クリックするたびにキャプチャーを取得し、Excel へ出力できるソフト

Excelエビデンスくん のアイコン

Excelエビデンスくん
  • 寄付歓迎

ダウンロード

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

レビューを投稿する

対応OS:
Windows 10
バージョン:
0.1.3(2020/10/06)

左クリック、または右クリックするたびにキャプチャーを取得し、キャプチャーした画像をまとめて Excel へ貼り付けられるソフトです。
Windows デスクトップでの操作の記録用として利用でき、キャプチャーのクリックした箇所に赤い四角い枠を付加されるほか、キャプチャーごとにメモを追加することができます。
スクリーンショットを Excel に貼り付けてエビデンスとして利用する場合、本ツールを利用することで半自動化できます。
また、利用したい Excel テンプレートに差し替えることも可能です。

提供元:
制作ソフト一覧を見る
※ 本ソフトはお試し公開中のソフトです。キャプチャーは数十枚程度を目安にし、それを超えた場合は正常に動作しない可能性があります。

Excelエビデンスくん の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、「ダウンロード(1.15MB)」リンクをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(ExcelEvidence_v0.1.3.zip)を解凍し、Excelエビデンスくん.exe から起動します。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

使い方

基本的な使い方

  1. 本ソフトを起動するとメイン画面が表示されます。
    「①記録開始」ボタンをクリックすると、キャプチャーを開始します。
    • 任意の場所を左クリック、または右クリックするたびにキャプチャーされ、メイン画面に追加されていきます。
    • 本ソフトの画面はクリックしてもキャプチャーの対象外となります。
    • キャプチャーするたびに「画面キャプチャ」の欄に画像のサムネイルが追加されます。
    • 「メモ」の項目は任意のテキストを追加、編集することができます。
      ※ 本ソフト以外の場所をクリックするとキャプチャーを行うため、「①記録停止」ボタンをクリックして中断したり、Alt + Tab キーを併用したりするとより効率的にキャプチャーできます。
  2. キャプチャーが終わったら、メイン画面の「①記録停止」ボタンをクリックします。
  3. 「②Excel出力」ボタンをクリックすると、Excel ファイルへの出力を行います。
  4. Excel へ出力が終わると、「出力が完了しました。」ウインドウが表示されるので、「OK」ボタンをクリックします。
    出力完了
  5. Excel ファイルが保存されたフォルダーが開きます。
    Excel ファイルに開いて内容を確認できます。
  6. 同様に、「②HTML出力」ボタンをクリックすると、HTMLファイルに保存できます。

リプレイ機能

v0.1.0 より実装された機能で、一通り記録した後(「①記録停止」ボタンをクリックした後)に「リプレイ」ボタンをクリックすると、キャプチャーの動作を再現します。
例えば Windows の電卓で試してみると、リプレイがどのように機能しているかがわかりやすいです。
※ お試し公開中のため、現時点では正常に動作しない場合もあります。

キャプチャーした画像について

キャプチャーした画像は本ソフトの実行ファイルと同じ場所にある work フォルダーに保存されます。
※ ただし、本ソフトで「③記録全クリア」ボタンをクリックすると、キャプチャーした画像がすべて削除されるのでご注意ください。

更新履歴

Version 0.1.3 (2020/10/06)
  • 右クリックも記録するように機能追加
  • リプレイ時、ウィンドウをアクティブにするのはEXEが変わった最初のみに変更
    ※旧バージョンで出力したファイルは読み込み不可(エラーになります)

Version 0.1.2 (2020/10/01)
  • 再読み込み機能に、HTMLファイルだけでなくExcelファイルにも対応。

Version 0.1.1 (2020/09/30)
  • 再読み込み機能追加。保存済みのHTMLを読み込み直せるようになった。

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?