ハードウェア情報の表示、システムの健康状態チェックツール

HWiNFO のアイコン

HWiNFO

ダウンロード

対応OS:
Windows 95/98/2000/XP/Vista/7/8/8.1/10
バージョン:
6.20(2019/12/04)

マザーボード、メモリ、バス、ビデオアダプタ等の「ハードウェア情報表示」、CPU のキャッシュやプラットフォーム、クロック数、GPU などの「システム情報表示」、仮想メモリや物理メモリ、CPU、S.M.A.R.T 情報を表示する「センサーモニタリング」などの機能を利用できます。
ハードウェア情報は、TXT / CSV / XML / HTML / MHTML にてエクスポートできます。

提供元:
※ メニューバー「eSupport」またはツールバーの「Driver Update」、「BIOS Update」から低品質の広告ページが表示されます。

HWiNFO の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページへアクセスし、「INSTALLER」項目下の「Download for Free」にマウスカーソルを乗せた後、表示されるメニューから「Local (U.S.)」をクリックしてダウンロードします。
    USBメモリー等で持ち運べるポータブル版をダウンロードする場合は、「Portable」項目下の「Download for Free」からダウンロードします。
    ※ 紛らわしい「FREE DOWNLOADが表示された広告」にご注意ください。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(hwi_620.exe)からインストールします。

使い方

基本的な使い方

  1. 本ソフトを起動すると「Welcome」画面が表示されます。
    「Run」ボタンをクリックして起動します。
    HWiNFO32
  2. 次の2つの画面が表示されます。

「Main(ハードウェア情報)」画面

CPU、マザーボード、メモリ、バス、ビデオアダプタ、モニタ、ドライバー、オーディオ、ネットワーク、ポート、スマートバッテリーに関する情報を表示します。

  • System Summary : 「System Summary(システム概要)」画面を表示します。
  • Create a Report File : TXT / CSV / XML / HTML / MHTML形式にてレポートを保存します。
  • Sensor Monitoring : 物理メモリや仮想メモリ、CPU使用状況やクロック数、温度などをの現在値、最小値、最高値を表示します。

更新履歴(英語)

Version 6.20 (2019/11/05)
  • Enhanced sensor monitoring on GIGABYTE X299X and TRX40 series.
  • Added monitoring of Noise sensor on some GIGABYTE mainboards.
  • Added reporting of total Average Effective Clock.
  • Added reporting of SATA/NVMe current interface in summary.
  • Added reporting of PBO Scalar value for AMD Matisse.
  • Improved reporting of HDA Codec.
  • Fixed losing of some sensor items on some CPUs after suspend/resume.
  • Improved support of ATI mach64.
  • ...(省略)

Version 6.14 (2019/11/05)
  • Added preliminary support of Intel Jasper Lake.
  • Added reporting of serial number for Voodoo3-5 GPUs.
  • Improved support of legacy VGAs/GPUs.
  • Fixed support of PCI Configuration Mechanism 2 (Intel Saturn, Neptune).
  • Added reporting of Core Performance Order for AMD Matisse.
  • ...(省略)

Version 6.12 (2019/09/25)
  • Fixed reporting of ES/Production stage for some Zen2 CPUs.
  • Fixed measuring of BCLK for some Intel CPUs under Windows 7.
  • ...(省略)

ユーザーレビュー

  • 5

    【追記あり】マイページ https://freesoft-1…

    owl
    owl
    投稿数: 334件
    Windows 10

    マイページ https://freesoft-100.com/review/user/6569.html
    を更新(“お気に入り” の愛用アプリを記述)した手前、私見をレビューします。
    当アプリは「ghacks.net」がきっかけでした。
    https://www.ghacks.net/?s=HWiNFO

    当アプリは「ハードウェア情報と監視ツール」で、
    CPU クロック速度、キャッシュ情報、ビデオカードメモリ、BIOS 情報、温度情報などを詳細に得られます。
    その詳細さは多岐に渡り「ディスプレイモデル、チップセットとブランド、BIOS バージョン、互換性の確認、などなど」非常に多くの情報が表示されます。
    ダッシュボードの「Sensors」をクリックすれば、各部のリアルタイムの温度情報とその他の測定値が一覧表示されます。
    その情報量とセンサー(リアルタイム情報)能力は、比類無き充実度で、日本で人気の「Speccy」とは段違いです。
    起動中の「RAM」は、38MB程度で推移します。

    プログラム本体のインストーラ自体はクリーン(正当)です。
    しかし、当サイト(freesoft100:評価・使い方)で [アドサポート] と表示されている通り、実装時には注意が必要です。
    ※「フリーソフトウェア」の開発者やデベロッパーは、“霞を食らって” 生計を立てられないので、開発資金や正当な報酬を得るため、合法的な広告収益(アフィリエイトプログラム)やアドウェア(Adware)同梱などの手法で、対価を得ています。
    その行為が明示され、任意性も担保されているので「不当行為ではありません」
    エンドユーザーの価値観で(アドウェアの同梱可、同梱拒否)対処をする必要があります。


    アドウェア(Adware)同梱回避の手法:
    「Unchecky」 https://freesoft-100.com/review/unchecky.html
    の実装で、アドウェアなどの不要なバンドルソフトを検知し、同梱品の混入インストールを回避(拒否)できます。

    4人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 3

    5.82(2018/04/12)Portableを試してみま…

    tsukashu0322
    tsukashu0322
    投稿数: 2件
    Windows 7

    5.82(2018/04/12)Portableを試してみました。ソフト自体は特に怪しいものではなく、そこそこ有名なものです。Rainmeterなどのガジェット用としては悪くないかと。
    ただし、Driver Update、BIOS Updateはいずれも別会社のソフトへの紹介リンクになっています。勝手にインストールはされませんが、不安な方はやはり他の有名なソフトを使うと良いと思います。

    3人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 1

    メニューから「Driver Update」をクリックすると、…

    こすけ
    こすけ
    投稿数: 34件
    Windows 7

    メニューから「Driver Update」をクリックすると、詐欺ソフトで悪名高いUniblueのサイトに飛ばされます。ポータブル版を使ってみましたが、インストーラー版を使うとひょっとしたらRegistry Boosterあたりを同時インストールされるかも知れません。
    CPU-ZやSpeccyなど安全なシステム情報ツールは他にいくらでもあります。とてもじゃないけどお勧めはできません。

    2人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい