一定時間ごとに壁紙を切り替えられる壁紙チェンジャー

Johns Background Switcher のアイコン

Johns Background Switcher
  • 海外
  • 日本語○
  • 寄付歓迎

ダウンロード

対応OS:
Windows 98/Me/NT/2000/XP/Vista/7/8/8.1/10, Mac OS X 10.9 以降
バージョン:
5.2.0.4(2019/03/08)

壁紙画像はパソコン内の写真、Flickr、Instagram、Google フォト、Instagram などから自動で取得し、指定時間(30秒~7日)ごとに壁紙を切り替えて表示します。
表示方法は画面全体、4画像モンタージュ、ポラロイドパイルなど全8種類の表示方法が用意されており、パソコンに向かう楽しみが増えるソフトです。
海外製のソフトですが、標準で日本語に対応しています。

提供元:
● 対応画像形式 : JPG, GIF, BMP, PNG, TIF, TIFFなど

Johns Background Switcher の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページへアクセスし、「Download」ボタンをクリックしてダウンロードします。
    ※ Mac 版はシェアウェアとなります。Mac App Store から購入できます。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(SwitcherSetup52.exe)からインストールします。

使い方

壁紙を設定する

  1. スタートメニューから本ソフトを起動すると、設定画面が表示されます。
    設定画面にて壁紙として表示させる対象の画像を指定します。
  2. 表示する画像セットを選択する
    画面右の「追加」ボタンをクリックして、次のいずれかまたはすべての対象画像を追加します。
    • コンピュータ上の画像
    • コンピュータ上のフォルダー
    • Flickr の画像
    • Google Photos の画像
    • Pixabay の画像
    • Unsplash の画像
    • RSSフォトフィード の画像
    • Instagram の画像
    • Vladstudio の画像
    • Dropbox の画像
    • OneDrive の画像
    • SmugMug の画像
    • last.fm の画像
  3. 画像の変更間隔を設定する
    画像を追加したら、画面左下の変更間隔を設定します。
    30秒、1分、2分、3分、5分、10分、15分、20分、30分、1時間、2時間、3時間、4時間、8時間、12時間、1日、2日、7日の中から選択します。
  4. 画像モードを設定する
    次のいずれかの画像モードを選択します。
    • スクリーンの中央に表示
    • スクリーン内にフィット
    • スクリーン全体をカバー
    • スクリーン形状に引き伸ばし
    • サムネイルモザイク
    • 4画像のモンタージュ
    • コラージュ
    • ポラロイド パイル
    • ポストカード パイル
    • ランダムモード
  5. マルチモニターの表示設定
    マルチモニターに対応しています。
    マルチモニター環境ではない場合は「各モニターとも同じ画像」を選択します。
    • 各モニターとも同じ画像
    • すべてのモニター全体で一つの画像
    • モニターごとに違う画像
    • 一つのモニターだけに画像を表示
  6. すべて選択したら「OK」ボタンをクリックします。
    すると指定した間隔ごとにデスクトップ壁紙が切り替わります。
    もし気に入らない壁紙になったとしても、タスクトレイのアイコンをダブルクリックするか、右クリックして「次の背景を表示」をクリックすると、すぐに違う壁紙に変更できます。

過去に表示していた画像を確認する

タスクトレイのアイコンを右クリックして「キャッシュ画像ブラウザ」をクリックすると、いままで表示されていた画像のキャッシュを閲覧できます。
気になる画像をクリックすると、その画像のURLへアクセスできます。

ミニカレンダーを表示する

詳細設定からミニカレンダーを表示させることができます。
  1. タスクトレイのアイコンを右クリックして「設定」を選択、表示された設定画面の「詳細設定」ボタンをクリック。
  2. デスクトップにカレンダーを表示にチェックを入れて「OK」ボタンをクリックします。
  3. 本ソフトを再起動させると、デスクトップ壁紙上にミニカレンダーが表示されるようになります。

更新履歴(英語)

Version 5.2.0.4 (2019/03/08)
  • Bug Fixes:
    ・Crash when attempting to access the settings and they’re locked, possibly by JBS
    ・FIXED: This tricky-to-diagnose bug, which caused most crashes in JBS for the past few versions, has finally been fixed. Yay!
    ・Random crash when no monitor is detected, usually on a remote desktop connection
    ・FIXED: Fixed a crash buried deep in .NET when there is no montor detected
    ・When JBS hits the Google Photos API daily limit it made you re-authenticate with Google
    ・FIXED: When JBS hit the Google Photos API quota for the day it would no longer think it was authenticated with Google. Now it remembers.
    ・Change the way JBS interacts with Google Photos to stop it actually hitting the daily quota limits
    ・FIXED: I’ve implemented more fine grained caching to JBS depending on what your display options are to stop it making quite as many API calls to Google. This should (hopefully) stop JBS Google Photos integration from failing towards the end of the day. Fingers crossed!

