は、「Audacity 2.3.2 zip file」リンクをクリックしてダウンロードします。
    ※ Mac / Linux 版の場合は提供元サイトのダウンロードページからダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(audacity-win-2.3.2.exe)からインストールします。

使い方

本ソフトを起動すると「Audacity へようこそ!」画面が表示されます。
次回以降表示させたくない場合は、左下の「このメッセージを次回からは開始時に表示しない」にチェックを入れて「OK」ボタンをクリックして閉じます。
ようこそ画面


録音する

マイクを接続し、録音 ボタンをクリックすると録音できます。
停止 ボタンをクリックして停止、Shift キーを押しながら 録音 ボタンをクリックして追加録音ができます。

カットする

音楽ファイルを編集するには、まず音楽ファイルをドラッグ&ドロップします。
再生 ボタンをクリックして音楽を再生させたり、拡大縮小 ボタンをクリックして拡大や縮小させたりして、波形を見ながらマウスをドラッグして範囲を選択し、グレーとなっている部分を 切り取り ボタンをクリックして余分な無音部分等をカットできます。

対応フォーマット

入力・保存 : OGG / MP3 / WAV / AIFF / FLAC / MP2
※ FFmepg を導入すると、M4A / AC3 / AMR / WMA に保存できるようになります。


更新履歴(英語)

Version 2.3.2 (2019/05/13)
  • Audacity now includes the LAME MP3 encoder. Previously, due to now expired patents, you had to download it separately.
  • There is a new Select button in the track panel to select the whole track.
  • Audacity mod-script-pipe for driving Audacity from Python now comes with Audacity and it can be enabled via preferences.
  • Over 20 bugs fixed since 2.3.1. The most serious bug was that Audacity 2.3.1 would crash if append-recording to a collapsed track.

Version 2.3.1 (2019/03/08)
  • Audacity now supports 64-bit Mac.
  • Over 20 bugs fixed since 2.3.0, including:
    A crashing bug on Linux that made Audacity 2.3.0. unsuitable for Linux.
    Crash on Mac when right clicking on label.
    Problems with Change Pitch, including not remembering parameter values.
  • Options and preferences:
    Microfades are now an opt-in feature. They were always on in 2.3.0.
    The advanced vertical zooming option is now available in the View->Zoom menu.
  • Regular interval labels now support range labels.

Version 2.3.0 (2018/09/29)
  • Over 90 bugs fixed since 2.2.2.
    Includes fixes to Timer Record, and to 'Envelope Points'.
  • New feature - "Punch and Roll Recording".
  • …(省略)

ユーザーレビュー

  • 1

    いちいち音いじるときいじる領域選択しなきゃいけないのがマジで…

    カップラーメンたいまー
    カップラーメンたいまー
    投稿数: 1件
    Windows 8/8.1

    いちいち音いじるときいじる領域選択しなきゃいけないのがマジでめんどい!

    このレビューは参考になりましたか?はい
  • コメント

    追記 本ソフトは全体的に処理が遅いです。 その理由として…

    匿名ユーザー
    匿名ユーザー
    投稿数: 33件
    その他

    追記
    本ソフトは全体的に処理が遅いです。
    その理由として、
    ・ソフトが32bit版しか存在しない(メモリが4GBしか扱えない)
    ・高性能なCPUに最適化されていない(かなり前のSSE2が動作条件となっている)
    ・マルチスレッド処理に対応していない(?)
    という事が理由に挙げられます。
    つまり本ソフトは高スペックPCの性能をあまり活かせません。
    高いスペックのマシンで本ソフトを使う場合はBETA版(Alpha Builds)を使うほうが安定版より早く動くかもしれません。
    以下、BETA版Audacityがダウンロードできる場所です。
    https://www.fosshub.com/Audacity-devel.html

    2人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 4

    オープンソースの波形編集ソフトで、機能制限など無く完全無料で…

    匿名ユーザー
    匿名ユーザー
    投稿数: 33件
    -

    オープンソースの波形編集ソフトで、機能制限など無く完全無料で使用できます。
    多機能ですが、それ故に初心者には扱いにくいため慣れが必要かもしれません。
    デフォルトの機能でもいろいろなエフェクトがかけられますが、VSTプラグインが使えるのでさらに多くのエフェクトが使用できます。
    複数の音声を読み込んで、波形を並べて表示し、移動・カット・連結ができるので曲を長くする編集をしたい場合に重宝します。
    雑誌などでも特集されていましたが、レコードを録音してデータ化することもできます。

    以下注意点です。
    デフォルトのままだと、読み込み・書き出し形式が少ないため必要であれば「LAME」「FFMpeg」ライブラリを導入すると良いです。
    (対応形式が少ないとは言え、結局はファイルをデコードして読み込んでいるだけなので、あらかじめWAVにデコードしておけばライブラリの必要はありません)

    デフォルトだとディザリング機能(信号に人工的に付加される微小なノイズ)が有効になっています。
    初期設定のまま編集を行うと、音源によってはエフェクトを掛けるたびにノイズが入ってしまい、音質劣化につながるため必ず無効にしましょう。
    Audacityを実行→編集→設定
    →リアルタイム変換・高品質変換のディザリングを「無し」に変更する。

    レコードの録音時に入ったプッツンノイズは、エフェクトの「修復」で低減することができますが、波形を拡大・選択してひとつずつ対処するのは非常にめんどうです。
    近年無償化された『Sazanami』は、プッツンノイズを自動検出し低減できるため、Audacityで録音したデータを書き出し、『Sazanami』でプッツンノイズ低減を行うのがおすすめです。

    10人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい

Audacity に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 29 件)