キーボード操作のみでマウスと同じ操作を可能にするソフト

KeyPointer のアイコン

KeyPointer

ダウンロード

対応OS:
Windows 95/98/Me/NT/XP
バージョン:
1.0.4.6(2002/05/13)
価格:
無料

マウスカーソルの移動や左クリック、右クリックはもちろん、ダブルクリック、ドラッグ&ドロップにも対応し、マウスがなくてもキーボードのみでマウス操作をすることができます。
ソフトを起動すると、タスクトレイに常駐し、Ctrl + Shift + M キーで有効化すると、次のように割り当てたキーボード操作をマウス操作に変換します。

  • I … マウスカーソルを上へ移動
  • K … マウスカーソルを下へ移動
  • J … マウスカーソルを左へ移動
  • L … マウスカーソルを右へ移動
提供元:

KeyPointer の使い方

ダウンロード

  1. こちらへアクセスしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(kpointer.lzh)を解凍し、KPointer.exe から起動します。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

使い方

基本的な使い方

本ソフトを起動するとタスクトレイicon アイコンが表示されます。
Ctrl + Shift + M キーを押すと icon アイコンに表示が変わり、本ソフトが有効化されます。

対応しているキー
本ソフトが有効化すると次のキーで操作できます。

設定

タスクトレイの icon アイコンをクリックすると設定画面が表示されます。
KeyPointer - メイン画面

KeyPointer - メイン画面



操作できるキーを増やす
斜め移動キーを有効にする
「斜め移動キーを使用する」にチェックを入れると、斜め移動のキーを利用できるようになります。

ドラッグやダブルクリックを有効にする
「拡張キーを使用する」にチェックを入れると、ドラッグやダブルクリックのキーを利用できるようになります。
※ ドラッグについては、ドラッグ対応のキーを押した後、マウスカーソル移動のキーを押してドラッグできます。

操作するキーを変更する
変更したい場所のテキストボックスをクリックし、Ctrl キーを押しながら変更したいキーを押すと、その対応したキーコードが入力されます。
例えば vi と同様のカーソル移動(左/下/右/上 = H/J/K/L)に対応すると、72/74/75/76 と入力されます。
Ctrl キーを押しながらキーを押しても正常に変更されない場合はキーコード一覧表を参考にして直接数字を入力すると良いです。
※ デフォルトは(左/下/右/上 = J/K/I/L = 74/75/73/76)
対応キーを変更

対応キーを変更



本ソフトを終了する
「常駐解除」ボタンをクリックすると、本ソフトを終了します。

更新履歴

機械翻訳で日本語にしています。
Version 1.0.4.6
(2002/05/13)
  • 多重起動時に死ぬバグ、DLL 読み込み失敗時に死ぬバグを修正

Version 1.0.4.5
  • Windows Me においてなぜかデスクトップがスクロールできてしまったのを修正。
    (スクロールできないとされているウインドウに対してはスクロールを送らない様にした)

Version 1.0.4.4
  • 切替モードに従来の「トグル」のほか「スムーズ」を追加。

ユーザーレビュー

  • 1

    動きません

    PPPPPP
    PPPPPP
    112
    Windows 10

    動きません。
    設定を変えたからかな?と思って初期設定に戻そうと思っても
    設定をどこに書き込んでいるのか?わからないです。

    ■インストール/アンインストール
    解凍したファイルをどこか任意のフォルダにコピーしてください。
    アンインストールする時はフォルダごと削除してください。

    と書いてるけど、レジストリか何かに書き込んでるのでは?
    フォルダーごと削除して新たに解凍したフォルダごとをコピーして貼り付けても
    設定は初期化されていないです。
    ということは、どこかに書き込んでいるということだと思います。
    AppDATAにそれらしいのがないので、おそらくレジストリーに書き込んでるのでしょう?
    レジストリーにゴミを残す、それでいて機能しない。
    開発は終わってるからバグ一切うつけません。

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?