Classic Shell の後継となるべく開発されているスタートメニューをクラシック風にできるソフト

Classic Start のアイコン

Classic Start
  • 海外
  • 日本語✕

ダウンロード

対応OS:
Windows 7/8/8.1/10
バージョン:
4.4.109(2018/07/05)

開発終了した Classic Shell を引き継ぎ、鋭意開発が進められているスタートメニューソフトです。
Windows 2000/XP に近いスタートメニューなどのクラシックなものから独自のものまで、任意にカスタマイズしたスタートメニューを設置でき、スタートボタンも任意のものに置き換え可能です。
[Win] キーを押すと本ソフトのスタートメニューが表示され、[Shift] + [Win] キーを押すと従来のスタートメニューが表示されるので、どちらも利用することができます。

提供元:

Classic Start の使い方

ダウンロード

  1. 提供サイトのダウンロードページへアクセスし、「ClassicStartSetup_4_4_109.exe」リンクをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(ClassicStartSetup_4_4_109.exe)からインストールします。

使い方

基本的な使い方

本ソフトをインストールすると初回起動時に「Settings」画面が表示されます。
いったん「Cancel」ボタンをクリックしてキャンセルし、スタートボタンをクリックするか、[Win] キーを押してスタートメニューを表示すると、スタートメニューが Classic Start のものに置き換わっていることを確認できます。

従来のスタートメニューを表示する
本ソフト起動前の従来のスタートメニューを表示するには、次のいずれかの方法で表示できます。
  • [Shift] + [Win] キーを押す
  • [Shift] キーを押しながらスタートボタンをクリックする
  • スタートメニューの「スタート メニュー (Windows)」をクリックする

本ソフトを終了する
スタートボタンの右クリックメニューから「終了」をクリックすると、本ソフトが終了します。

本ソフトを起動する
終了させてしまった本ソフトを再度起動するには、スタートメニューから「Classic Start」⇒「Classic Start Menu Settings」とクリックすると起動します。

設定画面について
設定画面を表示して他の作業をすると、設定画面が行方不明になってしまう場合があります。
スタートボタンの右クリックメニュー「設定」をクリックしても設定画面が表示されない場合があります。
その場合は、タスクバーのフォルダーアイコンにまとめられていて、フォルダーアイコンをクリックすると設定画面を見つけることができるかもしれません。

クラシックなスタートメニューにする

スタートメニューをカスタマイズしたい場合は、設定画面から変更することが可能です。
ここではクラシックなスタートメニューにします。
  1. スタートボタンを右クリックし、「設定」をクリックします。
    スタートボタンの右クリックメニュ
  2. 設定画面の「Start Menu Style」タブが表示されます。
    次のスタイルから選択できます。
    • Classic style
    • Classic with two columns
    • Windows 7 style
    ここでは「Classic style」を選択します。
  3. 続いて画面下部の「Replace Start button(スタートボタンを置き換える)」にチェックを入れ、「Classic」を選択します。
    これでスタートボタンを変更します。
  4. 「Skin」タブをクリックします。
  5. 「Skin」タブ画面が表示されます。
    「Metro」プルダウンをクリックして「Classic Skin」を選択して「OK」ボタンをクリックします。
  6. [Win] キーを押すかスタートボタンをクリックすると、カスタマイズしたスタートメニューが表示されることを確認できます。

  7. ※ 本ソフトは owl 様 のご推薦により掲載させていただきました(2018年7月12日)。

ユーザーレビュー

  • 5

    2017年12月に開発が放棄された「Classic Shel…

    usericon owl
    投稿数: 167件
    Windows 10

    2017年12月に開発が放棄された「Classic Shell project for Windows」が、
    新たな開発者の手で fork(派生)されて「Classic Start」として再出発しました。
    Release されたのは、プレビュー(開発途上のテスト)版「v4.4.109-dev」になります。

    開発手法はオープンソースプロジェクトで、その全てが「GitHub」に公開されています。
    公式ホームページ(解説、サポート、入手先)は、
    https://github.com/passionate-coder/Classic-Start

    概要については「ghacks.net」に詳しい(on July 08, 2018)
    ://www.ghacks.net/2018/07/08/miss-classic-shell-classic-start-comes-to-the-rescue/
    Software Name「Classic Start」
    Author Rating(著者評価):★★★★★

    プレビュー版ながらも、十分な完成度です。
    しかし、現状の位置付けは「Insiders Preview」の段階です。
    少なくとも 重大な(Critical)欠陥は克服されているはずですが、仕様上での課題(多言語化など)や多少の不具合が残存しているでしょう。
    オープンソースプロジェクトでは、エンドユーザーも開発に関与できます。
    不具合やリクエスト(Report a bug/issue or submit a feature request)は、
    https://github.com/passionate-coder/Classic-Start/issues
    で、開発者やユーザー間の共有化を進めることが「より良い製品」化への近道です。
    面倒でも「GitHub」に、積極的に関わりましょう(公用言語は、英文です)。

    2人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 5

    Classic Shellがリリースされた当時インストールし…

    usericon あわもり
    投稿数: 9件
    Windows 10

    Classic Shellがリリースされた当時インストールしましたが
    カスタマイズ等、使いづらい点が多々あり使用を中止しました

    今回久しぶりにインストールしてWinows7モードにしてみましたが殆ど再現され
    とても使いやすく洗練されて良いソフトですね

    現状設定画面で「日本語」を選択しても設定は英語のままの為
    日本語化するにはClassic Shellのサイトの言語パックをインストールして
    C:¥Program Files¥Classic Startフォルダにそのままコピーし
    再度Classic Startを起動すれば日本語化されます

    http://www.classicshell.net/translations/

    上記サイトより下のほうに日本語言語ファイルがあります

    4人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい