Classic Shell からフォークして開発されているスタートメニューをクラシック風にするソフト

Open Shell のアイコン

Open Shell
  • 海外
  • 日本語✕

ダウンロード

対応OS:
Windows 7/8/8.1/10
バージョン:
4.4.131(2018/09/29)

開発終了した Classic Shell を引き継ぎ、鋭意開発が進められているスタートメニューソフトです。
Windows 2000/XP に近いスタートメニューなどのクラシックなものから独自のものまで、任意にカスタマイズしたスタートメニューを設置でき、スタートボタンも任意のものに置き換え可能です。
Win キーを押すと本ソフトのスタートメニューが表示され、Shift + Win キーを押すと従来のスタートメニューが表示されるので、どちらも利用することができます。

提供元:
※ Classic Start から名称変更されました。

Open Shell の使い方

ダウンロード

  1. 提供サイトのダウンロードページへアクセスし、「OpenShellSetup_4_4_131.exe」リンクをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(OpenShellSetup_4_4_131.exe)からインストールします。

使い方

基本的な使い方

本ソフトをインストールすると初回起動時に「Settings」画面が表示されます。
いったん「Cancel」ボタンをクリックしてキャンセルし、スタートボタンをクリックするか、Win キーを押してスタートメニューを表示すると、スタートメニューが Classic Start のものに置き換わっていることを確認できます。

従来のスタートメニューを表示する
本ソフト起動前の従来のスタートメニューを表示するには、次のいずれかの方法で表示できます。
  • Shift + Win キーを押す
  • Shift キーを押しながらスタートボタンをクリックする
  • スタートメニューの「スタート メニュー (Windows)」をクリックする

本ソフトを終了する
スタートボタンの右クリックメニューから「終了」をクリックすると、本ソフトが終了します。

本ソフトを起動する
終了させてしまった本ソフトを再度起動するには、スタートメニューから「Classic Start」⇒「Classic Start Menu Settings」とクリックすると起動します。

設定画面について
設定画面を表示して他の作業をすると、設定画面が行方不明になってしまう場合があります。
スタートボタンの右クリックメニュー「設定」をクリックしても設定画面が表示されない場合があります。
その場合は、タスクバーのフォルダーアイコンにまとめられていて、フォルダーアイコンをクリックすると設定画面を見つけることができるかもしれません。

クラシックなスタートメニューにする

スタートメニューをカスタマイズしたい場合は、設定画面から変更することが可能です。
ここではクラシックなスタートメニューにします。
  1. スタートボタンを右クリックし、「設定」をクリックします。
    スタートボタンの右クリックメニュ
  2. 設定画面の「Start Menu Style」タブが表示されます。
    次のスタイルから選択できます。
    • Classic style
    • Classic with two columns
    • Windows 7 style
    ここでは「Classic style」を選択します。
  3. 続いて画面下部の「Replace Start button(スタートボタンを置き換える)」にチェックを入れ、「Classic」を選択します。
    これでスタートボタンを変更します。
  4. 「Skin」タブをクリックします。
  5. 「Skin」タブ画面が表示されます。
    「Metro」プルダウンをクリックして「Classic Skin」を選択して「OK」ボタンをクリックします。
  6. Win キーを押すかスタートボタンをクリックすると、カスタマイズしたスタートメニューが表示されることを確認できます。

更新履歴(英語)

Version 4.4.131 (2018/12/08)
  • New:
    ・Re-branded to Open-Shell
    ・Automatic settings import from Classic-Shell
  • Fixes:
    ・Cleanup of the accessibility COM objects (#53)

Version 4.4.109 (2018/07/05)
  • 新規公開

※ 本ソフトは owl 様 のご推薦により掲載させていただきました(2018年7月12日)。

ユーザーレビュー

  • 5

    配賦元ではユーザーレビューの日本語化パッチインストール方法に…

    ctuagent
    ctuagent
    投稿数: 1件
    Windows 10

    配賦元ではユーザーレビューの日本語化パッチインストール方法について反論が掲載されています。

    ここでは、配賦元にある表現「C:¥ProgramData¥OpenShell¥Languages へ ja-JP.dll をインストールします。」について補足します。

    1 ダウンロードした.exeファイルを単純に実行(ダブルクリック)すれば日本語化ファイルは適切なフォルダーにインストールされます。
    2 直ちにOpen Shellの設定メニュー(「すべての設定を表示するにチェック」)の「Language」タブ>「日本語」を選択>OK と進むと設定メニューが自動で閉じるとともに、「設定変更はOpen Shell自体を所定の方法で終了させ再起動すると有効になる」旨のメッセージが表示されます。

    このとおりにするか、あるいは言語設定変更後にPCを再起動させることで日本語化が有効になることを確認しました。

    3人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 5

    https://github.com/Rukoto/Toy-…

    Tsukounin-B
    Tsukounin-B
    投稿数: 1件
    Windows 10

    https://github.com/Rukoto/Toy-Box
    上記サイトに設定画面の日本語言語ファイルが公開されていました。

    Open-Shell-4.4.126jp.exe
    ↑Ver.4.4.126~Ver.4.4.134まで

    Open-Shell-4.4.135jp.exe
    ↑Ver.4.4.135~Ver.4.4.138まで

    説明だと「OpenShell¥Languages へ ja-JP.dll をインストールします。」になってましたが、
    インストール後、Open-Shellを立ち上げなおしても設定画面が英語のままだったでした。
    何度か確認の結果、Open-ShellのLanguagesフォルダに入れると反映しない様でした。
    Open-Shellの実行ファイルと同じフォルダだと設定画面が日本語に反映されました。
    (Open-Shell-4.4.131で確認。Open-Shell-4.4.126jp.exeを使用。)

    11人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 5

    【追記あり】更新版「OpenShellSetup_4_4_1…

    owl
    owl
    投稿数: 307件
    Windows 10

    更新版「OpenShellSetup_4_4_131.exe」が公開されています。
    released this on Sep 29, 2018
    New:
    Re-branded to Open-Shell
    Automatic settings import from Classic-Shell
    Fixes:
    Cleanup of the accessibility COM objects (#53)

    当アプリには自動更新機能が備わらないため、手動更新が必要になります。
    公式ホームページ https://github.com/Open-Shell/Open-Shell-Menu
    公式ダウンロードサイト https://github.com/Open-Shell/Open-Shell-Menu/releases


    公式サポート:
    https://github.com/Open-Shell/Open-Shell-Menu/issues?utf8=%E2%9C%93&q=is%3Aissue+is%3Aall
    「GitHub」を通じたオープンソースプロジェクトのアプリなので、公開サポート(英文)が原則になります。

    6人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい

Open Shell に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 6 件)