クリップボードにコピーしたデータを自動的にBMP画像で保存してくれるソフト

Clip Saver のアイコン

Clip Saver

ダウンロード

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

レビューを投稿する

対応OS:
Windows 95/98/Me/NT/2000/XP
バージョン:
1.03(1998/05/23)

自動保存をオンにしておくと、クリップボードにコピーした画像を次々と自動保存するソフトです。
テキストデータやファイルデータはBMP画像として保存できませんが、画像をコピーしたり、プリントスクリーンキーで取得したスクリーンショットを瞬時に画像ファイルに変換できるのが便利です。

提供元:
海人
※ 本ソフトは開発終了しています。

Clip Saver の使い方

ダウンロード

  1. Vector のダウンロードページへアクセスし、「ダウンロードへ」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(csv103nr.lzh)を解凍し、CSAVER.EXE から起動します。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

使い方

基本的な使い方

  1. 本ソフトを起動すると、クリップボードにコピーしている画像を表示します。
    ※ コピーしているものがない場合や、画像以外(テキスト、ファイルなど)をコピーしている場合は何も表示されません。
    Clip Saver - メイン画面
  2. 画像を保存する場合は、メニューバーから「ファイル」⇒「開く」とクリックするか、ツールバーの保存アイコンをクリックするか、Ctrl + S キーを押します。
  3. 「名前を付けて保存」ダイアログが表示されるので、保存したい場所、保存したいファイル名を入力して保存します。
    ※ 保存ファイル形式はビットマップ(.bmp)のみとなります。

自動保存を利用する

  1. 本ソフトを起動するとメイン画面が表示されます。
    メニューバーから「ファイル」⇒「自動保存」とクリックします。
  2. 設定画面が表示されます。
    「画像保存フォルダ」下の「参照」ボタンをクリックして、画像保存フォルダーを指定して「OK」ボタンをクリックします。
    設定
  3. メニューバーから「ファイル」⇒「自動保存」とクリックしてチェックを入れるか、ツールバーの 自動保存開始 をクリックして 自動保存開始 にします。
    自動保存をオン
  4. PrintScreen キーを押すなどして画像をクリップボードにコピーするたびに、設定したフォルダーに画像が保存されていきます。
    ファイル名は csv00001.bmp の形式で連番で保存されていきます。

上書き保存について
自動保存を一度オフにしてもう一度自動保存をオンにすると、ファイル名の連番がリセットされ、再び csv00001.bmp のファイル名で上書き保存してしまいます。
上書きされてしまわないようにするには、設定画面の「画像ファイルの保存方法」にて現在の選択肢以外のものを選択することで回避できます。
  • csv00001.bmpから保存する。上書き時の確認なし
  • csv00001.bmpから保存する。上書き時の確認あり
  • 保存済みファイルの後に続けて保存する。

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?