メインボード、CPU、RAM、GPUなどのハードウェア情報を一覧表示し、ガジェットとして設置できるソフト

Open Hardware Monitor のアイコン

Open Hardware Monitor
  • 海外
  • 日本語✕
  • 寄付歓迎

ダウンロード

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10, Linux
バージョン:
0.9.6(2020/12/27)

ハードウェア情報を一覧表示し、表示させたい情報をガジェットとして表示できるソフトです。
CPU温度、HDD温度、ファン速度、電圧、負荷、クロック速度などを表示し、一覧表示された項目から不要な項目を非表示にすることも可能です。
選択した項目のグラフ表示、タスクトレイアイコンへの表示、一覧情報のテキストファイルへのエクスポートなどもサポートしています。

提供元:

Open Hardware Monitor の使い方

ダウンロード

  1. こちらへアクセスしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(openhardwaremonitor-v0.9.6.zip)を解凍し、OpenHardwareMonitor.exe から起動します。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

使い方

基本的な使い方

本ソフトを起動すると、ハードウェア情報を一覧表示します。

任意のハードウェアを非表示にする
メニューバー「File」⇒「Hardware」から次の項目をクリックして非表示にできます。
  • Mainboard
  • CPU
  • RAM
  • GPU
  • Fan Controllers
  • Hard Disk Drives
表示項目を調整する


任意の項目を非表示にする
各項目を右クリックして表示されたメニューから「Hide」をクリックすると非表示になります。
再表示するには、メニューバー「View」⇒「Show Hidden Sensors」とクリックします。
非表示にされた項目はグレーアウトされていますが、その項目の右クリックメニュー「Unhide」とクリックすると通常の表示に戻ります。

テキストファイルにエクスポートする
メニューバーから「File」⇒「Save Report」とクリックすると、テキスト形式で保存します。

グラフ表示する

メニューバーから「Show Plot」とクリックすると、各項目にチェックボックスが表示されます。
チェックボックスにチェックを入れると、グラフ表示されます。

グラフの表示位置を変更する
メニューバーから「Options」⇒「Plot Locations」とクリックして Window / Bottom / Right から表示位置を変更できます。

タスクトレイに表示する

タスクトレイに表示させたい項目を右クリックし、表示されたメニューから「Show in Tray」をクリックすると、タスクトレイにその項目のアイコンが表示されるようになります。
タスクトレイに表示

非表示にするには、再びその項目の右クリックメニュー「Show in Tray」をクリックしてチェックを外します。

ガジェットを表示する

  1. ガジェットに表示させたい項目を右クリックし、表示されたメニューから「Show in Gadget」をクリックします。
  2. メニューバーから「View」⇒「Show Gadget」とクリックすると、ガジェットが表示されるようになります。
    ガジェット表示

更新履歴

※ Google 翻訳で日本語にしています。
Version 0.9.6 (2020/12/27)
  • Added AMD family 19h (Zen 3) CPU support.
  • AMD ファミリー 19h(Zen 3)CPUのサポートを追加しました。

Version 0.9.5 (2020/05/25)
  • アプリケーション起動時に .NET Framework 4.5 以降がインストールされているか確認するチェックを追加します。

Version 0.9.4 (2020/05/24)
  • CometLake-S に基づく第10世代 Intel Core プロセッサーのサポートを追加しました。
  • AMD ファミリー 15h モデル 60h および 70h CPU サポートを追加しました。
  • スリープ状態から再開するときにファンコントロールやその他の状態を正しく復元するためのコードを追加しました。
  • Nuvoton NCT679XD スーパー I/O ファンのRPM計算を改善しました。
  • AMD温度センサーを読み取るためのPCIバスアクセスを同期するコードを追加しました。
  • アプリケーションを .NET Framework バージョン 2.0 から .NET Framework バージョン 4.5 に移行しました(新しい最小要件)。
  • システムの表示スケールを変更するときにユーザーインターフェイスが応答しない問題を修正しました。
  • ユーザーインターフェイスのDPI認識(表示スケーリング)を改善しました。

ユーザーレビュー

  • 5

    デザインと大きさが良かったので試しに使ってみました

    とまと
    とまと
    投稿数: 2件
    Windows 10

    デザインと大きさが良かったので試しに使ってみました。
    ただ、CPUとMemoryの数値を表示させたかったのですが、ガジェットではプログレスバー表示になり数値(%)がないため、公開されているソースコードを変更して表示させました。
    あと、バーの色もブルーに変更し自分好みにカスタマイズしました。
    コンパクトで一目でわかり非常にGOODです。

    3人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 4

    ウィジェットなど使える機能がたくさんあるので便利です

    つとむ
    つとむ
    投稿数: 54件
    Windows 10

    ウィジェットなど使える機能がたくさんあるので便利です。
    ただ、現状AMDのRyzenに対応していない(温度やクロックが表示されない)ので、AMDユーザーの方は要注意です。

    7人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?