Version 5.1.0.2 (2019/02/21)
  • Features and Changes:

    ・13405: Add support for Ultra HD Wallpapers
    ・13685: Update the Unsplash icon to use the new one
    ・13335: Update Unsplash to remove the deprecated API methods
    ・13704: Change Google Photos integration to use a separate browser for authentication
  • Bug Fixes:
    ・13743: Tumblr feeds are broken again in the European Union
    ・13738: SmugMug isn't choosing from all photos in an album
    ・13692: Artstation feeds often include emojis when it shouldn't
    ・13673: When JBS hits the Google Photos rate limit it was trying again and so wasting an API call

Version 5.0.0.9 (2018/12/05)
  • Features and Changes:

    ・13360: Add Google Photos integration
    ・13587: Choose from all active photo sets from all sources at the same time
    ・...(省略)
  • Bug Fixes:
    ・13565: Update the Vladstudio integration to work with the latest Vladstudio web update
    ・13589: Tumblr RSS feeds are broken in Europe
    ・...(省略)

ユーザーレビュー

  • 5

    【追記あり】レビューのお蔭により、当アプリの存在を知りました…

    owl
    owl
    投稿数: 316件
    Windows 10

    レビューのお蔭により、当アプリの存在を知りました。
    試用してみましたが、お気に入りの画像を「デスクトップ壁紙」として表示でき、任意の間隔やランダムでのスライドショーやコラージュ(画像合成)も可能です。
    「詳細設定」から、サイズ(画質)、表示方法、マルチモニター対応など多彩で充実した任意設定ができ、ホットキーも用意されています。
    とりわけ便利なのは、Local の Image(画像)からだけでなく、オンラインサービスからも画像を取得し壁紙表示ができます。
    Win 10 に備わる機能や Windows ストアアプリでは、それらの「壁紙]表示機能が貧弱すぎて、しかもリソース(RAM、CPU)も大きいので使用を止めていましたが。当アプリには「満足]できます。リソースは、RAM:16~28MB±、CPU:0~10%、HDD:0~10MB/秒(CPU、HDD は時折、「0」値から振れる)程度です。

    以下、参考まで:
    背景に使用するフォトセットは、
    ・コンピュータ上のフォルダ
    ・Pixabay の画像
    から追加しました。

    当アプリ「セットアップ」について:
    Select components to install:
    □Documentation
    □Quick launch icon
    □Japanese
    の項を選択(全ファイル選択時は、2.9MB > 2.84 MB)

    ポップアップした「Documentation」から(意訳)
    「v5.0」では、Mac 版からの移植で多くの改良が加えられ、また Google フォトの初期サポートも提供されています。 リリースノートを必ずお読みください。
    1つのソースから写真を選択するのではなく、(Flickr、ローカルフォルダー、Unsplash など)すべてのソースから一括で選択できます。これは、一度に複数の場所からの写真のモンタージュを得られることを意味します。


    「眼精疲労対策」もあり、黒画面&モノカラーでの固定モード+ f.lux(Grayscaleモード)が常用スタイルです。そのため、壁紙やスライドショーには興味が失くなっていましたが、当アプリはお気に入りの画像を自在に表示できるので「出番」がありそうです。


    オンラインサービス(事例:Pixabay)から同期・取得している「画像」で、気に入ったものが表示された際に、タスクトレイ内の Quick launch icon を右クリックし、「画像を保存…」か「表示中の画像を参照…」の要領で、簡単に、Local に保存できます。もちろん、直接( https://pixabay.com/ )検索での取得も可能です。

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 1

    ソフトとして悪くはなさそう。ただし「並べて表示」ができないの…

    Kkeennttaa
    Kkeennttaa
    投稿数: 1件
    Windows 10

    ソフトとして悪くはなさそう。ただし「並べて表示」ができないので、この機能が必要な自分には使い物にならない。

    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 2

    カメラで撮影した風景を壁紙として表示するためにDLしました。…

    mrkato
    mrkato
    投稿数: 1件
    Windows 10

    カメラで撮影した風景を壁紙として表示するためにDLしました。
    リサイズの処理が荒いせいか、画質が著しく劣化した状態で表示されるのが致命的。
    画質を設定する項目も見当たりません。

    2人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい

Johns Background Switcher に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 11 件)