HDD の健康状態をチェックできる定番ソフト

CrystalDiskInfo のアイコン

CrystalDiskInfo
  • 寄付歓迎

ダウンロード

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10, Windows Server 2003/2008/2012/2016/2019
バージョン:
8.6.2(2020/06/28)

HDD の S.M.A.R.T 情報を読み取り、エラー発生率やすでに記録できなくなっている箇所の数、動作時間、温度、電源投入回数からHDDの健康状態をチェックできます。
診断された結果を正常、注意、異常の3段階で表示します。
日本語以外にも、英語(English)、フランス語(French)、中国語(Chinese)、ロシア語(Russian)、イタリア語(Italian)など複数言語に対応しています。

提供元:
制作ソフト一覧を見る

CrystalDiskInfo の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページへアクセスし、「[2020/06/28] CrystalDiskInfo 8.6.2」 項目下の「通常版」下の「インストーラー (Vista-)」ボタンをクリックしてダウンロードします。
    USBメモリー等で持ち運べるポータブル版をダウンロードする場合は「ZIP (XP-)」ボタンをクリックしてダウンロードします。
    ※ その他に Shizuku Edition、Kurei Kei Edition のダウンロードも可能です。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(CrystalDiskInfo8_6_2.exe)からインストールします。

使い方

基本的な使い方

本ソフトを起動すると、左側に健康状態、温度が表示されます。
健康状態が「正常」であれば、パソコンの健康状態が正常であることを確認できます。

この健康状態が「注意」や「異常」である場合は故障する可能性が高まっていることを意味します。
「注意」や「異常」の場合は、すぐにデータのバックアップを取っておきましょう。

常駐設定

メニューバーから「機能」⇒「常駐」とクリックすると、タスクトレイに常駐するようになります。
常駐したアイコンにはHDD/SSDの温度が表示されます。

更新間隔

S.M.A.R.T. 情報の取得間隔やHDD温度の取得間隔などを設定するには、メニューバー「機能」⇒「自動更新」から取得間隔を指定します。
取得間隔は1分、3分、5分、10分、30分、60分、無効のいずれかから選択できます。

グラフ表示

本ソフトをしばらく使っていた場合に、その状態の推移をグラフ表示できます。
グラフを表示するには、メニューバーから「機能」⇒「グラフ」とクリックします。
次の項目をグラフ表示できます。

実際の値:「生の値」から検出
  • [05] 代替処理済みのセクタ数
  • [09] 使用時間
  • [0C] 電源投入回数
  • [C2] 温度(℃)
  • [C4] セクタ代替処理発生回数
  • [C5] 代替処理保留中のセクタ数
  • [C6] 回復不可能セクタ数
  • [XX] 残り寿命
  • [XX] 総書込量(ホスト)(GB)
  • [XX] 総読込量(ホスト)(GB)
  • [XX] 総書込量(NAND)(GB)
  • [XX] 消去データ量
  • [XX] ウェアレベリング回数

正規化済みの値:「現在の値」
  • (01) リードエラーレート
  • (02) スループットパフォーマンス
  • (03) スピンアップ時間
  • (05) 代替処理済のセクタ数
  • (07) シークエラーレート
  • (08) シークタイムパフォーマンス
  • (09) 使用時間
  • (0A) スピンアップ再試行回数
  • (0C) 電源投入回数
  • (A7) 不明
  • (A8) 不明
  • (A9) 不明
  • (AA) 不明
  • (AD) 不明
  • (AF) 不明
  • (C0) 電源断による磁気ヘッド退避回数
  • (C2) 温度
  • (C5) 代替処理保留中のセクタ数
  • (F0) ヘッドフライング時間

テーマを変更する

メニューバー「テーマ」から次のテーマに変更可能です。

更新履歴

Version 8.6.2 (2020/06/28)
  • AMD RAIDXpert2 9.2.0.xでNVMeを含めたRAIDを構築している場合にBSoDが発生する問題の回避策を追加
    ※2020年6月時点では、AMD RAIDXpert2 9.3.0.38のご利用をお勧めします。
  • サムスン製 SSD の寿命として参照する属性を0xB3/0xB4から0xB1に変更
  • 言語ファイル更新

Version 8.6.1 (2020/06/19)
  • Intel RST NVMe 対応を改善
  • Realtek RTL9210 対応を改善
  • UIの不具合を修正

Version 8.6.0 (2020/06/13)
  • Windows 10 ダークモードサポート(Windows 10 Ver. 1809以降)
    (https://github.com/ysc3839/win32-darkmode)
  • シリアルナンバーなどのテキストコピーに対応
  • テキストファイル保存機能を追加
  • 画像ファイル保存機能を追加
  • インテル製 SSD の寿命として参照する属性を0xE8から0xE9に変更
  • x64版のWindows XPサポートを終了(x86版をご使用ください。)
  • コードサイニング証明書を更新

ユーザーレビュー

  • 5

    当方は、チャリダーですが、モーターバイクやスポーツカーで山道…

    owl
    owl
    投稿数: 354件
    Windows 10

    当方は、チャリダーですが、モーターバイクやスポーツカーで山道を疾走することが好きでした。TRIUMPH、AUSTIN、PEUGEOT、LANCIA を所有し、自分でメンテナンスをしていました。縁あって、その開発や現場にも関わったことがあります。それらのトップカテゴリーでは、すべてに妥協を許さず、最高品質のパーツを使用し、徹底した品質管理の下に、完璧な工程で、レースカーが仕上がります。それでも、エンジンブローが発生します。
    卓越したドライビングで魅了したニキ・ラウダは、レース中のボルト 1本が緩んだことでさえも白熱したレース中に特定できるほどの繊細な感性を持っていました。
    どんなに傑出した製品でも「故障に無縁」はあり得ません。
    だからこそ「モニタリング」は重要であり、タコメーター、油温、油圧、水温のモニタリングは欠かせません。

    「PC」も同様です。当方も「HDD」の突然死を二度も経験しました。
    その原因は「HDD のオーバーヒート」です。
    職場でも、色々な要因での「HDD」の突然死事例を学んだので「温度管理」の重要性を身に沁みて植え付けられました。
    当「アプリ」を使用しても、モニタリングが疎かでは意味がありません。
    当方の場合は、あくまでも「リアルタイム」の「モニタリングツール」として利用しています。
    つまり「デバイスごとの温度を常時表示」する設定です。
    また、任意の「しきい値」で自動シャットダウンを設定できる「thilmera 7」も使用しています。
    どんな道具も使い手(使い方)次第です。

    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 1

    このソフト高評価の方がおおですが、僕は使ってみてソフト上は問…

    patx2517ldswbb@yahoo
    patx2517ldswbb@yahoo
    投稿数: 1件
    Windows 10

    このソフト高評価の方がおおですが、僕は使ってみてソフト上は問題なしという結果でしたが、実際はHDDに不具合があり、交換することになりました。
    100%とは言いませんが信頼しすぎるは問題ありです

    4人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 5

    ここんとこ暑くなってきたので久しぶりに起動したら一台50度超…

    atuo
    atuo
    投稿数: 1件
    Windows 10

    ここんとこ暑くなってきたので久しぶりに起動したら一台50度超えてた. しばらく観察

    5人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい

CrystalDiskInfo に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 24 件)