クリックするたびにキャプチャーを取得し、Excel へ出力できるソフト

Excelエビデンスくん のアイコン

Excelエビデンスくん

ダウンロード

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

レビューを投稿する

対応OS:
Windows 10
バージョン:
0.0.3(2019/11/20)

クリックするたびにキャプチャーを取得し、キャプチャーした画像をまとめて Excel へ出力できるソフトです。
Windows デスクトップでの操作の記録用として利用でき、キャプチャーのクリックした箇所に赤い四角い枠を付加されるほか、キャプチャーごとにメモを追加することができます。
また、Windows の操作マニュアルように連続したキャプチャーを取得したい場合にも便利です。

提供元:
※ 本ソフトはお試し公開中のソフトです。キャプチャーは数十枚程度を目安にし、それを超えた場合は正常に動作しない可能性があります。

Excelエビデンスくん の使い方

ダウンロード

  1. Vector のダウンロードページへアクセスし、「ダウンロードページへ」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(ExcelEvidence_v0.0.3.zip)を解凍し、Excelエビデンスくん.exe から起動します。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

使い方

基本的な使い方

  1. 本ソフトを起動するとメイン画面が表示されます。
    「①キャプチャ開始」ボタンをクリックすると、キャプチャーを開始します。
  2. 任意の場所をクリックするたびにキャプチャーされ、メイン画面に追加されていきます。
    本ソフトの画面はクリックしてもキャプチャーの対象外となります。
    キャプチャーするたびに「画面キャプチャ」に画像のサムネイルが追加されます。
    「メモ」の項目は任意のテキストを追加することができます。
    ※ 本ソフト以外の場所をクリックするとキャプチャーを行うため、Alt + Tab キーなどを併用して利用するとより効率的にキャプチャーできます。
  3. キャプチャーが終わったら、メイン画面の「①キャプチャ停止」ボタンをクリックします。
  4. 「②Excel出力」ボタンをクリックすると、Excel ファイルへの出力を行います。
  5. Excel へ出力が終わると、「出力が完了しました。」ウインドウが表示されるので、「OK」ボタンをクリックします。
    出力完了
  6. Excel ファイルが保存されたフォルダーが開きます。

更新履歴

Version 0.0.3 (2019/11/20)
  • クリックした箇所のウィンドウハンドラから取得できるテキストを、メモ欄に自動設定する機能を追加。
  • Excelファイル出力時にworkフォルダに出力する画像ファイルのファイル名を1始まり(0.pngから1.png)に変更。
  • キャプチャが存在している際に、「×」ボタンで終了しようとしたときに保存を促す警告メッセージを追加。

Version 0.0.2 (2019/11/13)
  • 2回目以降のExcelファイル出力に失敗する場合があるバグ修正

Version 0.0.1 (2019/11/06)
  • 初リリース。お試し公開開始

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?