Windows 11 のシステム要件を満たしているかチェックするソフト

Checkit のアイコン

Checkit

ダウンロード

対応OS:
Windows 10
バージョン:
1.0.2 / 1.0.2.4(2021/08/23)

Microsoft が公開している Windows 11 のシステム要件に基づき、PCが必要最低要件を満たしているかをチェックするソフトです。
プロセッサー、メモリ、ストレージ、パーティションスタイル、システムファームウェア、セキュアブート、グラフィックカード、TPM 2.0 の各項目に対して、サポート有無を解析して結果を表示します。

提供元:
制作ソフト一覧を見る

Checkit の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、「無料ダウンロード」ボタンをクリックしてダウンロードします。
    ※ 英語版は提供元サイトの英語版ページからダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(Checkit_1.0.2_JP.zip)を解凍し、Checkit.exe から起動します。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

使い方

基本的な使い方

本ソフトを起動するとシステム要件のチェックを開始します。
次の項目を確認します。
  • プロセッサー
  • メモリ
  • ストレージ
  • パーティションスタイル
  • システムファームウェア
  • セキュアブート
  • グラフィックカード
  • TPM 2.0

チェックが終わると各項目右に結果アイコンが表示されます。
  • icon … 要件をサポートしている
  • icon … 不明、または要件をサポートしているが利用パソコンで設定が無効になっている可能性など
  • icon … 要件をサポートしていない
icon または icon が表示された項目には、その根拠も表示されます。

更新履歴

Version 1.0.2.4 (2021/08/23)
  • -

Version 1.0.2 (2021/07/06)
  • -

ユーザーレビュー

  • コメント

    現状のWindows11の要求スペックでは、かなりのPCがスペック…

    まずまず
    まずまず
    投稿数: 390件
    Windows 10

    現状のWindows11の要求スペックでは、かなりのPCがスペック外になってしまいますね。
    所有している数台のPCも、現状ではスペック外になってしまうので、既に一部のPCはLinuxマシンにしており、別の1機はopenmediavaultを導入して簡易サーバーマシンとしています。
    一部のYoutuberがIntel Pemtium4に導入するというなかなか強者もいますが、何れにしても現状では非常に高スペックを要求していますので、どうなるのでしょうかね。

    5人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?